強い罪悪感から開放

October 14 [Mon], 2013, 11:51
まさに紙一重なのである。
アウグスティヌスは神に帰依し、
また様々な見識と洞察を用いて、
強い罪悪感から開放された
その反対に鬱屈とした魂の持ち主は強い罪悪感に耐え切れず、
ついつい犯罪にはしる。
やはり、
そこでも倒錯が起きるのである。
中世ヨーロッパにおいて、
カトリック教会は絶対的な権力を持っていた。
魔女狩りや笞刑が頻繁に行われたのはこの倒錯のせいである。
彼らは自らの罪悪感に耐えかね、
過激な行動をしたのである。

また行動心理学と遺伝学は密接に連関している。
人々はあくまで環境素因の影響を遺伝素因の影響より大きいと考える。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hw1608s
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hw1608s/index1_0.rdf