よいですよね

January 06 [Sat], 2018, 23:12
引越の時に地震対策をしておくというのはよいですよね。ここ最近では、主な引越の会社さんでも家具を配置する際に防震グッズをしてくれるサービスもオプションで頼めることが多いようです。地震対策のためのいろいろなグッズなども引越会社では用意しているようです。その中には、引越し先に家具を運び込んで配置したら地震の時に家具が倒れないようにする転倒防止ようの金具などもありますし、家具を置く場所の下に振動を吸収するようなシートを敷いておくものもあります。引越しをして落ち着いてからそういったものを下に敷こうというのは大変です。地震対策グッズを買い揃えるのも大変ですが、引越し業者の人にやってもらえば、引越のついでに、業者の人にやってもらえるわけですので、都合がよいですよね。このようなオプションでは、各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、サービスの値段も違いがあるかとは思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこにどのような地震対策をしてくれるのか掲載されていると思いますから一度そこを見てみて、各社比べてみるとよいでしょう。引越は地震対策をするのにも都合がよい機会なのでやっておいたら安心なのでよいですね。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、やっておきたい場合は、こちらから依頼をしておくことが必要です。
引越しの荷物を傷つけてしまったり、無くしてしまったりということですが、引越しの時にありがちなトラブルとして荷物を壊したり、傷つけたり紛失してしまったりとかはよくあるといわれています。引越しのスタッフももちろんそういうことがないように作業をしますから、引越の作業をするにあたっては、引越しの際におきる破損や紛失のトラブルはプロとしてあってはならないものですから、引越の荷物に関してトラブルにならないように御者との間で確認をしておくことと、問題が起きてしまったらどう対応してくるか業者との間で確認をしておくことは事前にしておくようにしましょう。家具や貴重なものの状態については作業前にチェックしておく必要がありますし、大きな家具や大切な家具の運搬は立ち会っておくと安心です。そして、新しい家に引っ越しをする場合は、傷のある場所は最初にチェックしておき最初から傷がある個所は後でわかるようにチェックしておきます。家具などを新居に運んでから傷があったり壊れていた場合は、すぐに引越し業者に言うようにしましょう。引っ越し作業中に発生した傷や破損に関してそれが引越し業者によるものでしたら、一年以内の場合は保証をしてくれると思います。引越をする場合は、このような問題も起こることがありますので、少しでもトラブルを減らすためにも事前に状態を確認しておくべきです。
引越しをする場合の電力、ガス水道などの手続きや電話の手続きについてこれも必要になりますよね。最初に、同じ市内に引越す場合以外は、電話番号は変更になりますから、なるべく早めに116番に電話をして、電話の引越しの手続きを行っておくことが必要です。電力会社には、引越しをする10日から1週間くらい前に連絡をします。解約の手続きをしておかなければなりません。新居の方の電力会社にも、同時に、連絡して、引っ越し後、すぐに電気が使えるようにしておかなければなりません。引越しをする際に、ガスについては、電気と同様に、連絡をして、それぞれ解約と新規申し込みの手続きをします。また、引越し先のほうでは、事前に引越し先のガス会社や自治体でやっている場合はそこにに連絡をしておくと、引越し当日に係員が着ますから検針してからガスが使えるようにしてもらいます。引越しが決まったら、水道局には、引越しをするだいたい2−3日前に引越しをすることを連絡しておきます。引越したらすぐ水道がでるように、引越し先の手続きも同時にしておきます。電話やライフラインの移転手続きはだいたいこんなものですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には不動産業者のほうで手続きをする場合もあり、自分で電力会社などに手続きをする必要がないこともあり、また、引越し先が新築物件の場合だったりすると、このほかの手続きが必要になることもありますので、引越し先のによって個々に連絡をして確認をしておく必要があります。
さいたま 熊本 引越し
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hwpheczl
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる