佐渡島のイベント「ハローブックス」に出ます

September 11 [Mon], 2017, 22:18
今年も佐渡島に行く季節がやってきました。
とかいって、夏に行ったばかりですが。
それはそれ、これはこれです。


ハロー!ブックス

http://hellobookssado.com/


製麺のワークショップをやったり、トークショー的なものに参加したりします。

きてね!遠いけどね!




BE-PALでギンポとカニを捕りました

September 09 [Sat], 2017, 10:30
こんにちは。

10日発売(といいつつもう売っているらしい)のアウトドア雑誌「BE-PAL」にちょっと出てます。

ギンポ釣りとカニのひっこくりの案内役です。



ご購入はこちらからどうぞ。







バーベキューとかしたいですね。

今回は自分で書いているのではなく、どんなふうに遊んでいるのか、編集者から取材を受けたような感じです。
ひっこくりの話は、またどっかでたっぷり自分で書きたいですね。おもしろかったので。


よろしくお願いいたします。




TBSラジオ「たまむすび」に出ました

September 08 [Fri], 2017, 7:00
恥ずかしながら、TBSラジオ「たまむすび」に出ました。

↓様子
https://www.tbsradio.jp/180354

↓音源
https://www.tbsradio.jp/180301

恥ずかしい、恥ずかしい。

ダラダラと書きなおすことが前提のライターなので、リアルタイムにおもしろいことが浮かばないです。

ピエール瀧さん、ちょうかっこよかったです。
外山さん、富山富山と呼び捨てにしたみたいですみません。





デイリー新潮:都心で狩猟!? 東京湾で“捕まえて、食べる”を実践してみた

August 07 [Mon], 2017, 17:31
デイリー新潮というサイトで、すだて漁の体験記事を書かせていただきました。
前から行きたかったとこなので、満足です。


都心で狩猟!? 東京湾で“捕まえて、食べる”を実践してみた
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/08050700/




個人的に発見だったのは、ダツは骨のあるところを全部削除して(1/3くらいになるが)、天麩羅で出されるとアナゴと間違えることです。私の舌がバカなんですかね。




高野秀行さんの本を読んでいます

June 25 [Sun], 2017, 23:58
『クレイジージャーニー』っていう、好奇心のレベルがおかしい特殊な趣味人や奇特な旅人を紹介するテレビ番組で、一般には知られていない裏シルクロードみたいな道を探したり(うろ覚え)、アジアで食べられている納豆を探求したりしている人が出ていました。高野秀行さん。

で、世の中にはすごい人がいるもんだということで、『謎のアジア納豆』という本をゲット。
これがすごかった。麺類の歴史を追うとか、世界中の米料理を食べるとか、そういう大きなテーマではなく、本当に納豆だけで大ボリュームの本になっている。アジア奥地の聞いたこともないような村の話と、日本の集落が見事につながってくるという、でっかいロマンの物語。納豆でここまで話を掘り下げられるものなのかと驚いた。






で、二冊目に読んだのが、『幻獣ムベンベを追え』という早稲田大学探検部時代の調査レポート。アフリカのナントカっていう国に行って、ネッシーみたいな扱いの幻の動物を探しに行くという冒険の旅。非日常の極地みたいな旅で、文化や常識の違いに読んでいるこっちまでイライラしたり、虫刺されやマラリアの描写に絶対いきたくねーとサブイボを立てたり、これを学生時代に部活動としてやっているというのがすごいなー。私が学生の頃は面倒くさくて部として申請していなかった非公認の「釣り部」で、バイト仲間と鶴岡でアジを釣ったりしたくらいだなー。あとは田村君、大山君と蔵王ダムの上流を登ったくらいかなー。





ちなみに私がちょっと前に「伝説の巨大魚、タキタロウ調査隊に参加してきた」という記事を書いたけど、世の中にはいろんな調査隊がありますな。やっていることの規模が大リーグへの挑戦と草野球チームの結成くらい違うかもしれないけれど、タキタロウ調査は私にとっては立派な大冒険であり、それのレポートを書くということにやりがいがあったので、どこか通じるものがあるなーと思ったりしてね。


で、今読んでいるのが、『ワセダ三畳青春記』。これは冒険の話ではなく、タイトルそのままで高野さんが住んでいた早稲田大学近くにある三畳一間のアパートの出来事をまとめたもの。方向性が全く違うんだけど、これもおもしろかった。なんというか、中島らもさんの『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 』とか、前川つかささんの『大東京ビンボー生活マニュアル』、あるいは高橋留美子さんの『めぞん一刻』とかが好きなら悶えるような内容なんですよ。今あげた3つは読んだことがある人ならわかるとおもうけど、それぞれ全然違う内容ですけどね。この人が幻獣や納豆を追っているのかと思うと、やっぱり変わった人だなと納得する訳です。




で、次に読む本まで買っていたりするのですが、それが『怪魚ウモッカ格闘記―インドへの道』。怪魚という怪しい響きはもちろんですが、高野さんがインドにいったらさぞやいろいろな出来事があるんだろうなーと、今からニヤニヤしている次第です。






私も幻獣的ななにかを求めて、旅に出たくなりました。
できればツエツエバエとかいなくて、風土病のないところがいいかな。

佐渡に幻獣いないかなー。






アミガサタケ&ウメノハルシメジを狩ってきた

May 01 [Mon], 2017, 0:03
桜が咲くころって心がざわざわしますよね。

干潟にいっても良し、山に山菜を採りに行っても良し。

で、私がとりあえず近所でいけるものといえば、アミガサタケでございます。

去年のうちに、トガリアミガサタケ(ブラックモリーユ)の発生場所を見つけておいたので、あとは回収するだけなんですよ。

ですが!!!!!

その場所にいったらですよ、落ち葉を全部掃除して、きれいさっぱり地面が露出しているわけですよ。

自分の土地でもないので文句もいえないのですが!!!!!!!

あーーーーーーーーー!

ということで今年はほぼ諦めていたのですが、そういえば黄色いアミガサタケが発生していた場所もあったなと、桜が散る頃(4/18)にいってみました。



カラシナの花。


散った桜。


これはメキャベツの花。

狙いは奥まった場所に生えている桜の木なのですが、そのまわりにイチョウがあって、ちょっと日当たりが悪いからトガリアミガサタケが生えているかなと思ったけど去年は生えていない場所なのですが、念のためにみてみると!


うおん!!



驚いて声が出たのは、黄色い方のアミガサタケがボヨヨーンと生えていたから!
場所はイチョウが生えている場所で、そこだけ日当たりと風通しがいい感じになっている場所!



本命だった桜の場所は空振りで、
2本だけだけど、とりあえずよかった!



リゾットで食べました!
ちょっと米が多かった!



で、数日後の4/25ですよ。

同じイチョウの場所で順調に5本をゲッツ!







でも桜の場所には無し。

さてどうしようかなと。

なんだか風邪を引いてまして、動くのがだるいんですけど、念のため去年収穫の無かった、梅の木が生えている場所へ。

ほら、梅の木には、ウメハルシメジと呼ばれる春のシメジが生えるっていう噂があるじゃないですか。

で、ヨボヨボと歩いていると!

あ!!!!



これってウメハルシメジじゃないですか!!!!!



うーん、シメジらしいフォルム。



シメジじゃなくてクサウラベニタケだと食べると中毒一本道だけど、これはシメジよね。

でも一本だけじゃなーと思ったら、すぐ近くに群生地を発見!



よくみると、先客にとられているやつもあり。

ということは!

きっと食べられる(可能性がちょっと高くなった)!



素晴らしいよ、ウメハルシメジ!












いやー、やっぱり来てよかった!

っておもったら、もっとすごい群生があった!!!!!


わっはー!












いやー、よかったね。俺。



今年の春はなんやかんやでどこもいけてなくて、ちょっとクサクサしていたので、すっきりしました。
おかげで風邪が悪化したけど。へっくし。

シメジの処理ですが、土がつかないようにハサミかナイフでカットしてもってくるとスマートですが、手ぶらだったので土がついた状態で持ってきてしまったのですが、流水で洗いながら親指の爪で上から擦ってやるのが、一番傷をつけずに早く処理できるという気づきを得ました。



それでもやっぱりすこしジャリってしましたけど。
味はちょっとほろ苦いのですが、それもまた「春!」って感じでよかったです!













以上です!!!!!
明日またチェックしてこようかな。








おあとがよろしいようで を読みました

April 17 [Mon], 2017, 23:23
たまには読書感想文など。

オカヤイヅミさんのインタビュー漫画エッセイ(というジャンルなのかは知らないが)、「おあとがよろしいようで」を読みました。



帯によると、
------------------------
食べるのが好きで
死ぬのが怖い、
だから死が怖くなくなる
食べものを知りたい
そんな漫画家が
今をときめく人気作家
15人に聞きにいく
------------------------
というお話です。




で、こういう話を読むと、やっぱり自分だったらなにかなーと考えてしまう訳で。

ずっとお風呂に入りながら考えていたのですが、死ぬ前の自分が元気なのか、どういうシチュエーションなのか、その辺から考えざるを得ない訳でして、これがなかなか大変な訳ですよ。

闘病の末の病死なのか、パンツをはきそこなって転ぶような事故なのか、恨みのある誰かに殺されるのか、あるいは人類全体の滅亡なのか。

何を食べたいか=どう死にたいか。

ねー、どう死にましょうかね。





このコマが一番好きです。なんとなく。

「たはー」





スパッという答えがぜんぜん見つかりませんが、とりあえず寿司かなあ。







地下アイドルのライブに潜入してきた

April 06 [Thu], 2017, 16:09
秋葉原で行われた某地下アイドルのライブに潜入してきました。



浴衣で登場したのは、我らがアイドルレーベル、『LBT』の皆々様!



落語『芝浜』に合わせてのDJタイム!



そして納豆をシェイク!











誰?誰なの!!



そして名曲の呼び声が高い『芽が出ない節』!



30過ぎても芽が出ない?

俺なんて40過ぎても芽が出ないよー!!!



ありがとー!!!

そして続いては我らがアイドルグループ、『チミドロ』!!







ありがとー!!!

パリッコさん、スズキナオさんのライブをみるのはこれが初めてだったりするんですが、二人ともかっこいいですね。

ということで、いろいろ話がまとまったので、5月6日5日と7日に私も何かやります。

よろしくお願いいたします。






酒場人の3号が出ます。

January 19 [Thu], 2017, 2:42
お酒、飲んでいますか。


パリッコさんが監修している「酒場人」という雑誌に、ちょっと書きました。

↓アマゾンに飛びます(アフィリエイト)

酒場人 Vol.3


私の記事は、まあいつもの感じなので置いておいて、他の方々の記事とか特集がおもしろいのは間違いないと思うので、ぜひ手に取ってみてください。




10/23のコミティアでます

October 12 [Wed], 2016, 16:30
10月23日開催のコミティア118(ビッグサイトの同人誌即売だがコミケではない)に出ます。

「私的標本」ブースです。 S29a。
趣味の製麺1〜5号、捕まえて食べる話、など。
よろしくお願いいたします。

そしてティアズマガジン(コミティアのカタログで入場に必要な本)にインタビューが載っているよ。



場所はここです。 東2ホールに入ってすぐの、S29a。



お買い上げの方に、「趣味の製麺」の5号で同人誌デビューした小学六年生のビバ子先生の初コピー本「カワウソ話」8ページを、先着30名様くらいにプレゼント!超貴重!



製麺機の帽子をかぶって待ってます。





まってます!







私的標本
このブログは私的標本のメモ標本です。
ご連絡は「unaki アットマーク hyouhon.com」からどうぞ。
どうせアマゾンで買うのなら
このリンクから買い物をして
応援してくれたら嬉しい!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉置豊
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
私的標本という、ライター・玉置豊の個人サイトの「メモ標本」というブログです。 デイリーポータルZ、@niftyつり、地球のココロなどに連載しています。
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyouhon/index1_0.rdf