酒場人の3号が出ます。

January 19 [Thu], 2017, 2:42
お酒、飲んでいますか。


パリッコさんが監修している「酒場人」という雑誌に、ちょっと書きました。

↓アマゾンに飛びます(アフィリエイト)

酒場人 Vol.3


私の記事は、まあいつもの感じなので置いておいて、他の方々の記事とか特集がおもしろいのは間違いないと思うので、ぜひ手に取ってみてください。




釣って食べよう!つりぼりカフェの揚げたて天麩羅

January 19 [Thu], 2017, 2:38
ハロー。つりぼり好きの皆様。

デイリーポータルZに最新型のつりぼり記事を書きました。

釣って食べよう!つりぼりカフェの揚げたて天麩羅







よくないですか!ここ!

台湾式とはちょっと釣り方が違うけど、テナガエビも釣れますよ。




鮟肝(アンキモ)を酒蒸しする簡単レシピ

January 10 [Tue], 2017, 1:42
ハロー。

鮟肝の美味しい季節ですね。

鮟肝とは、アンコウの肝ですね。

中国産の鮟肝が1パック300円弱で売っていたので、蒸します。

酒蒸しというと難しそうなイメージですが、この方法だと超絶簡単です。


まず100円ショップなどでも買える巻き簾(まきす)に鮟肝を置いて、塩を全体に振ります。



30分くらい冷蔵庫に入れておいて、お酒をジャバジャバと掛けて塩を洗い流します。

そのこぼれた酒はフライパンで受け止めて、水を足して、そこにギュッと巻いた鮟肝をひっかけます。

ポイントは、水面よりも巻き簾の方が高いことです。浮かすのです。

ちょうど良いサイズの巻き簾とフライパンの組み合わせが無い場合は、巻き簾をハサミでちょん切ってください。



そして蓋をして火をつけます。

写真だと蓋をしてないですが、蓋はします。

25分くらい、水が空にならないように注意しつつ酒蒸しにします。



巻き簾を取り出して、そのまま冷蔵庫で冷やしたらできあがり。



適当に切ってポン酢かなんかで食べましょう。



痛風には牛乳とかヨーグルトとか低脂肪乳がいいってテレビでやっていました。

すでに毎日飲んでるよという人もいるかもしれないですが。












イワシの泳がせでマハタ釣り@尭丸(あきまる)

January 05 [Thu], 2017, 16:35
ハロー、2017年。

とかいって2016年の釣り収めのお話です。

12/29に友人が南房総の尭丸(あきまる)に行くというので、乗せていっていただきました。私はいまだに「尭」の出し方がわからなくてコピペしてます。

この船宿はちょっとシステムが変わっていて、狙う魚種が決まっていなくて、最初に予約をした人の希望次第で、オニカサゴでもイカでも狙ってくれるというリクエスト乗合。

この日は先客の希望でハタ狙いなんだとか。イワシの生き餌を使った釣りなので、ヒラメ釣りみたいな感じでいいかなとハリス6号の胴付き仕掛けを作っていったんだけれど、現地へと向かう車の中で詳しく聞いたら、本命のマハタを狙うのであれば、ハリス10号以上が基本とのこと。

そんな仕掛けは作ってきてないよーということで、とりあえず手持ちのハリス8号で急遽一組用意しておくことに。
この展開、あれだ、前に竜一丸にいってハタを狙った時と一緒だな。



孫バリはイカリバリ(トリプルフック)だと大物がきたときに折れやすいので、普通のハリがいいらしいです。



オモリは60号、80号、100号を用意しておいたが、終日80号でした。



ヤリイカ釣りに来た以来の尭丸(あきまる)。その時に同行した友人(今日釣れてきてくれた人)がこの船宿を気に入って、もうすぐスタンプカードが溜まるくらいに通っているんですよ。



同行いただいた友人とその友人と、おかみさんにもらったアメちゃん。





この日の乗客は8人。我々3人が船尾、先客の5人が船首側。

この人数ならゆったりですわ。




船長の話だと、ハタ狙い一本に絞ってしまうと全員ボウズの可能性が高いので、マハタをメインに流しながらの五目釣りという感じらしい。

仕掛けはヒラメやアカハタを狙うのならハリス6号程度で十分。ヒラマサやブリが混ざってもどうにかなる。ただマハタを本気で狙うなら、常連さん曰く「6号や8号で釣ろうなんざ10年早いよ」という世界らしい。潜られないように太いハリスで一気に浮かせるのがコツだとか。

なんだその「50、60、よろこんで!」という保険屋の逆パターンみたいな釣りは。

ええと、とりあえずはハリス6号でやろうかな。
そんなに大きな魚は俺の竿には掛かるまい。
とかいって細いハリスの時に限って掛かりがち。




最初のポイントは港のすぐ近く。冬にやるイワシを使った泳がせ釣りは、手が冷たくって苦手なのだが、この日は海水温も高く、天気も良いので全然平気。

水深は40メートル前後。イワシが弱らないようにつけようと気を付けつつも何度も落としてウロコをはがしまくったりしつつもどうにか投入。





オモリが底に付いたところで、タナを取る訳だが、さてどうしましょう。

私の仕掛けは捨て糸4号30センチ、ハリス6号80センチ。
リールはPE3号の電動。この釣りは別に電動である必要はないのだが、手巻きの大きなリールは持っていないのさ。

ヒラメやカサゴだったらオモリが底から50〜100センチ浮くくらいでいいような気がするけれど、マハタを狙う場合は潜られないように2〜3メートル浮かすのが基本だとか。そしてあたったら潜られないように一気に上げねばならぬのよ。



さてどう攻めたものかなーとタナ取りを迷っていた一投目、クククっと抑え込むような手ごたえがいきなり到来。

あれこれは……根掛かりか。いやヒラメか、あるいはハタか。根掛かりだったらすぐ外さなきゃだし、ヒラメだったら食い込むまで待たねばならぬ。そしてハタなら潜られる前に浮かせなければ。ええと、なにが正解なんだーっと混乱しつつ中途半端な感じで竿先を上げたらフワッと外れたイヤーな感触。

はい、エサとられたー。




なんて私がバタバタやっている後ろで、友人の友人がサクッとヒラメをゲット。

やっぱりさっきのはヒラメのアタリか―。



いやまだ勝負ははじまったばかり。序盤戦は流しの度にアタリがあるというハイテンションな展開に!

ただしこれが全部すっぽ抜ける!

あるときはエサをとられ、あるときは歯形を残され、そしてまたエサを取られという感じ。

まさかの5ヒット0ゲット!

なんかすごい釣りが下手になっている!いや前からこんな感じだったっけ?







孫バリの位置をいつもは肛門から刺していたんだけれど、背側に歯形がついて上がってきたからと背側にハリを掛けてみたら、今度は腹側に噛みつかれて歯形を残されるとか、そんなんばっかり!なんて日だ!









そして後ろの友人は良型のアカハタをサクッとゲット。ちなみに「今日はヒラメが釣りたいから!」ということで、仕掛けは市販のハリス6号のヒラメ用、トリプルフック、そしてタナは底スレスレだそうですよ。




よーし、こんなときは一発逆転のマハタ狙い。ハリスを8号にしてタナを上げての大物狙いやー。

なんて気分を盛り上げた頃には魚の食いがストップしており、うんともすんとも言わない展開に。




そんな重い沈黙を破ったのは、朝からハリス10号の大物仕掛けでマハタを狙っていた友人だった。本日初のアタリは明らかに大物。



この引きはきっと3キロオーバーのハタ!

ハタならば!



そして全員の期待を一身に背負った竿が釣り上げた獲物は……







……まあそんな日もあるよね。

良型のホシザメだったので、とりあえず私の夕飯の保険としてキープしておいてもらおうか。


次は私のエサを食え、食え、食え、チョコボール〜〜。







はい、またバラした〜〜。



そんなこんなで後半戦。ここで船長から「ここは根のてっぺんで、水深が下がっていくからね」というアドバイス。
今までの場所は基本的にゆっくりとした掛けあがりだったので、なにかがきっと違うのだろう。

こここそが本日一番の勝負ポイントだと見切って投入すると、着底後すぐにグググっという本日一番のアタリ。

おっとここで引き離さなければと一気に巻くも、ドラグがズリズリと滑りまくる。やばい、ゆるかったか。急いで締め直して引っ張りっこを開始したのだが、すぐにフワッという思い出しても胃がきゅっとくる手ごたえが伝わってきた。

なにも抵抗がなくなったリールを巻き取ると、残り5メートルのところで道糸切れ。あー、前回の釣りで傷がついていたかしらーーー。道糸のチェックはしなきゃダメよねと思いつつしてないのよねー。

ああああーーーーーーーーー。胃がキリキリするー。

やっぱり俺の夕ご飯はもらいもののホシザメなのかー。









なんて諦めたところで、最後にまたアタリがあり、今度はもうすこし、待とう、待とう、マトウダイ。
よーうやく一匹マトウダイをゲットとなりました。ふぅ。





本日の結果としては、ヒラメ用の仕掛けでやっていた人が順調にヒラメやアカハタを釣って、マハタを狙った人はサメを釣って、どっちつかずだった私がマトウダイを釣るという結果となりました。




せっかくなのでエサに使って戦死したイワシもキープ。




うーん、ハリスの太さって結構大事なのかもねー。

なんだか反省しかない一日だったけど、楽しかったので良し!


久しぶりに食べるサメのフライは、涙でちょっとしょっぱかったけどおいしかったです。




イワシはオイルサーディンにしてみたよ!




そんなこんなであけましておめでとうございます!!!!!!!!!!






アマダイ釣りレポートを一俊丸さんのサイトに載せていただきました

December 27 [Tue], 2016, 23:36
サイトのクローズで見れなくなっていた釣りレポート、取材先の一俊丸さんのサイトに掲載していただきました。
新記事もそのうちあるかも。ないかも。

【帰ってきた、ゆるゆる釣り部】
ライトアマダイで大物連発! 決め手は「5分アマダイ釣法?」
https://kazutoshimaru.net/?p=28925



去年の記事で何を書いたか忘れていたのですが、「転載は忘れたころにやってくる」ということで。


アマダイ、今年は予定していた釣行が悪天候で中止になって、まだいけてないんですね。
読み返したらいきたくなったので、年明けにいこうかなー。





コミケでます&製麺マニュアル作りました。

December 27 [Tue], 2016, 0:18
こんにちわああああ!


なんだか最近、肉を煮たりラーメンを作ったりばっかりしていまして、っていう訳でもないんですが、「趣味の製麺」のブログばかり更新しているので、そっちもみてね。

で、大晦日のコミケでます。

■日時:コミケ3日目(大晦日)
■場所:東京ビッグサイト 東2ホールT38a 『私的標本』
くわしくはこちら。

新刊もでるよ。


別冊「家庭用製麺機 USER GUIDE」





製麺機に興味が無くて、きっとおもしろい本なので、買ってね〜〜〜!






台湾でかっこいいプロフィール写真を撮る

December 13 [Tue], 2016, 0:31
デイリーポータルZの記事がアップされました。

台湾の取材2つ目です。


台湾でかっこいいプロフィール写真を撮る
http://portal.nifty.com/kiji/161212198283_1.htm


せっかくなので使わなかった写真をアップしておきます。





ふぅ。



台湾でテナガエビの釣り堀に悶える

December 05 [Mon], 2016, 14:19
台湾レポートの第一弾です。
二弾目があるのか謎ですが。

台湾でテナガエビの釣り堀に悶える
http://portal.nifty.com/kiji/161205198222_1.htm



いやー、またいきたい。



無料で借りられる水車で憧れの製粉体験

December 05 [Mon], 2016, 14:16
製麺から製粉への華麗なる進化。

昔話に出てくるような水車小屋の水車を無料でレンタルして、そば粉をひいてきました。

無料で借りられる水車で憧れの製粉体験
http://portal.nifty.com/kiji/161114198054_1.htm



この撮影のあと、蕎麦の実の断面写真がほしいなと再購入して、それがまるごと余っている今日この頃。
大晦日に合わせて、ひこうかしらねー。



全国こけし祭りのこけしパレードに参加してきた

December 05 [Mon], 2016, 14:12
二泊三日で取材してきました。がっつりと。

全国こけし祭りのこけしパレードに参加してきた
http://portal.nifty.com/kiji/161031197946_1.htm



たのしいよー。



私的標本
このブログは私的標本のメモ標本です。
ご連絡は「unaki アットマーク hyouhon.com」からどうぞ。
どうせアマゾンで買うのなら
このリンクから買い物をして
応援してくれたら嬉しい!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉置豊
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
私的標本という、ライター・玉置豊の個人サイトの「メモ標本」というブログです。 デイリーポータルZ、@niftyつり、地球のココロなどに連載しています。
2017年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ