【 更新情報 】

スポンサードリンク

百日咳の症状

百日咳というと子供がかかる病気だと思っていますが、大人でも2週間以上咳の症状が続く方は百日咳の疑いを持った方がいいようです。
20歳以上の大人の感染者は年々増えてきているようです。百日咳の症状は、息を吸い込む時にヒューヒューとなったり独特の激しい咳が続くのが特徴で、百日咳菌によって引き起こされます。大人でもしつこい咳の症状が治まらないときは、病院を受診するようにしてください。

百日咳の名前は、この病気は完治するのに3か月(100日)もかかることからきています。百日咳の症状は、はじめ軽い風邪症状ですが、しばらくすると夜などに喘息のような咳が発作的に続くようになってきます。
喘息の症状と似ていますが、百日咳は菌が飛沫することで感染し、その感染力は強いのが特徴です。百日咳は、子供の主要な病気で死因の一つでもあったため、日本でも予防接種が実施されるようになり発生数は減少していましたが、ここ数年は大人からの発生数が急増しています。
百日咳は一人の感染者から10人に感染するといわれて、2009年は大流行が懸念されています。

百日咳の症状があったら早めに診断を受けましょう

百日咳ははやめの診断が必要です。
もし2週間以上も取れないしつこい咳の症状が続く場合は、百日咳の疑いがありますので病院で診断してもらいましょう。

百日咳は、いまでも世界で1年中見られる感染症です。予防接種が行われるようになり減少していますが、2〜5年周期で流行するとされています。

百日咳の症状は名前の通り100日咳が続くのが特徴ですが、1週間ほどの潜伏期間を経てカタル期といわれる2週間ほど風邪の症状が続くので、個人での診断は難しく受信や診断は遅れることが多いようです。
咳の症状が続くので病院へ行って百日咳と診断されて初めて気付く人がほとんどのようです。百日咳の症状はカタル期の後、激しい咳や痰がひどくなってくる期間が2〜3週間続き、さらに2〜3週間かけて少しづ回復していきます。

個人差はありますが完治するのに2〜3か月はかかる病気です。百日咳は乳幼児にかかると重症化しやすく死因にもなる怖い病気です。
生後3か月から予防摂取が無料で受けられますので、早めに接種しておきましょう。咳など風邪の症状が続くときには、早めに病院に行って診察をうけ診断してもらってください。

百日咳の症状・感染

百日咳の症状の特徴は喘息のような独特の激しい咳、百日咳は百日咳菌という菌に感染して起こる呼吸器の感染症です。

百日咳の症状は咳やくしゃみなどで飛沫感染します。百日咳の症状の特徴である咳が続くなと思ったら早めに病院を受診することと、マスクをするなど他の人に感染しないように気をつけなくてはいけません。

くしゃみや咳で感染するので人にかからないように気をつけ、せきを抑えたときは菌のついた可能性のある手をよく洗うことも心がけるようにしましょう。百日咳は一人の感染者から10人へ広がると言われているほど感染力の強い病気で、学校保健法では第2種感染症に指定され、百日咳の症状である特有の咳が無くなるまで出席停止になります。

近年増加している百日咳は、大人の発症が4割を占めるといわれています。
これは小児期に受けた予防接種の効果が年齢と共にだんだん弱まり抗体価が低下してくるためで、予防接種を受けていても感染する可能性はあります。人に感染させる時期は初期の方が感染力が強く、咳や痰の症状がある間は続きますので気をつけておきましょう。

百日咳(百日ぜき)の症状の治療

百日咳らしい症状があったら、早めに病院を受診して診断を仰ぎ、適切な治療を受けてください。

百日咳の症状への治療は、抗菌剤、抗生物質が投与されることになります。百日咳の症状への治療に使われるのは、エリスロマイシンやクラリスロマイシンなどのマクロライド系の抗菌薬が使われます。

投薬・治療を続けると5日ほどでのどや鼻の菌はいなくなるので人へ感染させる可能性は減ってきます。

百日咳の症状に効くマクロライド系の抗生物質での投薬・治療は、カタル期といわれる初期の風邪症状ぐらいの段階で行うと特に有効ですので、なるべく早い段階で治療を始めることが重要です。そして菌がなくなっても2週間は薬を飲み続けることになります。

百日咳菌に効く抗生物質の投薬以外にも、その他の症状を抑えるための対処療法も行われます。医師の指示に従い投薬を続けながら自宅で安静に過ごしてください。百日咳では咳を抑えるために部屋の温度は20度を保ち、加湿器などで湿度も保って、痰を出しやすくするために水分補給もまめにおこないましょう。

百日咳の症状 検査・診断

百日咳の診断をするには、レントゲンの検査での所見や血液の検査によるリンパ球の増加が特徴なのですが、確定診断のためには百日咳の抗体の上昇や、鼻などのからの分泌物から菌の検出の検査が必要です。

ここ数年20歳以上の大人の間で百日咳の発症が問題になっていますが、大人は免疫もあり症状が軽い場合も多く、百日咳の特有の症状が出ないまま気付かずに治ってしまうことも多いようです。
そのために問題になるのが、両親などから子供へとうつってしまうことです。大人は症状が出なくても子供へうつる可能性は高いのです。特に百日咳は母親から免疫をもらうことができないため、乳幼児でもかかることがあり、さらに小さいほど症状が重く危険です。

乳幼児が感染すると呼吸困難などを起こしやすく、百日咳菌の毒素が脳炎などを引き起こすこともあります。
小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では特に、疑わしい症状のときには早めに受診・検査を受けて適切な治療を受けてください。
そして、百日咳は生後3ヶ月〜予防接種が無料で受けられますので、3ヶ月をすぎたらなるべく早くワクチンを摂取するようにしてください。

早めの抗体の予防接種、検査や診断がやはり重要です。
P R
カテゴリアーカイブ