ハイブリッドカー購入計画

December 18 [Thu], 2008, 0:24
自動車業界の不況
2008年10月、100年に一度といわれる金融パニックが次々と産業界へ押し寄せてきています。アメリカのBIG3をアメリカ政府が支援するのかしないのか、支援しても持ちこたえられるのか、BIG3が倒産したら何百万人が職を失うことになり、グローバル化した現在は私たちの生活に直接響いてきます。このところの円高は、日本の大企業トヨタをも直撃しました。

ハイブリッドカーが欲しい!
それでも私は仕事で車が不可欠で、現在買い替えを検討しています。今まではトヨタの車でしたが、補助金制度もありますし、環境問題、燃費を考えればエコなハイブリッドカーしかあり得ません!ハイブリッドカーもトヨタを始め、日産、ホンダなど様々なメーカーが出していますが、この際比較したいと思います。トヨタのハイブリッドカーにも、プリウス、エスティマといろいろあります。消費者の92%が、ハイブリッドカーと言うとトヨタを思い浮かべるというアンケート結果もあるようです。でもまず、比較する前に、私もハイブリッドカーの仕組み、利点や欠点についてよくわかっていないので、ハイブリッドカーについておさらいをしたいと思います。

トヨタ ハイブリッドカー

December 18 [Thu], 2008, 0:23
そもそもハイブリッドカーとは
あのWikiによると「ハイブリッドカー ( Hybrid Car ) とは、作動原理が異なる二つ以上の動力源をもち、状況に応じて単独、あるいは複数と、動力源を変えて走行する自動車のこと。」とあります。それぞれの利点を活かし、低燃費と低排出を実現する自動車なんですね。1997年トヨタ・プリウスが市販されて以来、環境負荷の低い車としてハイブリッドカーは注目されています。また、ハイブリッドカーというと、その環境問題に強いという利点が先行していますが欠点もあるようです。ハイブリッドカーがモーターとエンジンの2種類の動力源を搭載している場合、車体重量が重くなり燃費は悪くなってしまうという点ですね。ハイブリッドカーのボディの軽量化などの課題については、自動車メーカーの技術にお願いするしかありません。ますますの改良を望みます。

比較その1 トヨタ
@ エスティマハイブリッドの一番の利点は、発電所を車に搭載したような1500Wまで使えるAC電源。ハイブリッドカーを災害に備えるつもりで、このミニバンを購入している人もいるそうです。
A やはり、トヨタのハイブリッドカーといえばプリウス。ハリウッドの俳優(ディカプリオ)がオスカーの授賞式にも乗ってきたことでも有名になりました。なぜそんなに有名なんでしょうか?それは、燃費のよさに加え走行中にうるさかったエンジン音がかなり改善されたからのようです。静かにしかも安定感のある走り。うーーん、やっぱり一番気になります。

ハイブリッドカー比較

December 18 [Thu], 2008, 0:21
比較その2 ホンダ インサイト
ホンダのハイブリッドカー インサイトは5人乗りのコンパクトな5ドアハッチバックで、200万円前後という手が届く価格に設定される見込みです。
ホンダはアメリカのハイブリッドカー市場では、トヨタと人気を二分しているそうです。ホンダのハイブリッドカーに乗った方の感想を聞いてみると、「燃費がよく小回りがきいてよく走る」と言っていました。是非、一度試乗してみたいものです。

比較その3 日産 ティーノほか
日産のハイブリッドカー ティーノは5人乗りで、ゆったりした室内空間と十分なラゲージスペースを保有。
日産のねらいは、ハイブリッドカーの燃費を同クラスのガソリン車の2倍以上にし、ハイブリッドカーの二酸化炭素排出量を同クラスのガソリン車の2分の1以下にすることだそうです。
このティーノのほかに、独自開発したガソリンエンジンと電気モーター併用のハイブリッド車を2010年に発売する計画があるようです。トヨタのハイブリッドカーのモーターの数は2つですが、それに対抗し日産は1つとすることで、小型化と低コストを追求したそうです。