ただ今12連勤の折り返し地唐ナす。

November 16 [Fri], 2012, 1:17
Iamabouttotakemylastvoyageagreatleapinthedarkちょうど最後の旅に出るところだ。
偉大な暗闇への飛び立ちだ。
トマスホッブズの最期の言葉。
トマスホッブズはイングランドの哲学者であり、近代政治思想を基礎づけた思想家である。
1588年4月5日ウィルトシャー州マームズベリー近郊のウェストポートにて、イングランド国教会の聖職者の子として生まれる。
1588年、スペインの無敵艦隊襲来というニュースにショックを受けた母親は産気づき、予定より早く出産した。
このため恐怖と共に生まれたといわれる。
オックスフォード大学を卒業した後、デヴォンシャー伯爵家のちのデヴォンシャー公家に家庭教師として仕える。
ピューリタン革命前の1640年に絶対王政の支持者とみなされフランスへ亡命し、のちに国王となったチャールズ2世の家庭教師を務める。
もっともよく知られる著作リヴァイアサンは亡命中に執筆し、1651年帰国の年に刊行された。
ベーコンやガリレオ、デカルトらと交友があった。
1655年に円積問題の解を見つけたと公表し、数学者のジョンウォリスとの発展した。
ホッブズは、終始この問題の本質を理解することができず、自分の解の誤りを認識できずに死ぬまで激しい巣Aけた。
形而上学においては唯物フ立場に立ち、その考えは物体xにおいて展開された。
また、デカルトから省察の批判を書くよう頼まれた時はその立場から批判をおこなったがデカルトは他の哲学者や衰w者にも批判を頼み、ホッブズのそれは第三揩ニ呼ばれる、自身の哲学への不理解と解したデカルトからの反応は冷淡であった。
1679年、12月4日死去。
91歳。
トマスホッブズはリヴァイアサンの著者として有名です。
リヴァイアサンは17世紀ヨーロッパにおける国家理代浮キる著作ですが、ホッブスは同時代の王党派からは無据者であるとされ、共和派からは専制政治擁護者と見なされていました。
現代に至るまでホッブズの評価は屈折しており、相反する立場から全く異なった評価を受けています。
ホッブズは人間の自然状態を闘争状態にあると規定し、この混乱状況を避けるためには、人間が天賦の権利として持ちうる自然権を政府に全部譲渡するべきであると株式会社アルメイダ述べ、社会喧を用いて従来の王権錘説q繧る絶対王政を合理化する理穀zしました。
ホッブズが展開した国家理ヘ自然状態を想定し、そこから人工的に国家モデルをつくりあげたという唐ナ近代国家理フさきがけでした。
ホッブズの理ヘロックとルソーによって批判的に継承されました。
最期の言葉の、死を偉大な暗闇への飛び立ちと表現しているのは、少し空恐ろしいものを感じます。
ホッブスは国家を人間の欲望を基礎にしながら合理的に解釈した人なだけに、死に対しては理解できない暗闇だと考えていたのでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hxd9bj8djh
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hxd9bj8djh/index1_0.rdf