南房総で中深場クロムツ五目とアマダイリレー 後編事件

December 29 [Wed], 2010, 1:13
釣りニフティの記事が公開されました。


■南房総で中深場クロムツ五目とアマダイリレー 後編
http://niftsuri.cocolog-nifty.com/oki/2010/12/post-c88d.html


太ったアマダイがおいしかったです。

カゲロウもらった

December 25 [Sat], 2010, 18:03

うれしー

麻婆茄子! 干し芋乗っかっちゃう!事件

December 24 [Fri], 2010, 15:37
サイゾーのダジャレレシピ更新。
二段落ち。

麻婆茄子! 干し芋乗っかっちゃう
http://www.cyzo.com/2010/12/post_6208.html


今回のは、レシピとしても一応成り立っているような気がします。

おいしいよ!(味っ子風に)

全然釣れなくてごめんなさい事件

December 24 [Fri], 2010, 14:36
日経ウーマンオンラインで釣れない釣りのドキュメンタリーを書きました。
釣れるためのハウツー記事ではないです。

■全然釣れなくてごめんなさい
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20101208/109521/


いろいろほんとごめんなさい。

次回があるのかなー。

南房総で中深場クロムツ五目とアマダイリレー事件

December 24 [Fri], 2010, 14:35
ニフティのつりサイトで記事書きました。

■南房総で中深場クロムツ五目とアマダイリレー
http://niftsuri.cocolog-nifty.com/oki/2010/12/post-d5ac.html


みどころはサバを持つ岡田カメラマンの笑顔です。

サバのブルブルをカウントしたい

December 22 [Wed], 2010, 14:52
デイリーの記事を書きました。

■サバのブルブルをカウントしたい
http://portal.nifty.com/2010/12/22/b/


サバがブルブルする

数えて高橋名人と比べる

俺がサバになる

という記事です。

よくわからないと思いますが、そういう記事です。

『タバコを吸いません、すいません』事件

December 19 [Sun], 2010, 2:43
水島裕 じゃなくて 水嶋ヒロの小説がダジャレで話題らしいが、
そのなかに『タバコを吸いません、すいません』というのがあるらしい。

このダジャレ、ちょうど一週間くらい前、
深夜の半蔵門線で酔っ払いがしきりに叫んでいた言葉だ。

彼は水嶋ヒロだったのだろうか。
あるいはポプラ社の社員だろうか。

『イギリスならジンだな。イギリスジン』
これはいっていなかった。

片栗粉事件

December 19 [Sun], 2010, 2:20
片栗粉が栗の粉じゃないというのを知ったのはいつだったろう。

その後、最近はジャガイモでんぷんで、カタクリの粉ですらないということを知った。

栗といえば、マロン&マロンという菓子パンはうまい。

B&B。

あとだしのあとがき

December 19 [Sun], 2010, 2:19
三年前、結婚をしたことで家族が増えた。義父と義母と義兄だ。少し離れたところに住む新しい両親とは、月に一度くらい会うかどうか。義兄とはさらに会う機会がない。結婚してからしばらくは会うたびに緊張をしていた。ふらふらとした生活をしている私のことをどう思っているのか不安だった。10年くらい前に私の父が他界していたこともあるのか、家族が増えるということをうまく消化できていなかった。まだ何度かしか会ったことのない人を、いきなり「おとうさん」「おかあさん」「おにいさん」とは呼べなかった。妻が私の母を、すぐにおかあさんと呼んでくれていたことに対して、情けなく、申し訳なかった。一昨年、我々にとっての初の子供、義父母にとっての二人目となる孫が生まれてから、義父母と会う機会がだいぶ増えた。我々夫婦はもちろんだが、義父母も、そして実母も、娘のことをとても愛している。夏に義父が体調を崩して入院した時、義母からの電話であまり調子がよくないという話を聞いていたのだが、妻と娘と三人でお見舞いにいくと、義母が驚くくらいに突然元気になってくれた。それがすごくうれしかった。そして今回の旅では、自分の中のテーマは家族になることだった。義父母という言葉はあるけれど、義家族という言葉はない(ないこともないらしいけど)。家族旅行をするのだから、もうそれは家族なのだ。そんな屁理屈を考えながら、私が家族の仲間入りをし、義父母のことを、おとうさん、おかあさんと自然に呼べるようになるきっかけになるかなと思った。自分が家族旅行というものをしない家で育ったので変な緊張をした。旅行にいく事を、義父母はとても喜んでくれていた。少しやせてしまった義父が孫を抱いて歩いているのを見て、妻と義母と笑いあった。やっぱり娘は義父にとっての一番の薬になってくれた。その日は袋田の滝を見た後、義父母と娘を茶屋で休ませて、その間にさらに上流にある別の滝まで妻と歩いて見に行った。なんだかんだで滝を見るのは楽しかった。そして夜、近くの旅館で義父が紫のちゃんちゃんこをきて喜寿の祝いをした。宿の人に、義父母、その娘(妻)、さらにその娘と一緒に写真を撮ってもらった。とても照れくさかったが、やっぱりうれしかった。忙しくて来れなかった義兄夫婦の代わりになれただろうか。そして一つの部屋で五人で寝た。一泊の旅行を終えて、車で義父母を家まで送り、そこで一休みしてから家に帰った。帰り道の運転をしながら、場所や目的はなんでもいいから、また一緒に旅行へいきたいと素直に思った。そしたらもし体力が落ちていたとしても、また義父も義母も、孫を抱いて元気に歩いてくれるかなと思った。さっき、妻が実家に電話をしていたので、途中で電話を代わってもらった。今まで電話で義父母と話すことはほとんどなかったけれど、一緒にいった旅行のお礼が言いたかった。その電話で、おとうさん、おかあさんと、自然にではないけれど、口に出せた。電話をしながら今頃涙目になっている自分はあほだ。その後電話を替わった妻が、おかあさんがびっくりしていたといっていた。もっと早くいえばよかった。でもいまさらだが間に合ったんだとも思う。今度の正月は妻の実家に行く。今よりも会う機会を増やそうと思う。孫とたくさん遊んでもらおうと思う。次の家族旅行では、義父母を自然におとうさん、おかあさんと呼べると思う。そして、おとうさんの背中を流せると思う。今からドキドキしている。

釣りガール相模湖でワカサギ釣りに挑戦事件

December 17 [Fri], 2010, 11:56
日経ウーマンオンラインで始まった連載の二回目です。

■釣りガール相模湖でワカサギ釣りに挑戦 二話目公開されました。http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20101207/109508/

いろいろなハラハラする展開が続きます。
私的標本
このブログは私的標本のメモ標本です。
ご連絡は「unaki アットマーク hyouhon.com」からどうぞ。
どうせアマゾンで買うのなら
このリンクから買い物をして
応援してくれたら嬉しい!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉置豊
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
私的標本という、ライター・玉置豊の個人サイトの「メモ標本」というブログです。 デイリーポータルZ、@niftyつり、地球のココロなどに連載しています。
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyouhon/index1_0.rdf