キノコ狩りがしたいです。

August 31 [Wed], 2005, 2:09
誰かキノコマニアはいませんか?

手術が受けられない場合があるらしい

August 31 [Wed], 2005, 0:15
今日から事前検査に備えてメガネ生活。たまにするメガネはすげえ頭が痛くなるなと。

すでにもうレーシックの手術をやる気満々な訳だが、調べてみると角膜の厚みとか乱視の度合いとかで、事前検査で手術を受けられない場合があるらしい。確か私は乱視だったような。

それは困る。かなり困る。分厚い角膜であることを祈ろう。ハラハラ。

↓私の角膜写真 怖いよ。












レーシック:近視回復手術を受けようかなと

August 30 [Tue], 2005, 1:29
メガネが似合わないのはおいておいても、どうも肩は凝るしコンタクトは流すし腹は出るしで近視ってやつはいいことがない。そんな訳で、そろそろ使い捨てコンタクトの残りも少なくなってきたし、レーシックとか言う近視回復手術にチャレンジしてみようかなと思うお年頃な私がいるわけですよ。いや、高いのはわかっているんですがね。

しかし、身の回りにその手術を受けた人がいないので、どの病院にいったらいいのかちっともわからんちん。変な病院にいって大切なおメメに傷でもつけられたら大事だ。レーザーでまつげが焦げるかもしれない。噂では眼科が専門じゃない先生がやっているところもあると聞く。うーん、どうしたもんかなあと途方に暮れていたら、たまたまレーシックを専門にやっている先生をよく知っているという人が職場の斜め後ろに座っていた。すごい偶然。その先生はもちろん眼科の専門家。白内障などの手術をたくさんしてきたという女医さんで信頼できる人らしい。じゃあこれもなにかの縁だということで、その日のうちに勢いで診察の予約を入れてしまった。

そんな訳で9/10に某病院で検査してきます。ちなみに検査の一週間前からコンタクトは禁止なので、しばらくメガネっ子。

せっかくなので詳細を報告しつづけます。

アカヒゲ危機一髪と三大海獣大決戦定食

August 29 [Mon], 2005, 2:42
いや、新作ゲームではなくて釣りの話。


アカヒゲ危機一髪


釣ったら食う。

三大海獣大決戦定食


エビの名前に対する野暮な突っ込みはダメよ。

白犬と斑猫と鰻とおっさんと私

August 29 [Mon], 2005, 2:40
先々週のうなぎ釣りの話。

白犬と斑猫と鰻とおっさんと私

実は今日もウナギ釣ってきたのだが、先々週の話。

ラルクなんとか。

August 28 [Sun], 2005, 0:35
以前に私が某AKIMA&NEOSという大変マニアックなバンドのチケットを余らせていたときに来ていただいた友人が、お天気お姉さんと結婚したボーカルが所属するスペルが全くわからない某ラルクなんとかというバンドのチケットを余らせているというので、代々木のでっかい体育館までいってきた。CDとか聞いた事ないけれどまあいいか。イカ天以降のバンドは基本的に知りません。ところで、代々木の体育館というから代々木で降りようとしたら、最寄り駅は原宿ですと書いてあった。危ない危ない。

原宿駅を出るとすでにライブは始まっていた。


よさこい祭だった。

よさこい客とラルク客を二分する歩道橋を超えて代々木第一体育館へ。うーん、予想はしていたけれど、やっぱり濃い客層だなと。一部コスプレ広場になっていて素敵。ちなみに私の格好は富士登山の時と大差なし。


うっかりTシャツを買いそうになったグッズ売り場前で友人と落ち合い会場入り。


タダでチケットをくれるというのでどんな席だろうといってみたら、一階アリーナのステージから三列目という、ヤフオクで買ったらいくらするんだみたいなとてもいい席でビックリした。友人もビックリしていた。あまり把握していなかったらしい。


で、1時間半ほどのライブを肉眼でもはっきりと表情がわかる距離で見学。ライブの感想を一言でいうと「関西系ゴージャス!」。演劇とサーカスとハッスルの要素を盛り込んだサービス精神モリモリの演出で、聞いた事がある曲が一曲しかなかった私でも楽しめた。しかもその一曲はなぜかドラムの人がカンペを読みながら歌っていたりする。

はいそんな訳で本日のプレゼント。


ステージから客席めがけて飛んできたロゴ入りの銀紙。
もし欲しい人がいたら、どうにかして受け取ってください。

生たまご

August 27 [Sat], 2005, 1:28

ゆで卵なら買う。

いや、どうだろう。

お知らせ

August 27 [Sat], 2005, 1:25
そのお知らせはうれしくありません。


ご理解がんばります。

大型甲殻類2

August 25 [Thu], 2005, 0:41
同行者もやっぱりキメラアントの足みたいなのだけだった。




でかい。実に惜しい。

逃がした甲殻類は大きい。

紅焼豆腐

August 24 [Wed], 2005, 1:05
店員さんが中国人でお客さんも中国人の中華料理屋に一見さんでぶらりと入る。こういう小さな冒険は割と好き。

メニューが壁にイロイロ書いてあるけれど、店のおばちゃんに「テイショク!」と3種類のテイショクが書かれたホワイトボードを力強く指差されてしまったので三択になる。テイショクといっても電気工事見習いとか、タクシー運転手(夜勤あり)ではない。

A:野菜炒 750円
B:唐揚 680円
C;紅焼豆腐 600円

Cの紅焼豆腐ってなんだろう。麻婆豆腐とは違うのかな。チャーシューって確かああいう漢字だっけか。よくわかんないけれど安いからそれでいいや。

私「Cのクレナイヤキドウフをクレナイ?」
店員「・・・Cイッチョー!」


で、紅焼豆腐は、絹ごし豆腐と魚肉ソーセージみたいなのとキュウリを煮たような炒めたような謎の料理。味は甘いんだか辛いんだか正しいんだか間違っているんだかなにがなんだかちっともわからない不思議な味。なんの調味料を使うとこの味になるのか見当がつかない。化学調味料がたっぷり入っているのだけはよくわかるのだが。でも結構すき。

カウンターでは店員さんとお客さんが日本語と中国語をごちゃ混ぜにしゃべっている。熱心に福建省福建省いっている。

中国って広いんだなあと漠然と思った。
福建省福建省。
私的標本
このブログは私的標本のメモ標本です。
ご連絡は「unaki アットマーク hyouhon.com」からどうぞ。
どうせアマゾンで買うのなら
このリンクから買い物をして
応援してくれたら嬉しい!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉置豊
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
私的標本という、ライター・玉置豊の個人サイトの「メモ標本」というブログです。 デイリーポータルZ、@niftyつり、地球のココロなどに連載しています。
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyouhon/index1_0.rdf