思いつきで言ったら、目の前にいる女性が短所だと思い込んでいた長所でしたっていう

November 24 [Sat], 2012, 23:08
彼の家だけど、まだブラジャーは付けたまま。
私は、貴男好みじゃないしね衝動のまま言葉をぶつけていた。
きっかけは、言葉の選び間違いからはじまった口喧嘩。
彼の方が、上手な土壌で勝負中だから、どんどん劣勢になって、悔しくなって感情的になる。
と、書けるのは後々冷静になっているからで、進行形では私は悪くない唇はグロス栄えしないし、目は小さい。
ブラホックを外したところで、削れるだけ。
肉らしいものは無いし、だからといって、鎖骨が浮くほどでも無いし。
ワイヤーの痕が消えるまでは、ただの羞恥プレイ。
そもそも、あなたの好みに私の足の長さは15センチは足りないでしょう。
それなのに、なんで私と付き合っているのか説明して欲しい。
あーもう、なんでこんな苛々するのに、貴男は米垂烽スりを掻いているのなに私の声は本当に酷かった。
でも、返ってきた彼の声は優しい。
中断させてと、近づいてきて、私の頭を撫でながら言った。
喧嘩くらいでいなくならないから、大丈夫だよ閉じ株式会社アルメイダた後の口元は、盾轤ゥく微笑んでいる。
素直にごめんと言いたかったけど、言葉が詰まって、代わりに出てきた口から上を彼のシャツに擦り付けるのが精一杯だった。
この、喧嘩どうしようか彼の言葉に、足を踏んでやったけどね。
その場全員に好印象好きなタイプはに対するベスト回答男性編fromdiaryid2209045
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hyfs779eei
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyfs779eei/index1_0.rdf