多汗症の原因
2014.04.03 [Thu] 11:07


多汗症を何とか解決したい貴方へ!

多汗症の原因は、大きく分けると7つに分けられます。

・身体異常
・疾患
・ストレスや緊張
・ホルモンバランスの乱れ
・食生活
・遺伝
・肥満

多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)の原因で最も多いのが、身体異常によるものです。

生まれつき汗が出る「汗腺」に異常がある場合、大量の汗をかいてしまったりしてます。

また、何かしらの病気によって、多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)を引き起しているケースもあります。

その場合には、限られた部位にだけ汗をかくのではなく、全身から大量の汗をかくことが多いです。

そして、過度のストレスや緊張といった精神的原因で、多汗症になる場合もあります。

これはストレスなどによって、自律神経の働きが乱れるために起こると思って下さい。

更年期(人によって具体的な時期は畭なります)障害などによって、ホルモンバランスが乱れることで、多汗症になることもあります。

それから、味覚が過度に敏感な人に多く見られるのが、味覚性多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)という病気なんです。

熱い物や辛い物を食べた時に異常なほど汗が出る人は、味覚性多汗症の疑いがあります。

それに、性格や体質の遺伝によって多汗症になる人や、肥満が原因で多汗症になる人もいます。

多汗症の悩みから改善されたかたの感想をお聞きください。⇒





手汗の原因 治療法とは・・・



P R
2014年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる