やよいでマルチェロ

October 20 [Thu], 2016, 15:03
キャッシングとカードローンは似た感じでATMで借入れができるので相違が見つけにくいですが、お金の返し方が異なっているのです。

キャッシングは一括払いが常識で、カードローンは分割払いが当たり前とされています。



ですが、巷ではキャッシングでも分割やリボ払いが可能なところもありますので、しっかりとした区別が徐々に失われてきています。キャッシングの利息は借入れ金額によって違うのが普通のパターンです。借り入れが少ない金額だと利子は高くなりますし、多いと利子は低くなります。

ですから、いくつかから少なく借りるより、まとめて一カ所から借入れた方が損になりません。キャッシングを使うと返済していく方法が決められていたり、自分で選んだりできますが、不要な利息を多めに払いたくなければ、なるだけ短期間で返すことのできる返済方法にした方が、利息の金額の点ではお得となります。とっとと返済しておけば次の借り入れ時に借りやすくなります。

キャッシングについての広告が最近では色々なところで見ますが、キャッシングでも借金でも実は同じなのです。



ただ借金という響きよりは、キャッシングというカタカナ表記で記した方が、少しおしゃれ感がありますし、嫌な感じもあまりしないらしいです。
世の中でよく聞くキャッシングで返済を滞納していたら差し押さえに遭うというのは本当のことなのでしょうか。私自身も過去にキャッシングをしたことがあり、数回滞納をしたことがありますが、差し押さえになってしまった事はたったの一回もありはしませんでした。滞納を何度もしてしまったら差し押さえになる場合があるかもしれません。キャッシングとは銀行や消費者金融などから少額の資金を融通してもらう事です。



借金したいと思った場合は保証人になってくれる人や担保となる物が必要になります。けれども、キャッシングの場合は保証人や担保を準備することはないのです。

免許証などの本人確認ができる書類があるのなら基本的に融資可能と判断されます。


審査を簡単に通ることのできる業者も存在しますが、審査が緩い分、高金利だったり、お金を返す方法が限定されていたりと、不利な条件も存在するでしょう。そのことを知っていても、手持ちを必要としていて審査を通りにくい業者からはお金が借りられないのであれば、審査が緩いところに借りるしかないでしょう。
キャッシングを契約する場合は勿論、利用限度額も重要です。利用限度額が50万円以下ですと、運転免許証で本人確認出来れば 契約可能なのがその訳です。けれど、キャッシング限度額が 50万円超であったり、他社からの借入と合算して100万円超だったときは、所得証明を提出することになり、事務手続きが少しばかり繁雑になるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイリ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hwit0es5ltx7no/index1_0.rdf