ベニマシコが浅野孝已

January 04 [Wed], 2017, 11:11
看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじがあります。
看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、すぐに受験することは認められません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶことが必要なのです。
高校入学時に衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。
いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、大半の人は賞与が出てから退職するため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。
実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、落ち着いて情報収集するのが安心です。
急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで経過を見守るのが望ましいです。
やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあるとマイナス評価となるのかというと、必ずそうだとは言うことができません。
自己PRのやり方次第では、意欲が高くて経験が豊富にあるという印象にもっていくことも可能でしょう。
けれども、働いている年数が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合も少なくないでしょう。
自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくありません。
看護師の能力を向上させることで、収入を増やすこともできるでしょう。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に適した場所を見つけられるといいですね。
自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。
看護師が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。
そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。
気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の希望する条件に適した仕事を念入りにチェックしましょう。
以上から、自らの希望の条件をハッキリとさせておきましょう。
看護師の人が転職する時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。
そうは言っても、頑張って看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。
全く異なる職種だとしても、プラスになるところは少なくありません。
一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。
看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。
女の人が多くいる仕事ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。
その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する理由という人も存在します。
辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体を悪くしてしまうので、早く転職することをお勧めします。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚して子持ちの人は土日が休みになっていたり、夜勤なしの職場を希望しています。
病院ではないところで働くには、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても変わってきます。
職場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyfsriengnavie/index1_0.rdf