「捕まえて、食べる」という本が出ました 

July 15 [Sat], 2017, 14:41
※7/17UPDATE:店頭POPと感想を追記

こんにちは。玉置です。

2017年7月18日に、新潮社から「捕まえて、食べる」という本が出ます。
※もう書店に並びだしているみたいです。







単行本: 168ページ
出版社: 新潮社 (2017/7/18)
ISBN-10: 4103511419
ISBN-13: 978-4103511410

■帯の推薦者(太鼓判!)が素晴らしい方々になりました。

椎名誠さん 「読んだらすぐに自分でもやりたくなった」
高野秀行さん 「爆発する「夏休み感」にやられた! 」
小泉武夫さん 「狩猟本能×料理奔放×賞味悦楽=この本、である」
……担当編集者 「何度読んでも笑えます」


すごい豪華ですね。なんでですかね。
ちなみに椎名誠さんの推薦文に「やりたくなった」と書いてありますが、これは社交辞令じゃなくて本気だったようで、某取材として、某生物捕りにご一緒させていただきました。びっくりです。

■本の内容
身近な動物や植物を捕って食べてみた思い出話エッセイ的な感じです。高野さんからは、夏休みっぽいとの感想をいただきました。まさにそれです。身近なところでワクワクした体験(自分にとっては立派な冒険)を、読んだ人と一緒に感じられたらなーという本です。

私的標本(個人サイト)やデイリーポータルZやなんやかんやに書いてきた中から、お気に入りの話をじっくりとリライトしたり、書き下ろしたりした、とっておきの10篇が載っています。ウェブで読める話も多いですが、今の私がたっぷりとリライトして、縦書きの本として最適化したつもりです。ぜひお手に取ってもらえると幸いです。

------------------
・世界で二番目に臭い料理、ホンオフェをエイから作りたい
・富山湾のホタルイカを網で掬って食べたい
・干潟にてアナジャコを筆で釣って食べたい
・穴に塩を入れてマテガイを捕って食べたい
・天麩羅の高級ネタ、ギンポを針金ハンガーで釣りたい
・ヒラツメガニを捕まえて手作り麺でラーメンにしたい
・日本海の離島、粟島のタコを捕まえる大会で優勝したい
・麗しの野草マニアから、多摩川で食べらえる野草を教わりたい
・長野でザザムシを捕って食べる文化を体験したい
・高級食材のスッポンを捕まえて鍋にしたい

・column1 私の「捕まえて食べる」流儀
・column2 「捕まえて食べる」ことの経済学
・column3 干潟の靴は地下足袋がベスト!
・column4 マグロだって釣れるのだ
・column5 「いつかは! 」のターゲット
・おまけ:捕まえて食べられるリスト
------------------

そんな訳で10年以上前の話を読み返したりしたのですが、若いって素晴らしいですね。やっていることは根本的に今もあまり変わらないのですが、今はホンオフェの自作とか絶対むり。記録を残しておいてよかった。




■出版に至る経緯
大阪のシカクというイカした同人誌屋さんがあって、そこに2012年に作った同人誌「私的標本 捕まえて食べる話」を置いていただいているのですが、今や超売れっ子ライターの金原みわさんの関係で訪れた新潮社の編集者の方が、その本を店長のオススメで手に取って、「きみ、うちから本を出してみないか?」となった次第です。
※同人誌をそのまま出版するという話ではなく、内容は半分がリライト、半分が別の話、さらにコラムなどが追加になっています。そして新デザインになりました。両方買おう!

ありがとう、シカク様、金原様、新潮社の編集者様、デザイナー様、捕まえて食べる話の関係者様、デイリーポータルZ様、HUNT様、そして読者様、友人様、皆々様、本当に様々です。

■広告など
素敵な広告も作っていただきました。ポップ!もしかしたら書店にあるかも!



あと手書きのポップもありがたいことに送らせていただきました。掲示されているといいな。
-----------------------------------
●ジュンク堂書店 池袋本店





●八重洲ブックセンター 京急上大岡店

●紀伊國屋書店 新宿本店

●三省堂書店 神保町本店

●丸善 丸の内本店

●紀伊國屋書店 梅田本店

●丸善 日本橋店

●紀伊國屋書店 横浜店

●三省堂書店 池袋本店

●MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店

●東京堂書店 神田神保町店

●丸善 津田沼店

●ブックファースト 新宿店

●文教堂書店 浜松町店

●シカク

●TACO CHE (タコシェ)

●COMIC ZIN

-----------------------------------
※どこの書店にこの本が置かれているのか、同人誌と違って把握できないのですが、とりあえず上記の店舗には置かれるはずです。

■書評&感想

土屋遊さんの書評が熱い。
-----------------------------------
「永遠の夏休み。そんな男が書いた『捕まえて、食べる』でました」 超超超長文の、読書感想文であります! こんな気合入れた感想文、マジ書いたことねーよ!
http://wtbw2010.blogspot.jp/2017/07/blog-post_16.html

-----------------------------------

■改名
あとこのタイミングで改名します。「玉置標本」になりました。
10年以上前の知り合いだと、「ひょうほんさん」って呼んでくれる方がけっこういて、じゃあ名前に組み込もうという話です。標本製麺だし。豊と呼ぶのは親族だけだし。


よろしくお願いいたします!







高野秀行さんの本を読んでいます 

June 25 [Sun], 2017, 23:58
『クレイジージャーニー』っていう、好奇心のレベルがおかしい特殊な趣味人や奇特な旅人を紹介するテレビ番組で、一般には知られていない裏シルクロードみたいな道を探したり(うろ覚え)、アジアで食べられている納豆を探求したりしている人が出ていました。高野秀行さん。

で、世の中にはすごい人がいるもんだということで、『謎のアジア納豆』という本をゲット。
これがすごかった。麺類の歴史を追うとか、世界中の米料理を食べるとか、そういう大きなテーマではなく、本当に納豆だけで大ボリュームの本になっている。アジア奥地の聞いたこともないような村の話と、日本の集落が見事につながってくるという、でっかいロマンの物語。納豆でここまで話を掘り下げられるものなのかと驚いた。






で、二冊目に読んだのが、『幻獣ムベンベを追え』という早稲田大学探検部時代の調査レポート。アフリカのナントカっていう国に行って、ネッシーみたいな扱いの幻の動物を探しに行くという冒険の旅。非日常の極地みたいな旅で、文化や常識の違いに読んでいるこっちまでイライラしたり、虫刺されやマラリアの描写に絶対いきたくねーとサブイボを立てたり、これを学生時代に部活動としてやっているというのがすごいなー。私が学生の頃は面倒くさくて部として申請していなかった非公認の「釣り部」で、バイト仲間と鶴岡でアジを釣ったりしたくらいだなー。あとは田村君、大山君と蔵王ダムの上流を登ったくらいかなー。





ちなみに私がちょっと前に「伝説の巨大魚、タキタロウ調査隊に参加してきた」という記事を書いたけど、世の中にはいろんな調査隊がありますな。やっていることの規模が大リーグへの挑戦と草野球チームの結成くらい違うかもしれないけれど、タキタロウ調査は私にとっては立派な大冒険であり、それのレポートを書くということにやりがいがあったので、どこか通じるものがあるなーと思ったりしてね。


で、今読んでいるのが、『ワセダ三畳青春記』。これは冒険の話ではなく、タイトルそのままで高野さんが住んでいた早稲田大学近くにある三畳一間のアパートの出来事をまとめたもの。方向性が全く違うんだけど、これもおもしろかった。なんというか、中島らもさんの『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 』とか、前川つかささんの『大東京ビンボー生活マニュアル』、あるいは高橋留美子さんの『めぞん一刻』とかが好きなら悶えるような内容なんですよ。今あげた3つは読んだことがある人ならわかるとおもうけど、それぞれ全然違う内容ですけどね。この人が幻獣や納豆を追っているのかと思うと、やっぱり変わった人だなと納得する訳です。




で、次に読む本まで買っていたりするのですが、それが『怪魚ウモッカ格闘記―インドへの道』。怪魚という怪しい響きはもちろんですが、高野さんがインドにいったらさぞやいろいろな出来事があるんだろうなーと、今からニヤニヤしている次第です。






私も幻獣的ななにかを求めて、旅に出たくなりました。
できればツエツエバエとかいなくて、風土病のないところがいいかな。

佐渡に幻獣いないかなー。






おかゆライスを食べてみる 

June 20 [Tue], 2017, 2:13
こんばんは、昭和生まれの友よ。

わかる人が何割なんだかなーと思いながら書きました。


■おかゆライスを食べてみる



http://portal.nifty.com/kiji/170615199914_1.htm


---------------
私が小学校の頃、兄の本棚から拝借してよく読んでいた『究極超人あ〜る』という漫画に、『おかゆライス』という食べ物が登場する。カレーライスのように盛り付けられた、ライスにおかゆを掛けたものだ。

これぞ究極の炭水化物食。味は想像通りだろうけど、あえて作ってみることにした。
---------------


で、ふたを開けてみたら(おかゆだけに)、作者のゆうきまさみ先生がツイートしてくださって、ひーってなりました。


ひーー!
ありがとーございますー!!!!







古い機械を整備する悦びに震える 

June 20 [Tue], 2017, 2:10
ハロー、よろしくメカドック。

デイリーに書くにはマニアックすぎるかなと思いつつ、製麺機というよりは『古い機械』というざっくりしたカテゴリだと思っていただければと思って書いたのよ。


古い機械を整備する悦びに震える





http://portal.nifty.com/kiji/170612199873_1.htm


私はこういうの苦手だなとよくわかりました。
でもやりたいのよね。



ヘビイチゴを食べてみる 

June 20 [Tue], 2017, 2:06
道草、食べてますか!


ヘビイチゴを食べてみる



http://portal.nifty.com/kiji/170606199821_1.htm



ええとですね、デイリーポータルZに『みじかい記事』というカテゴリができまして、たまにそこで書くことになったですが、そんな感じの記事です。

たまたま再会した幼なじみと付き合ってみたけどやっぱり好みじゃなかった、みたいな小説を書こうと思ったけど、なんだそれってなるのでやめました。がんばれヘビイチゴ。





2017年女川の旅 

June 20 [Tue], 2017, 2:01
ハロー、東北の人よ。
お久しぶりね、女川の人よ。

という記事です。

2017年女川の旅





http://portal.nifty.com/kiji/170526199717_1.htm



なかなか難しいテーマなんですが、とりあえず観光しましたという記事です。

早く宿ができるといいですね。



市販の生麺から「究極の焼きそば」を作る 

June 20 [Tue], 2017, 1:58
ハロー、麺フレンド。

ちょっと面倒臭い焼きそばの作り方です。
良い子は2番目の蒸してから茹でる方法でやろう!
蒸すだけだとかんすいがしっかり残って、ゴワゴワっすよ!

市販の生麺から「究極の焼きそば」を作るとちょっと感動するよ



http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/tamaoki/4028



じゃ!



東北新幹線で売っているアレ以外のほや珍味を求めて 

May 25 [Thu], 2017, 2:16
ほやの季節がやってきましたよ。


東北新幹線で売っているアレ以外のほや珍味を求めて
http://portal.nifty.com/kiji/170522199677_1.htm




最後までよんでね!


マテガイは塩以外でも捕れるのか 

May 25 [Thu], 2017, 2:13
久しぶりに干潟の記事です。



マテガイは塩以外でも捕れるのか
http://portal.nifty.com/kiji/170509199571_1.htm





いえーい。





台湾で食べた「米苔目」という麺を作りたい 

May 25 [Thu], 2017, 2:11
イエーイ!


台湾で食べた「米苔目」という麺を作りたい
http://portal.nifty.com/kiji/170508199554_1.htm



口に入れた時はフワフワなのに、噛むとクニュクニュとした歯ごたえ。ほかの何にも似ていない台湾の麺料理を紹介&作ります。





私的標本
このブログは私的標本のメモ標本です。
ご連絡は「unaki アットマーク hyouhon.com」からどうぞ。
どうせアマゾンで買うのなら
このリンクから買い物をして
応援してくれたら嬉しい!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉置豊
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
私的標本という、ライター・玉置豊の個人サイトの「メモ標本」というブログです。 デイリーポータルZ、@niftyつり、地球のココロなどに連載しています。
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyouhon/index1_0.rdf