目がおかしいのか、時代に取り残されたのか

September 30 [Fri], 2005, 1:33
レーシックの影響だろうか。

定食屋で何気なく新聞をみたら、子供の頃から慣れ親しんでいた読売新聞の「コボちゃん」がカラーに見える。



私の目にはカラーに見えるのですが、普通の人の目には昔ながらの白黒に見えるのだろうか。


まあどっちでもいいや。コボちゃんはコボちゃんだ。
で、コボってなんだ。子煩悩か。こぼれ落ちる雫か。ここから上がボーボーか。

カラーラララー。

副作用だろうか

September 28 [Wed], 2005, 21:07
レーシックの副作用だろうか。


ビール2杯と生グレープフルーツサワーで酔いつぶれた。


目薬で胃をやられたかな。


単なる年のせいという気もするが。


とりあえず、目薬は一日三回2種類+目が乾いたときになっている。


眼精疲労による肩こりが治ったような、治ったような。

色が違う

September 27 [Tue], 2005, 0:06
同じ日に同じ場所で釣ったウナギだけれど、色が全然違う。
釣り上げた時は似たような色だったような気が。



ウナギって魚類じゃなくて爬虫類なんじゃないかなと思う今日この頃。

ウナギの話

September 26 [Mon], 2005, 3:14
いや、正直もうマンネリでございますがね。

新しい場所でウナギ釣り

鰻醤油焼き、鰻蒲焼き、鰻茶漬け

暇な人だけどうぞ。

ウナギさんさようなら

September 26 [Mon], 2005, 0:49
先日より飼育開始したウナギさんだが、今朝見たらなんか頭にハゲができている。ストレスだろうか。そして口の針傷も結構重傷っぽい。


このまま私が飼っていたら、たぶんあと一週間も持たずにお亡くなりになる可能性が高いというのが、子供の頃からたくさんの生き物を飼い殺してきたのでなんとなくわかる。

どうしたらいいのかちょっと悩んだけれど、こいつを捕まえた川までいってリリースしてきた。


リリースしたと言えば聞こえがいいが、近くくるであろうウナギの死が怖くて、川に後始末を押し付けたというのが正直なところ。身勝手なのは承知の上で回復を祈る。


部屋に残ったのは、主のいない水槽が一つ。


とりあえず、次に捕まえてくる前に十分な環境を用意しようと東急ハンズでお買い物。
店員に「ウナギの餌はどれですか?」と聞いたら嫌な顔された。


ちょっと落ち込んではいますが、懲りてはいません。

レーシック一週間検診

September 26 [Mon], 2005, 0:28
レーシック手術をして早一週間。そんな訳で手術した病院で検査してもらう。

本日の視力:右2.0 左1.5

検査する人が男の人で少し悲しかったけれど、前回より0.5づつ上がっている。すごい。
このままいけば来週は2.5と2.0か。いや、それはどうだろう。
夜、車のライトとかがまぶしいのも気にならなくなってきた。
文庫本とかの文字も普通に読める。
目が若干乾く以外は今のところ問題なし。
夜寝る前にコンタクトを外そうとうっかり目に指を突っ込みそうになるのと、朝起きてはっきり見える視界に「あ、コンタクトしたまま寝ちゃった」と一瞬ドキリとするのが問題と言えば問題。

どうやらうまくいったようでよかった。
実は結構不安だったのだよ。


そんな訳で大量の目薬をもらって帰宅。
次の検査は一ヶ月後。

猫耳

September 24 [Sat], 2005, 22:55
「猫耳萌え文化」ってあるじゃないですか。そう呼ぶかは知りませんが。
二次元やら三次元やらの次元大介の女の子に猫の耳をつけて萌え萌えとサカる奴。

猫耳の良さを否定する気は毛頭ないのですが、久しぶりに実家に帰って生きた猫と戯れてきた私としては、猫耳よりも顔を後ろに引っ張られた「耳なし猫」の方が萌えるんですね。ツリ目になってかわいい。


オデコがMだし。


ところでなんで実家に帰ったかと言うと、どうしても必要な本があったから。


どうしても必要だったんだよ。
これで予習はばっちりだ。

オオゾウムシ

September 24 [Sat], 2005, 22:52
甲虫目ゾウムシ科 オオゾウムシ



数年ぶりにガチャガチャをやってみた。

個展にいった

September 23 [Fri], 2005, 23:21
知人というか、友人というか、2005年富士登山隊メンバーというか。

餃子とか富士山とか焼き肉でしか会ったことのない人が個展をやるというので、自分に縁のない街ナンバー2の表参道にいってきた。


その人の展示は「詩」だった。



木版画を共同展示している人の手によって和紙にプリントされた活字は、数多ある単語から彼にとっての時間とか景色とか思想とかをいっぱい詰め込み、そして削り取ることで紡がれた、とてもシンプルな文字列だった。なんて勝手に思う。

コソコソとネット上で活字を並べて喜んでいる私にとって、自らの手で個展という場を用意して、自分の詩を堂々と朗読している彼の行動は単純にすごい。

写真は、載っけていいのかな。とりあえず保留。



自分のつくったものを誰かが目の前で見る機会が欲しいなとちょっと思った。
とりあえず思っただけでなにもしないんだけれどね。

飼育開始

September 23 [Fri], 2005, 22:32
ペットサイズウナギを無事釣り上げた。うひょひょ。


そんな訳で、某ホームセンターでよいこのウナギ飼育セットを購入。


早速小ウナギさんにお住まいいただく。


ウナギさんの寝床はペットボトルにしてみた。
流木の代わりに入れた木炭は水にプカプカ浮いている。



このウナギさん、下唇にかかった釣り針のせいで、ウナギなのにマスオさんの同僚、アナゴさんみたいな唇になってしまっている。ごめん。とりあえず傷が悪化しないように抗菌剤(目薬)でも入れておくか。

明日、お詫びの印に石ころでも拾ってこようかな。

私的標本
このブログは私的標本のメモ標本です。
ご連絡は「unaki アットマーク hyouhon.com」からどうぞ。
どうせアマゾンで買うのなら
このリンクから買い物をして
応援してくれたら嬉しい!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉置豊
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
私的標本という、ライター・玉置豊の個人サイトの「メモ標本」というブログです。 デイリーポータルZ、@niftyつり、地球のココロなどに連載しています。
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyouhon/index1_0.rdf