ART STAGE SINGAPORE

January 26 [Wed], 2011, 18:23
ツボにはまった作品売れるか売れないか飾れるか飾れないかは別として、立体は面白い。1ののは平面の作品から飛び出していかにも見ている者にすり寄ってきそうな感じが楽しいな色使いhttp://www.doutei-daisuki.net/、犬の表情も、今の世情に明るさを運んで来る。この感じ、たまらん2の広いブースに敷き詰められた枯れ枝の中に群れる以上ある蟻。人間が小さくなった錯覚を覚える。テーマも技術も古い感がするが、なぜか懐かしい、ほっとする優しさが感じられる。3のの作品は顔が全てヒットラーで、体が妊婦か女性。ヒットラーの冷たさ、残忍さの中に人間としての暖かさを求めたのか。技術もも素晴らしい作品でした。2の作品はインドのギャラリーから、1と3の作品はそれぞれインドネシアのギャラリーからと、日本ではなかなか見る事の出来ない中国、韓国以外のアジアの国々のギャラリーからでした。インドネシアは昨年予定されていたアートフェアーが流れ、ことしはどうなるのか分かりませんが、なかなか面白い力ある現代アートを扱うギャラリーさんが有る事が確認できました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hwxfhpkkqb
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hwxfhpkkqb/index1_0.rdf