水素水は濃度の高さ以外に持続時間の長さが最も重要って本当!?

October 28 [Wed], 2015, 0:07
いまや健康業界に革命を起こしていると言われている
水素関連商品。


サプリも凄いですがやはり何と言っても凄いのが


“水素水”


ですよね。水は昔から体に良いのでたくさん飲みなさい
と言われてきた人もいるかもしれませんがその水の最高峰
がこの水素水なんです。


ただ実際に水素水といってもたくさんありすぎてどれが
良いのかわからない方も多いと思います。


そこでどんな水素水が良いかというと一般的には水に
含まれている水素濃度に注目がいきがちです。


実際に高濃度をうたった水素水がたくさん出ていますよね?


もちろん水素濃度が高ければ高いほど体には良いんですが
実はその他にもう1つ大事なポイントが抜けているんです。


実はいくら水素濃度が高くても持続性がなければあまり
意味がないんです(>_<)


たとえばウォーターサーバでいうと高濃度の水素水がいくら
作れるとしても持続性が短ければ意味がないんです。


水素水の最も効果のある飲み方としては


“一気に飲むよりも複数回に分けて飲むのが最も効果的”


と言われています。


だとするとコップに水素水を入れた後にしばらくすると
濃度が低くなってしまう水素水というのは普通の水と
変わらなくなってしまうんです(>_<)


なのでもし水素水を選ぶときには濃度以外にもぜひ
“持続時間”にも注意することをおすすめします。


ちなみに水素水のウォーターサーバとして高濃度の
状態を長時間持続するものとしてはこちらが有名ですね
↓↓



















P R