辛い湿疹や掻痒

January 28 [Wed], 2015, 19:00
辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の要因としては、1.腸内や表皮、肺、口腔内等によるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な素因、3.栄養面での問題、4.環境面での因子、5.前述した以外の学説が主流となっている。
本来、正常な皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は4週間のサイクルになっていて、1日毎に細胞が誕生し、いつも取り去られています。こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しさを保持しています。
唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、肌の弛みは少しずつひどくなります。明るく口角を持ち上げた笑顔でいるように心がければ、弛みの防止にもなるし、人に与える印象も素敵になりますよね。
特に夜の10時〜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムと呼ばれ、肌の新陳代謝が更に盛んになります。この240分間に良質な睡眠をとることが一番効果の高いスキンケアの手段だということは間違いありません。
意識していなくてもパソコンに見入ってしまい、眉間にシワを寄せ、しかも口はへの字(因みに私は別名「富士山口」と勝手に名付けています)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。
日本皮膚科学会の診断の目安は、@強い掻痒感、A固有の発疹とその拡大エリア、B慢性と反復性の経過、3項目とも該当する病気を「アトピー性皮ふ炎」と診断する。
美容外科(cosmetic surgery)は、由緒正しき外科学のジャンルであり、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別のものである。加えて、整形外科とも早とちりされがちであるがこれはまったく分野が違っている。
爪の生成される様子はまるで樹木の年輪のように刻まれるものなので、その時々の健康状態が爪に反映されることが多く、毛髪と共通するようにすぐに視認できて気付きやすいことから健康のバロメーターとも言われているらしい。
トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、色素の濃いシミをほんの数週間で目立たなくするのに実に有効な治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・肝斑(かんぱん)・しつこいニキビなどに適しています。
外観を装うことで精神が元気になりおおらかになるのは、顔面に悩みのある人もない人も違いはありません。私たちは化粧を自ら元気になれる最高の手段だと自負しています。
ここ日本における美容外科の歴史上、美容外科が「正当な医療分野」であるとの評価を獲得するまでには、結構時間を要した。
気になる目の下のたるみの解消策で効果的なのは、顔面のストレッチ体操です。顔面にある筋肉は無意識下で強張ってしまったり、心の状態に絡んでいることが頻繁にあるようです。
内臓矯正は一部の筋肉や骨が絡んで位置以上を起こした臓器を元来あったであろうポジションにもどして内臓の健康状態を元に戻すという治療法です。
頭皮のケアはまたの名をスカルプケアとも称されています。頭皮(スカルプ)は毛髪の問題の代表である「脱毛」「薄毛」に密に関係していると供に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響しているのです。
もう一つ、肌のたるみに大きく結びついているのが表情筋。これは色々な表情を作っている顔にある筋肉のことです。皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、表情筋の力も年齢を重ねるにつれて衰えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hx0rs
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hx0rs/index1_0.rdf