佐世保・高1女子殺害 家裁が処分判断…刑事処分相当なら検察官に送致も

July 29 [Tue], 2014, 10:28
佐世保・高1女子殺害 家裁が処分判断…刑事処分相当なら検察官に送致も
産経新聞 7月29日(火)7時55分配信
佐世保・高1女子殺害 家裁が処分判断…刑事処分相当なら検察官に送致も
未成年者をめぐる刑事手続きの主な流れ(写真:産経新聞)
 クラスメートを殺害した容疑で28日、長崎地検佐世保支部に送検された高校1年の少女未成年の場合の今後の手続きはどうなるのか

 14歳以上の未成年者が逮捕された場合は、送検後に勾留され、検察が家庭裁判所へ送致し、家裁が処分を判断する

 少年審判は原則非公開故意に人を死亡させた事件では、刑事処分が相当な場合の検察官送致(逆送)もある逆送となれば原則、起訴され、刑事裁判を受けることになる

 責任能力が争点となることが想定される事件では、家裁への送致前や起訴後に、精神鑑定などのために鑑定留置をするケースがある

 少年審判の決定にはこのほか、少年院や児童自立支援施設に送致する保護処分、刑事裁判の無罪に当たる不処分などがある<八王子スーパー強盗殺人>同級生3人、続ける墓参
毎日新聞 7月29日(火)7時30分配信
 東京都八王子市の「スーパーナンペイ大和田店」で1995年7月、3人が射殺された強盗殺人事件は30日で発生から19年犠牲者の都立高2年、前田寛美さん(当時16歳)のクラスメートだった女性3人は一日も早い解決を願い、墓参を続ける「せめてこの時期は多くの人に思い出してほしい」祈るような気持ちで、今年も命日を迎える

 ◇30日で発生から19年

 今月19日、東京近郊にある前田さんの墓に、ひまわりの花を手向ける3人の姿があった都立館(たて)高(2004年閉校)で前田さんのクラスメートだった熊本百世さん(36)、森岡有佳さん(35)、星野夕香さん(36)

 「明るい前田さんのイメージに合う」と、いつもひまわりを持参して事件翌年から毎年墓地を訪れている3人はともに結婚し母親になった「私たちの子供も大きくなったよ」と墓前に報告した

 前田さんには保育士になる夢があった熱心に授業を聴き、丁寧にノートを取る姿を星野さんは覚えている事件の約2カ月前、体育祭で一緒に撮った写真は今も手元にある

 事件後、3人は担任やほかのクラスメートと協力し、文化祭や校外のイベントなどで銃器根絶を訴えた高校卒業後も、街頭で情報提供を呼びかけるビラ配りに参加した「彼女が生きていたことを伝えなければ」事件の記憶が社会で薄れていくことへの危機感があった

 熊本さんは以前、長男(9)におもちゃの鉄砲を向けられ、「何してるの!」と強く叱ってしまったことがある星野さんも長男(3)がおもちゃの鉄砲を持ってテレビのヒーローをまねているのを見ると胸が痛む前田さんや両親のことが思い出されるからだ

 昨年、カナダ在住の中国籍の男が別の事件で逮捕され、事件について事情を知っている可能性があると話題になったしかし、捜査に目立った進展はなく、3人は「また空振りかな」とメールし合ったという

 「突然事件に巻き込まれ、前田さんはどれだけ怖かったか犯人が逃げ通していることが悔しい」ずっと忘れないことが自分たちの責任だと考えている

 少年審判は原則非公開iPhone4sケース激安

 少年審判は原則非公開シャネル Chanel シリコン

 少年審判は原則非公開シャネル Chanel シリコン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyheytrdt/index1_0.rdf