[経営戦略]ソフトバンクM、SIMロック解除について議論の必要性を指摘 / 2010年04月03日(土)
 ソフトバンクモバイルは4月2日、携帯電話の回線契約や番号などの情報を記録するICカード「SIMカード」に関する見解を発表した。松本徹三・取締役副社長が、通信契約をした特定キャリアの端末でSIMカードを使用できるSIMロックの意義や、今後の方向性を示した。

【写真入りの記事】

 現在、携帯電話メーカーは、SIMロック対応端末と非対応端末、いずれも製品化できるようになっている。松本副社長はSIMロックの意義として、(1)端末に関する問い合わせがキャリアで一本化しているワンストップサービス、(2)ネットワークと端末を連携したサービスの提供、(3)ユーザーの料金負担の軽減、(4)代金踏み倒しなどの不正利用の抑止、の四つを掲げた。

 続いて、SIMロックを解除した場合のデメリットを提示。例えば、次世代の通信方式「LTE(Long Term Evolution)」を各キャリアが導入して方式を統一したとしても、周波数の違いがあれば、メールや独自のインターネットサービスが利用できないことを指摘。また、メーカーが各キャリアのサービスに対応する共通端末を作るのは開発コストがかかり、端末価格が上昇する恐れがあるとした。

 現在、携帯電話の料金体系は、ユーザーが長期間利用することを前提に設定されている。SIMロックを解除すると、ユーザーは短期間でほかのキャリアに契約を変更する可能性があり、キャリアは料金の割引制度を導入しにくくなり、結果的に料金が高くなってユーザーの負担が増えると予測した。

 さらに、各キャリアが管理できないSIMロック解除端末が登場すると、その端末が大量のデータ通信を利用した場合、ネットワークを占有してしまう恐れがあり、安定したネットワークを供給する保障ができなくなるという。

 いま、われわれが当たり前のように受けているアフターサービスにも、支障が出ると捉えている。現在、日本の携帯電話ビジネスは、端末メーカー、コンテンツ事業者、販売店の三者の中心にキャリアが位置する形になっている。端末に不具合があった場合は、キャリアに問い合わせをすればよい。しかし、SIMロックを解除すると、ユーザーは、通信ならキャリア、コンテンツ関連は供給会社、といったように、個別に問い合わせをする必要が出てくるという。

 このほか、SIMロックによって、現在は代金踏み倒しなどの不正行為を抑制することに一定の効果があるが、解除するとこの点で効果が期待できなくなる、としている。

 SIMロックを解除の利点として、端末の国際競争力の向上やユーザーの利便性の向上などを挙げたが、前者については否定。現在、1機種あたりのソフトの開発費が大きく、そのために端末価格が上昇しているのが要因であると指摘した。さらに後者に関しては、デメリットのほうがむしろ大きいと述べた。

 こうした状況を踏まえ、松本副社長はSIMロック解除について、「情報不足だと感じている。今回の説明会を機に、改めてSIMロックの仕組みを知ってもらい、そのうえでユーザーに判断してもらいたい」と語った。また、「総務省が一方的に方向性を決めるのではなく、端末メーカー、キャリア、ユーザーそれぞれの声をまとめて、検討する必要がある」と議論の必要性を強調した。


【4月2日20時22分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000017-bcn-sci
 
   
Posted at 17:36/ この記事のURL
メガネいらずの3D液晶、シャープが発表 / 2010年04月03日(土)
 シャープは4月2日、裸眼立体視が可能な3.4型液晶ディスプレイを発表した。2D/3Dの表示切り替えが可能で、3D表示では専用めがねをかけなくても立体的に見える。携帯電話やデジタルカメラなどのポータブル機器向けに2010年度上期から生産を開始する。

【拡大画像や他の紹介写真】

 裸眼立体視ディスプレイでは一般的な視差バリア方式を採用した。通常の液晶パネルの上に独自開発の「スイッチ液晶」をはり合わせ、光の進行方向を制御。右目には右目用の、左目には左目用の映像だけが届くことで視差が生まれ、立体的な映像に見える。また、視差バリアを制御して光を透過させれば、左右の目に同じ光が届くため、通常の2D表示が可能だ。

 シャープは、2002年にも3D液晶パネルの技術発表を行い、2003年から数年にわたって3D液晶搭載の携帯電話やPC、PCディスプレイなどを実際に販売してきた。しかし、「決して成功したとは言えなかった」(シャープ常務執行役員液晶事業統括兼液晶事業本部長の長谷川祥典氏)。

 長谷川氏は、過去の3D液晶搭載機器が定着しなかった理由について、「表示品位が低い」ことに加え、「モジュール厚の制約」「3D表示が一方向」という点を挙げる。「スイッチ液晶を加えた液晶モジュールは厚みを増し、携帯端末のデザイン性を損ねてしまった。そして3D表示が一方向(横)にしか対応していなかったため、PDAには採用されにくい。さらにコンテンツの不在も影響した」。

 新開発の3D液晶は、輝度を従来の2倍にあたる500カンデラまで引き上げ、明るい場所でも3Dコンテンツを楽しめるようになった。解像度も向上し、従来は64〜83ppiだった3D表示を120〜165ppiまで向上させている。「視差バリアの高精度なはりあわせ技術と作り込みにより、くっきりとした立体表示が可能になった」。さらに、タッチパネルをスイッチ液晶パネルと一体化させ、通常のタッチパネル付き液晶と同等の薄さを実現している。

 発表会場には、3D CGアニメーションを表示するデモンストレーションにくわえ、3D液晶の応用としてレンズを2つ備えた立体デジカメを展示。撮影中も背面の3D液晶パネルには立体映像が映し出されている。

 シャープでは、2010年上期から、まずタッチパネル機能を省略したタイプから順次量産を始める計画だ。なお、一部報道は任天堂が2011年春に発売する3D対応の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」にシャープ製の3D液晶が採用される見通しと報じているが、長谷川氏は、「引き合いはいくつもあるが、具体的な企業名は控える」として回答を避けた。【芹澤隆徳】

【4月2日17時57分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000040-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 15:57/ この記事のURL
シャープ、裸眼で2D/3D映像が楽しめる液晶ディスプレイを開発 / 2010年04月03日(土)
 今回開発された3D液晶ディスプレイは、光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を応用して、立体表示させる「視差バリア方式」を採用している。

 従来この方式は、3Dに切り替えたときの表示品位が低いことが課題となっていたが、業界最高輝度を実現することによって、表示品位を大幅に改善。モジュールの厚みは、タッチパネル付きでも従来の2Dタイプと同等に抑えられている。

 シャープは、タッチパネルを搭載していないタイプも開発し、本年度上期から、タッチパネル機能を除いたタイプから順次量産を開始する。

【4月2日17時50分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000009-sh_mar-sci
 
   
Posted at 15:18/ この記事のURL
「有料道路課」が「高速道路課」へ名称変更---国交省 / 2010年04月03日(土)
国土交通省道路局で、高速道路施策を担当する有料道路課が、4月1日から名前を「高速道路課」に変更した。

[写真:高速道路料金所]

同課は道路法の高速道路のほかに、一般有料道路の施策も担当する。そのため有料道路課と名づけられたが、民主党政権下の高速道路無料化推進で「ウエイトとして、必ずしも有料でなくなってきつつもある」(同課担当者)と、課名変更に踏み切った。

同課は、高速道路施策としてその料金体系やETCを推進した担当課である。課員は約30人。名前の変更だけで、所掌事務に変わりはない。

ちなみに名称の変更は、昨年夏頃から課内で考えられてきたもので「大臣に指示されたわけではない」という。

《レスポンス 中島みなみ》

【4月3日1時10分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-rps-soci
 
   
Posted at 14:40/ この記事のURL
三菱自動車が電気自動車「i-MiEV」の個人向け販売開始、61万9000円値下げ / 2010年04月03日(土)
 三菱自動車は2010年3月30日、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の個人向け販売を4月1日から開始すると発表した。既に09年7月から法人などを中心に販売してきたが、車両本体価格を61万9000円引き下げ、398万円にする。

【詳細画像または表】

 2010年度も本年度同様に政府の補助金制度が継続されることを前提に試算すると、2010年度は1台あたり114万円の補助金交付が予想される。ユーザーが購入時に負担する金額は、実質284万円になる。

 日産自動車が4月1日から予約注文を開始する電気自動車「リーフ」は車両本体価格が376万円からで、補助金交付を受けた場合の実質負担額は299万円。軽自動車のi-MiEVが、コンパクトカーのリーフよりも値段を15万円安く設定した形になる。

 販売方式は、車両費用に加え、税金と整備費用等の一部などの車両維持管理費を含むメンテナンスリースが基本だ。三菱自動車販売店で安心・確実に点検や整備を受けられ、政府などの補助金の申請手続きをリース会社で実施するなど、個人ユーザーの負担を軽減できる。

 また、三菱自動車独自の「三菱アシスト24」による24時間365日のロードサービスを提供。全ての販売店で、電気自動車用充電設備(急速充電器または100V/200Vコンセント)の設置・開放を進めて、i-MiEVに安心して乗れる体制を整えている。

 2010年度の販売計画は、国内で約4000台。3月末時点ですでに自治体や法人、個人からの購入希望が約2000台分に達している。海外向けは約5000台出荷の予定だ。

(文/柳 竹彦=日経トレンディネット)

【3月31日1時42分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000000-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 13:25/ この記事のURL
GACKT初舞台眠狂四郎に南野陽子、嶋田久作ら出演 / 2010年04月03日(土)
GACKTの初舞台「眠狂四郎無頼控」の東京公演キャスト発表会見が4月2日(火)、東京・恵比寿ガーデンホールで行われ、南野陽子ら共演キャスト10人がお披露目された。

【関連写真】この記事のほかの写真


作家・柴田錬三郎の剣豪小説シリーズから生まれたニヒリズム、ダンディズムあふれる剣客ヒーロー、眠狂四郎(GACKTさん)の活躍を描く物語。常盤津の師匠・文字若を南野さん、狂四郎を慕う女性・美保代を杏さゆり、狂四郎と敵対する剣客・三雲迅雷を嶋田久作。ほかに田中健、徳山秀典、辰巳奈都子らが出演。スケジュールについても全国7都市102公演が決定。先に決まっていた東京、大阪、名古屋に続き福岡、札幌、仙台、広島、仙台の順で巡演することが発表された。GACKTさん以外は東京公演キャストとされている。

この日が初対面というGACKTさんの印象を南野さんは「隣に立っていて、とてもいい匂いがします。スターってこういうもの、そうでなくっちゃと思い出させてくれた。まぶしいです」とカリスマ性をひしひしと感じ取った様子。辰巳さんは「クールな印象だったのですが、いま、しゃべっている姿を見て、すごい、しゃべっているーって。すみません変な感想で」とGACKTさんを笑わせた。

102公演の長丁場をこなすGACKTさんは「この半年間、サムライとはどういうものか? と考え、肉体的にも精神的にも自分を追い詰めてみようと思いました。1日5時間トレーニングをして、いま、肉体は80%仕上がった。精神的にも同じ感動ではなく、感動が増えていく102公演をやりたいので、食生活を制限していまは野菜しか食べていません。眠狂四郎もいろいろな精神的抑圧をクリアしたと思う。いろんなストレスを楽しみながら日々生活しています」と準備万端の様子。

これまで故・市川雷蔵を始め、錚々たるスターが演じてきた役どころへの挑戦となるが「プレッシャーが全くないと言えば嘘になりますが、いろんな方がやられたことを意識してやろうとは思っていません。表現者として100%何をできるか、命がけで力を注ぎたい。比べてもらって構わない、ぜひ比べてほしい。GACKTの眠狂四郎がどういうものかを見てほしい」と決意表明。「自分の生き方を信じ、周りに流されることなく信念を持ち続ける。時に人を導く月のような存在。自分の生き方をそう考えていますが、狂四郎にも強く感じる」と狂四郎と自身を重ねた。

一方で、南野さんら華やかな女性キャストとの共演には「何日も一緒にいるんだと思うとドキドキします。女優の方々はそれぞれ形、色の違う美しい花」とデレデレ。「男性キャスト陣は殺気を帯びた方ばかりで野草というイメージ」と会場の笑いを誘っていた。

(photo/text:Yoko Saito)


【関連作品情報】
アーサーと魔王マルタザールの逆襲
 2010年4月29日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
 © 2009 EUROPACORP–TF1 FILMS PRODUCTION–APIPOULAÏ PROD- AVALANCHE PRODUCTIONS Images et Effets 3D–BUF
photos:Daniel Smith © 2009 EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION – APIPOULAÏ PROD- AVALANCHE PRODUCTIONS


【関連ニュース記事】
リュック・ベッソンも太鼓判のIMALU、声優に続き映画主題歌に初挑戦!
IMALU声優デビュー! さんま&しのぶに「10年間は褒めてもらえない」
神木隆之介&GACKT、ベッソンのラブコール受け『アーサー』続編キャストに続投
フレディ・ハイモア主演『アーサー』続編が仏で大ヒットスタート! 日本公開も決定 4月2日21時50分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000006-cine-movi
 
   
Posted at 12:48/ この記事のURL
東方神起ジェジュン、『anan』で語る恋愛観に中国ファン注目 / 2010年04月03日(土)
 新浪娯楽は1日、韓国の人気男性ユニット「東方神起」のメンバー、「ヒーロー」ことキム・ジェジュン(金在中)がこのほど、7日発売の日本の雑誌『anan』に登場したことを大きく報じた。

 報道では、ジェジュンが着用する白いシャツからのぞく胸元や腹筋をはじめ、上目遣いな視線などを「男の色気を感じる」と形容。また、ジェジュンが撮影に備えて行ったトレーニングや、前日の絶食などのエピソードを交え、当日の撮影が和やかに行われた様子を伝えた。

 報道ではこのほか、ジェジュンがインタビューで自身の恋愛観について語っていることにも触れており、「ファン必見」の一冊として紹介している。((編集担当:金田知子)

【4月2日22時52分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000069-scn-ent
 
   
Posted at 12:12/ この記事のURL
不動、紙一重でサスペンデッドを回避 / 2010年04月03日(土)
悪天候の影響により、スタートが3時間遅れ。その時点でサスペンデッドが予想された中、「ヤマハレディースオープン葛城」第1ラウンドは11時にスタートした。日没予定時刻は18時過ぎ。選手たちにとってはホールアウトをする、しないで翌日のスケジュールがガラリと変わるため、そのボーダー上にいる組は逸る気持ちでいっぱいだ。

【関連リンク】 人気選手を続々アップ! フォトギャラリーはこちら

この日、最後にホールアウトできたのは、暫定ながら2位タイで終えた不動裕理の組。夕闇が迫り視界も悪くなる中、最終18番でティショットを打った直後にサスペンデッドの合図が。その後もホールアウトを目指し、「ちょっと走りました」とペースアップ。真っ暗になる前に、無事ホールアウトを遂げた。

開口一番、「ホールアウトできました!」と笑顔を見せる不動。この日ホールアウトできなかった27人は、明日の8時に合わせて一斉に第1ラウンドを再開する。第2ラウンドの開始は9時40分。不動は11時19分のスタート予定となっており、わざわざ1ホールをプレーするだけに早くコース入りし、さらに長い待ち時間を過ごす煩わしさは想像に難くない。

最終18番は5メートルのバーディパットが残ったが、「ラインが見えなかったので、2パットでいいと思ってた」と、バーディを逃してもご満悦。選手によっては、最後の貴重な1パットを翌朝に持ち越す選択もあるかもしれないが、そこはかつて常勝を誇った不動の余裕!?(編集部:塚田達也)

【関連リンク】
古閑が暫定ながら3アンダー単独首位スタート!
不動裕理のスイング分析
不動裕理のプロフィール
不動裕理「私はガツガツしていた?」 4月2日21時2分配信 ゴルフダイジェスト・オンライン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000007-gdo-golf
 
   
Posted at 10:35/ この記事のURL
「SIMロックに対する議論は勘違いだらけ」――ソフトバンクモバイル取締役副社長 松本徹三氏 / 2010年04月03日(土)
 「SIMロックに対する議論は勘違いだらけだ。総務省は何をやりたいのか?SIMロックの禁止なのか?それともSIMロック解除端末も併売し選択させることなのか?」。ソフトバンクモバイルの取締役副社長 松本徹三氏は2日、「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する当社の考え」と題する会見を開き、総務省によるSIMロック解除に向けた議論を批判した。この会見は、同日開催の総務省による「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する公開ヒアリング」に合わせたもの。

会見内容詳細

 SIMロック解除の主な利点として挙げられる「端末メーカーの国際競争力向上」と「消費者の利便性向上」について同氏は、「世界市場での日本端末メーカーの不振はSIMロックとは無関係だ。消費者の利便性についてもデメリットの方がはるかに大きい」と語った。

 同氏は、世界市場に進出するならば、既存の国内端末を流用するのではなくその市場の要求に合った端末を作る必要があるため、国内でのSIMロックの有無は関係がないと述べた。また、フィンランドのノキアや韓国のサムスンなどを引き合いに出し、国内市場での成功がなくとも投資によるブランドづくり等で世界市場で成功できると語った。

 そのうえで日本メーカーの世界市場での不振の原因を、日本独自の携帯用OS作られなかったため、ソフト開発費が巨額化し、1台あたりの端末開発の負担が増えたためとした。

 また、SIMロック解除により消費者が1つの端末でキャリアの乗り換えが容易になるとされている点については、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きいと語り、以下のような理由を挙げた。

1. 端末価格の値上がり
 SIMロックを解除して1つの端末を全てのキャリアで使えるようにするためには、端末メーカーが異なる通信事業者のネットワークで動くように端末を製造しなくてはならない。実際には事業者によって周波数やセンター設備でのサポートの仕方などが異なるため、メーカーはそれぞれのネットワークに対して動作環境をテストしなくてはならなくなり、多大な時間とコストがかかる。その結果端末価格を値上げせざるを得なくなる。

2. キャリアによるサービス、サポートの低下
 ユーザーによるキャリア間の行き来が自由になると、サービスに関して問題が起きた場合責任の所在が不明確になる。ユーザーは問題が起きたら複数のキャリアやメーカーに問い合わせざるを得なくなる。つまりたらい回し状態となる。また、他キャリアへ移行した場合のサービスの違いなどを細かく説明しなくてはならなくなり、販売員の負担が増す。氏は「店頭説明の責任というのは重い」と強調する。

3. ネットワークに対するコントロールの低下
 いままでの音声通信に加え、多量のデータが送受信されるようになるにつれて、ネットワークのパンクを防ぐため、キャリアが自社のネットワークをよりコントロールする必要が出てくる。具体的には、一定環境下では、3Gネットワークではなく、まずWiFiを利用するなど仕組みづくりをしなくてはならない。サービスが1つの事業者に統合されていなければこのようにネットワークをコントロールすることができない。たとえばハンドオーバーなどの仕組みをどう実装していくかなどの問題も残る。

4. 料金面の負担増
 キャリアは、ユーザーが自社の通信回線を使ってもらうことを前提に、端末価格を設定しているため、ユーザーが自由に他のキャリアに乗り換えられるようになると、採算が取れる端末価格の見極めが難しくなり、高めの値段に設定せざるを得なくなる。端末代の支払いが24カ月後に終了した際に、SIMロック解除を可能にすべきとの意見もあるが、それで上記の問題が解決しても、各ネットワークに対応した端末の製造コストや、キャリアによるサービスの低下などの問題は残る。

5. 犯罪の助長
 現在購入した端末のSIMロックを外し国内外で売り捌くというようなケースが多発しているため、ソフトバンクとしてはこのような犯罪を防止するためSIMロックを一層強化する方向で検討していたが、SIMロックが強制的に解除されることによって、このような犯罪を助長することになる。

6. 基本的な問題
 現在W-CDMA方式やCDMA方式などキャリアごとに異なる携帯電話規格が採用されており、これが次世代規格のLTEで統一されるとSIMフリーの実現も容易になると言われているが、仮に各キャリアのシステムがLTEに統一されても、周波数の違いがあれば、音声通話などの基本サービスすらできない。

 上記のような理由を挙げた上で、松本副社長は「総務省などでSIMロックの問題が議論される際、このような事情が言及されることはなく、当事者であるメーカーへの聞き取りも十分に行われていない。深い議論なしに思いつきレベルで本当にSIMロックが全面解除となったら日本経済は崩壊する」と述べた。

 また、2008年から導入された割賦販売制度によって、08年度のソフトバンクの携帯国内出荷台数が大幅に落ち込んだ件に言及し、「SIMロックを解除することによって販売台数や売上がさらに落ち込むのではないかと懸念している。経済にも悪影響を及ぼす可能性がある」と語った。

【4月2日20時16分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000033-rbb-sci
 
   
Posted at 09:59/ この記事のURL
メガネいらずの3D液晶、シャープが発表 / 2010年04月03日(土)
 シャープは4月2日、裸眼立体視が可能な3.4型液晶ディスプレイを発表した。2D/3Dの表示切り替えが可能で、3D表示では専用めがねをかけなくても立体的に見える。携帯電話やデジタルカメラなどのポータブル機器向けに2010年度上期から生産を開始する。

【拡大画像や他の紹介写真】

 裸眼立体視ディスプレイでは一般的な視差バリア方式を採用した。通常の液晶パネルの上に独自開発の「スイッチ液晶」をはり合わせ、光の進行方向を制御。右目には右目用の、左目には左目用の映像だけが届くことで視差が生まれ、立体的な映像に見える。また、視差バリアを制御して光を透過させれば、左右の目に同じ光が届くため、通常の2D表示が可能だ。

 シャープは、2002年にも3D液晶パネルの技術発表を行い、2003年から数年にわたって3D液晶搭載の携帯電話やPC、PCディスプレイなどを実際に販売してきた。しかし、「決して成功したとは言えなかった」(シャープ常務執行役員液晶事業統括兼液晶事業本部長の長谷川祥典氏)。

 長谷川氏は、過去の3D液晶搭載機器が定着しなかった理由について、「表示品位が低い」ことに加え、「モジュール厚の制約」「3D表示が一方向」という点を挙げる。「スイッチ液晶を加えた液晶モジュールは厚みを増し、携帯端末のデザイン性を損ねてしまった。そして3D表示が一方向(横)にしか対応していなかったため、PDAには採用されにくい。さらにコンテンツの不在も影響した」。

 新開発の3D液晶は、輝度を従来の2倍にあたる500カンデラまで引き上げ、明るい場所でも3Dコンテンツを楽しめるようになった。解像度も向上し、従来は64〜83ppiだった3D表示を120〜165ppiまで向上させている。「視差バリアの高精度なはりあわせ技術と作り込みにより、くっきりとした立体表示が可能になった」。さらに、タッチパネルをスイッチ液晶パネルと一体化させ、通常のタッチパネル付き液晶と同等の薄さを実現している。

 発表会場には、3D CGアニメーションを表示するデモンストレーションにくわえ、3D液晶の応用としてレンズを2つ備えた立体デジカメを展示。撮影中も背面の3D液晶パネルには立体映像が映し出されている。

 シャープでは、2010年上期から、まずタッチパネル機能を省略したタイプから順次量産を始める計画だ。なお、一部報道は任天堂が2011年春に発売する3D対応の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」にシャープ製の3D液晶が採用される見通しと報じているが、長谷川氏は、「引き合いはいくつもあるが、具体的な企業名は控える」として回答を避けた。【芹澤隆徳】

【4月2日17時57分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000040-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 09:23/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!