いやはや 

August 29 [Wed], 2007, 21:02
東京で働いてるリアル友人から、ミクシーに誘われました。標準語で。
やるわけない。と返しました。
ID持ってるなんて口が裂けても言えるはずもなく、万が一の為にログも削除。
もう今は全く更新してませんが、やはりリアル友人に見られるのは恥ずかしいので。
はぁまさかリアルの知人がNETやってるなんて・・・。
やりにくい世の中になったものです。

m 

August 24 [Fri], 2007, 23:38
久しぶりにネットに繋いでIRC入ってみたら、sc(モナー)が来た。
1年半くらい居なかったのかな。
ホント心配してたので、なんだか嬉しくなった。
相変わらず元気そうでよかった。

で、かーすくんも呼ぼうかと電話してみたら、なんか中学生くらいの女の子が電話に出たし・・・。
「○くんの携帯じゃないんですか。」って言ってみたけど、違いますだって。
おいおいもう2度と話せないんじゃないですか・・・。
急に寂しくなった。
変えたなら教えてくれよー。



23:26 (h[x_x])けどまたネットでみんなと遊びたいと
23:26 (h[x_x])今でも
23:26 (h[x_x])思ってる
23:26 (a)まー
23:26 (a)ゲーム楽しかったな
23:27 (h[x_x])うん
23:27 (a)でももう戻れんなwwwwwwwwwww
23:27 (h[x_x])戻れんなーw
23:28 (h[x_x])みんなどうしてるんだろ
23:28 (a)今となると
23:28 (a)時間の無駄とか思ってたりする?w
23:28 (h[x_x])うーん
23:28 (h[x_x])そうは思わないw
23:28 (a)そっかw
23:28 (h[x_x])ぜったい知り合えん奴らと
23:28 (h[x_x])知り合えたのは
23:28 (h[x_x])デカイなw
23:28 (a)あー
23:28 (a)ひーるさん
23:28 (a)かっこいい
23:29 (a)今度飲もうぜwwwwwwwwww
23:29 (h[x_x])そうかっこいい


もうゲームは出来ないけど、今まで知り合えた人らと連絡取れなくなるのはやっぱ寂しいです。



あ、そういえば子どもがもうすぐ産まれそうなんです。
来週か再来週辺りには産まれそうな勢い。
楽しみ。

a 

July 09 [Mon], 2007, 20:44
あるきが・・・ゲフゲフッ。



久しぶりに一人なので更新。

車買いました無理して。
ヴォクシーが欲しかったんだけど、予算が大幅に超えそうだったので諦めてストリームに変更。
けっこうカッコよくて満足してます。
あ。もちろん中古車です。
でも相当キレイだから、嫁に乗せるのが恐くて困る。

今日サッカーなので急いで仕事から帰ってきたんだけど、つまんないなー。
なんだか盛り上がりに欠ける感じ。
観客が少ないからってのもあるんだろうけど、レベルがちょっとイマイチ・・・。

僕は元気です。 

May 23 [Wed], 2007, 21:59
何ヶ月ぶりの更新かな。
PCを触る時間があまり無く、blogまで手が回らない感じでした。

近状をダイジェストで説明しますと、
4/15に結婚式を挙げ、4/22に安産祈願とやらに行き、今はもう6ヶ月後半らしいです。
時間が経つの早いこと早いこと。

GWは広島へ遊びに。
渋滞に怯えつつ高速で行ったんだけど、行きも帰りもスムーズに進んで楽だった。
宮島までの下の道は鬼のように混んでましたけど。

あと、最近は『名探偵コナン』に夢中です。
DVDを借りては返し、借りては返しで、ようやくPART2の6まで観終わりました。
なんかPART20くらいまであるし、まだまだ楽しめそう。

そうそう。
結婚式の写真が昨日ようやく届きました。
見たい人居たら僕に直接言ってください。
CDRにアホみたく入ってるんですが、僕のソロ写真は1枚しか無く、
嫁のソロ写真多数ってほんとどうなのカメラ小僧。

資格講習。 

February 22 [Thu], 2007, 18:30
ここ2日間、資格の講習と試験でした。
朝6時起床が続き、ほんとしんどかった。
1時間半かけて電車に揺られるんだけど、通勤ラッシュと被ってて混んでるのなんの。
朝から混み混みの電車に乗り、会社まで出勤してる方々は大変だなーと思った。
僕にはとても真似できそうにない。

やっぱり混んでると、狭い椅子でも無理矢理入ろうとする人とか居るじゃないですか。
それで昨日、女子高生が隣に無理矢理入ってきたんです。
で、隣で寝てんの。僕の肩によっかかって。
いい匂いするんですよこれがまた。
膝貸すから、ちょっとしゃぶってくださらないかとか、色々妄想してしまった。朝から。
今日も同じ時間に同じホームから乗りましたので、
隣に座ってくれないかワクワクしてたんですが、おっさんが小説持って座りやがった。
楽しみにしてたのに。

試験はもうわけわからん状態。
20分経ったら自由に帰っていいですって言われてたので、20分経った瞬間帰ってきました。
一応ぜんぶ答え埋めたけどね適当に。
これで受かったらとんでもない資格だな。

遂に籍を。 

February 15 [Thu], 2007, 20:13
さて、続きまして12日のお話。

遂に籍を入れちゃいました。
祭日ということもあり不安だったんですが、昨日12日に受諾しました。って市役所から通知きた。
とゆうかね、祭日に入れれるのはぶっちゃけ知ってた。
でも、当直の爺さんコンビが信用できなかったんですよ。

僕の彼女、もう嫁ですね。嫁さんの本籍が長崎なんです。
僕の住んでるとことは別の県なわけ。
でな、嫁にこう言うの。

「あら、あんたも長崎出身ね〜。」

「この人も長崎出身で、今日ここに籍入れに来たよー。ほらほらこの人、知ってる?」

おいおいちょっと待て、と。
軽々しく長崎とか言ってるけど、どんだけ広いか知ってんのかと。
長崎県民同士だから知り合いって思ってるのがまずおかしい。
それにな、個人情報ばらしすぎ。
おもっきり婚姻届見せてきたし他人の。
これにはほんとびっくりしましたよ。

帰りの車で、2人で談笑してたけど、
その反面、僕らの婚姻届は無事に受諾されるのか不安でいっぱいでした。

そんな感じで結婚したけどまだ別居状態。
早く部屋探さないといけないなーと思う反面、自由な時間が無くなるのが寂しいなーなんて思ってたり。
まぁまだ実感全くないけどな。

2/12が結婚記念日になるのか、4/15の挙式が結婚記念日になるのか
いったいどっちなんだろうと思いながら、今日の日記は終わります。

友人の挙式。 

February 15 [Thu], 2007, 19:53
11日は、僕の唯一の親友とも言える友人の結婚式でした。

僕の家から式場まで車でまったり向かって30分。
起きたのがAM8:30。挙式開始がAM10:30。
余裕そうなので朝からシャワーなんか浴びちゃって、友人3人を迎えに行ったんですが、
肝心のお祝儀袋を僕が忘れちゃいまして、全員乗せた後、取りに帰ったんです。
そしたらなんかもう10:10とかじゃないですか。
おいおいヤバイぞと言う話になり、そりゃもう全力疾走で向かいましたよ。
なんてったって僕の唯一とも言える親友の挙式です。
遅刻するわけには行きませんからね。

なんとか10:28に到着し、チャペル式だったのでいそいそと一番後ろの右席へと4人で向かいました。
座った瞬間、新郎の入場が始まり即起立。
カメラでばっちり撮影してやるぜーと思い、ポケットを調べるとまぁ無い。
あー忘れたなー、まぁ友人数名のうち誰かが持って来てるだろーと思い、
周囲を見渡すけど誰も持って来てる気配がない。
しょうがないから挙式は諦めて、披露宴前に買うことを決意しました。

挙式も無事終わり、披露宴会場へと向かう最中、
タバコが切れてることに気付き、タバコを買いに向かいました。
そこでカメラを買えばいいものを、またまたすっかり忘れてまして、
結局友人一同カメラ無しの披露宴会場へと向かうことになっちゃいました。

で、僕はこの結婚式、とても大忙し。
披露宴の受付、友人代表スピーチ、披露宴でのカラオケ2曲、二次会の幹事と、やることいっぱい。
今思うと、新郎新婦どもより忙しかったんじゃないでしょうか。

受付も終わり、披露宴会場へと僕も足を運び、いよいよ披露宴が始まります。
今回一番緊張したのが友人代表のスピーチ。
もう乾杯からハイスピードで飲みまくりましたからね。
スピーチの30分くらい前まで何にも考えてなくて、適当に喋ろうなんて思ってたし。
みんなが頭真っ白になるからぜったい書いて読んだ方がいい、
なんて脅すもんでメモ紙に適当に書いたけど。
結局僕のスピーチ時間30秒、新婦の友人代表スピーチ3分弱。
ほんとひどかった僕のスピーチ。
まぁ友人、新郎新婦以外誰も聞いてなかったけどな。

次ぎはカラオケ。
みんな1人じゃ唄いたくないらしく、僕と2人ならって言いやがるので唄ってきましたよ。
まぁこれは新郎新婦でさえ聞いてなかったけどな。

さて、披露宴も終わり、二次会への案内の始まりです。
男3500円、女3000円らしく、新婦側の幹事と徴収しまくり。
この二次会は一滴もお酒飲めませんでした。
忙しいのなんの。
乾杯の挨拶とか意味の分からんことをさせられ、
その後は走り回ってました。

「おい幹事、横に女付けろよ。」

「おい幹事、食い物ないぞ。」

「おい幹事、んmだおひ2おふぇあwんcをえい」

もうね、幹事とゆうよりパシリに近かった。
とゆうかパシリそのもの。
全く知らんおっさんらに、あごで使われまくり。
お店の方に、幹事さんは大変ですねなんて同情されました。
でも二次会は、僕のおかげで相当盛り上がったと確信してます。
だいぶ盛り上げたもんね。

で、2時間で二次会の会場は締め出されると言うことを、終わるぎりぎりに知り、
無理やり閉めの挨拶までしました。
で、なんか新婦側の友人が、三次会やろうだのカラオケ行こうだの言い出す始末。
結局三次会までやることに。
場所はカラオケだそうです。

カラオケに着いたら、だいぶ減ってたかな。
男8女5くらいだったっけ。
男8のうち3人が先輩で、気を使わないといけないし、しんどかったけど。

「お前、○(新郎)の為にようがんばっとるわー。まじ偉すぎるぞ。」

なんて褒め言葉を頂いたけど、ちっとも嬉しくない。
僕だって酒飲んでおにゃのこのおっぱい触ってお尻を撫で回して勃起したかったんですよ。
でもそれどころじゃなかったんですよ。悲しいなー。

三次会も終盤を迎える頃、二次会で一緒だった新婦側の幹事に外へ呼び出されました。
とゆうか、トイレ付いてきてとか意味不明なことで呼ばれました。
コイツがもうほんとひどいの。
超酔っ払いで、二次会三次会と、ベタベタ引っ付いてくるわ、ダーリンとか呼びやがるわ、死ねばいいんじゃないと思った。
こっちは素面だし、忙しくておっぱいやお尻撫で回すどころか、勃起さえしてらんないし。
で、部屋の外で誰狙い?とか言いやがるの。
おいこれフラグ立ったんじゃね?なんて思ったけどさ、僕ももう結婚間近なわけじゃん?
なのでとっても悩んだけど、もう結婚するから誰も狙ってないな。なんてクールぶったわけ。
そしたら、えー彼女居るのー、、なんてあからさまに悲しがるわけ。
昔の僕だったら、女なんて居るわけない、お前狙いに決まってんじゃないなんて即答してたけどさ・・・。

そんなことを話してると、「お前らイチャイチャすんな!」なんて笑いながら
A先輩が出てきたんです。
で、なんか色々3人で話してるうちに、どうも雲行きが怪しくなったので僕だけ部屋の中へ。
5分も経たないうちに2人が戻ってきたんだけど、女側超キレてる。
部屋の中で、先輩を蹴るわ殴るわ暴言吐くわ、なにがあったの状態でみんな唖然。
結局みんなで止めに入り、そのまま解散の流れに。
これはほんとに新郎新婦悲惨だった。
めでたい日に、友人同士喧嘩だしな。

キレた理由は、元彼をA先輩がバカにしたとかそうゆうのだった。
くっだらねーの。
まぁ相手にしたA先輩も悪いんだけども。
この日だけはそうゆうの避けてほしかったな・・・。

帰ってから新郎から電話があって、その女が僕の番号知りたがってるんだけどって言われたけど、
教えないように言いました。
もう色々揉めたりするのはこりごりです。
そんな感じの1日でした。

最近 

February 06 [Tue], 2007, 20:05
行ってまいりましたよ挨拶に。先週ですけど。

正式には挨拶とは言わず、結婚の承諾を得に行くって言うらしいです。
まぁどうでもいいんだけど。

うちもなんですが、彼女は片親でですね、母親と住んでるんですが
父親の戸籍に入ってるらしく、とっても面倒くさい感じなんです。
母親の方とは何度か会ってたので、さほど緊張しなかったんですけど、父親がやばかった。
だって初対面でいきなり結婚させてくださいって言わないとなんだもん。
何発殴られるかドキドキしながら行きましたよ。

父親側の家に到着し、玄関を開けてすぐ右にリビングがあるんですが、
そこに堂々と佇んでおられました。

「初めまして、○さんとお付き合いさせていただいている△と言います。」

うん。言った最初に。
でもな、声出ないの緊張で。
か細い声で弱々しく言っちゃっいまして、「え?」みたいな反応された。
自分でもびっくりするほど緊張してましたよ。

とりあえず言い直して、仕事は何してるかなど、色々聞かれました。
つい最近までニートでしたなんて、とても言えませんでしたけどね。

肝心の、結婚させてください的な言葉は結局最後まで言えず、挨拶は終了しました。
最終的には、これから頑張って、とか、今度酒でも飲みながら話そうよ、とか言ってもらえましたが。
やっぱり相手が若いから、相当心配されてましたね。
僕だって心配ですよ。
料理はまぁ少しずつでも覚えてってくれれば問題ないけど、
遊びたい年頃でしょうし、僕がどれだけ我慢出来ることやら。
ものすごく早く老けそうで恐いです・・・。

その後は相手の母親の家に。
こっちはもう余裕過ぎた。
前に書いた通り何度か会ってるので、けっこうフレンドリーなんです。



で、次。
一昨日の日曜日に、うちの父親と2度目の挨拶へ。
挨拶権、結婚式や結納の話しを具体的に決める感じだったでしょうか。
個人的には結婚式なんて挙げたくないんですが、やっぱり相手にとっては1人娘ですので、
ドレス姿を見たいらしいです。まぁ気持ちは分かるけどな。
相手は「こうゆうのは初めてなので、全てこちらにお任せします。」なんて言いやがりましたので、
挨拶後に、日取りや式場を決めてきちゃいました。
4/15に式を挙げるらしいです。他人事みたいだけど。
お互い片親ですし、人数はそんなに多くならないみたいなのが、ちょっと嬉しかった。
結納は無しの方向だったかな。
親父と2人で4/15が空いてるかどうかだけ聞いてきたので、
あとは僕ら2人で好きなようにしろと言われました。
なので明日もう1度、今度は2人でもうちょっと具体的な人数と披露宴会場を選んでこようかと思います。

あ、それと籍。
入籍は早めにってノリだったので、もう今月入れちゃおうかと。
明日ついでに婚姻届を貰いに行き、12日に届けを出せそうだったらその日にしちゃいます。
なんか祭日なのでよく分かんないんですけども。
まだ実感湧かないなー。

最近の状況だけUPしときました。
何日もかけて書いちゃったので、文章に繋がりが無かったりしまくってるけど。
ま、こんな感じ。




あ。そうそう、ここが一番大事だ。

DQM買いました。
WI-FIで遊んでください!

7週目後半 

January 23 [Tue], 2007, 19:20
昨日、7週目の検診へついて行きました。

無事に心拍の確認もでき、順調だそうです。
予定日はまだ教えてくれなくて、2週間後の検診で教えてもらえるみたい。
次回からは仕事の方を優先しないといけないので、1人で行ってもらう事になるかな。
検診料が勿体無いので、きっちり2週間後に行く必要ない事を伝えておきました。

ちゃんと心臓動いてるかどうか心配だったけど、動いててホント良かった。
今週の日曜に挨拶行くかなぁ。
はー緊張する。


そんな感じ。

プレゼント。 

January 21 [Sun], 2007, 2:30
プレゼントというものは、大抵の物じゃない限り、とても嬉しいものです。
誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、母の日など。
人によって貰う場面というものは、多かったり少なかったりするものです。
数もまた然り。
今日は僕が貰って、とても困ったプレゼントを紹介したいと思います。

あれは20歳の誕生日のプレゼントでした。
20歳と言えば、喫煙、飲酒を誰からも叱られる事なく堂々と行為を可能にする、
人生で一番大きな分岐点と言える誕生日じゃないでしょうか。
成人式なるものもありましたね。
僕は友人3人と朝からパチンコ屋に並んでましたが。

遠距離恋愛をしていた僕は、当時の彼女から電話で、「何か欲しいものある?」なんて言われました。
欲しいものなんて、金以外に何があろうか。なんて思っちゃうわけですが、そんな事言えるはずもなく、
「特に無いから要らないよ。」と、クールぶりました。
そしたらその子、「そんな事言わないで。何かあげたいよ。」なんて可愛い事言い出しやがります。
隣に居たらその場で押し倒して、「よーしそれじゃ、お前にリボンつけちゃうぞお。」なんて言って、
リボン解いて僕の暴れん棒将軍とご対面させ、僕の誕生日は冬ですがその場だけ常夏のハワイみたいなそんな夜にしてたんですが。
遠距離でして、当然そんな事も出来ず、「それじゃお前に任すわー。」なんて言って切りました。
今思えばこれが失言だったんだなーと。

それから数日して、その子からのプレゼントが家に届きました。
思ったよりデカイダンボール。
小学生くらいの子なら、簡単にかくれんぼに使えそうな程デカイ。
うん、小学生が送られて来てもおかしくないくらいデカかったんです。
一体何が入ってるんだろう、とワクワクしながら部屋に持って行き、包装を開き、
さぁプレゼントとご対面ってとこで、そうだ。電話して今から開けるよって言って、
開けた瞬間、うわーありがとー!なんてオーバーリアクションで感激したろうと思いつきました。

早速電話をし、すぐに出た彼女に「今届いたから、これから開けるぞ。」と伝えました。
「喜んでくれたらいいな〜。」なんて言っちゃってる。
おいおい。お前がくれたプレゼントで喜ばないわけがないんだぜ?
そんな気持ちで開けました。





なんかどデカイぬいぐるみが出てきたよ。

あのな、20歳の誕生日プレゼントなわけ。
ありとあらゆる色んなとこの毛も生え揃ってるわけ。
喫煙、飲酒誰からも責められない歳になったわけ。
そんな20歳の立派な青年男性に、どデカイぬいぐるみはないだろ。
どういう神経してんだコイツ・・・。
開けた瞬間、うわーありがとー!なんて言えるわけない。
感激なんてしたら、あたしの彼氏ぬいぐるみで喜んでた、なんてとんでもない事を友人らに発表しそう。

時間って本当に無情なものでして、開ける行為なんて数秒じゃないですか。
相手もさすがにもう開けた頃だろって思うわけじゃないですか。
「どう?」なんて僕の喜ぶ声を期待して待ってるんです。

「あぁ、うん。見た。」

「どうだった?」

「あぁ、うん。ありがと・・・。」

「喜んでくれた?」

「うん。」

電話を切り、その可愛らしいどデカイぬいぐるみを前に、僕はただ立ち尽くすしかなかったのでした。
そのぬいぐるみは、今でも押入れで誇らしげに佇んでおられます。

皆さん、プレゼントというものは大抵のものを送っても喜んでもらえますが、
ほんの少しだけ考えて、相手に見合ったものを選んであげてください。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:hx_x
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:2月2日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あるき
» いやはや (2007年08月31日)
アイコン画像h
» m (2007年08月29日)
アイコン画像うに
» m (2007年08月28日)
アイコン画像あるき
» m (2007年08月25日)
アイコン画像h
» a (2007年07月19日)
アイコン画像どら
» a (2007年07月11日)
アイコン画像h
» a (2007年07月10日)
アイコン画像うに
» a (2007年07月10日)
アイコン画像あるき
» a (2007年07月09日)
アイコン画像
» 資格講習。 (2007年03月06日)
Yapme!一覧
読者になる