櫛田だけど健一

June 02 [Thu], 2016, 15:55
普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。
働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する介護士も大変多いようです。
結婚、出産、そして育児がスタートしたらいつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。
けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてもう一度介護士として働くことを希望する人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。



転職活動の場面においては、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、注意すべきことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をどのように記入するかです。

どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。介護施設などで介護士という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも少なくないでしょう。お仕事に関する失敗だけでなく患者さんとのトラブルなどもあるのです。



そうはいっても、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと思うことはいっぱいあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。



あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、好意的な印象を与える仕事であると思います。

とは言え、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。

たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。

休みを自由にとれて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選んで働ける、等などがあえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。単発の仕事あり、短期のものもあり、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。
ですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


卒業を控えているのに、介護士の就職先が見つからずに失敗が続くという場合、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。

求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、介護施設が裏で採用に関する制限をあらかじめ決めている場合もあります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。

仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を持っているということは大きな利点であり、介護士であり続けるためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、介護士の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。


俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。

それは協調性の高さの表われでもありますが、あれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。



慣れていないと、そんな環境にあまり良い気分もしないでしょうが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。
介護士の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。

普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、決められた労働時間以外の業務もあったりして仕方なく残業することも日常茶飯事です。それでも、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって笑顔で患者さんやご家族とは接しています。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士はさながら女優だなと感じます。

介護士として働く人は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。それにプラスして、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。



入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、業務を行なう上で必要な事柄を直接、顔を合わせて話します。


大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう報告しなければなりません。

あまり時間をかけず、要領よくこなすということもとても大事なことです。
ハードさで知られる介護士の仕事です。

そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、多くの介護士が自然な生活のサイクルを失い、そのうちに体調を崩すこともあるのです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲労はたまる一方であり、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い巡らすようなことになるのです。妊娠している可能性のある介護士には、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。

X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。もう一つ、薬のことも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、軽く考えない方が良いでしょう。

そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。

それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。
介護士資格の最大の利点は、つまるところ、たとえブランクがあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。

これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、現場の人手不足の問題が大きな原因といえます。


どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合により五十代でも復帰できます。

食い逸れる心配の少ない人気職、介護士を目指すには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、そう難度の高いものではないということです。

そして、介護士を育てる専門機関は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学や学部の人気が高まっているようです。いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


介護施設は24時間休みなく動いていますから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。



そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。こういった勤務形態ですから、生活リズムを上手にコントロールできなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。
皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。


詳しく見てみると夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。
ですので、介護士としてより多く稼ぎたければ、日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。

この夜勤があるかどうかによって給料の額は違ってきます。

介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。


夜勤もありません。
勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。

勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは介護施設や、診療科によっても違います。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。



この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。

ところで、エッセンという言葉ですがこれは、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。何であれ今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。


ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、近年においては一段とお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。

ということはつまり、介護機関で働く介護士に関しても大勢が働いているべきなのに、実際には、人手不足が深刻です。
でも、人手が足りていないというのなら、それは、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、介護士にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。


休みが不規則なイメージのある介護士ですが、職場次第でカレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。

交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。

何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。



あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、これは多くの介護施設で行われるようになっています。介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。

月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という介護施設もあります。



介護士は、こうして定期的な評価を受けることで、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。

昨今の介護士不足は社会問題に繋がっています。原因としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。

近年、介護士の介護行為が解禁されたことで介護士にかかる負担が増え、労働時間も長くなりますから、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。


勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に職を辞する人も多いのです。


常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

なので、子育てと両立させながらそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。
子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。



働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、勤めている職場の人間関係の問題や交代制による不規則な勤務形態があります。

一般的に介護士の多くが女性なので、人間関係のもめごとが多い職場も少なくないのです。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。



夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して収入が少なくなることが多いようです。現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。

出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。


その際ですが、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。


多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうしたケースは、実際にとても多いようです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。平均的に離職者の多い介護士という職業は、どうしても転職率も高い数値になります。



こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが多種多様に存在しています。このような転職サイトを活用すれば、手際よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事で忙しく働く介護士にはうってつけのサイトです。

たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用して、より良い転職先を見付けましょう。介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。女性のケースでは、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。素顔の時ともまた違っているので、雰囲気がガラッと変わると思います。


皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。



会社員も会社によって給与が違うように、もちろん、介護士も同様です。



総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では収入に差が出てしまいます。

ですので、介護士だからといって平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヤマト
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hvynmhowteerol/index1_0.rdf