バトラーの只野

July 12 [Tue], 2016, 22:53
注文住宅を建てたり新築を購入する際は、天然木の無垢板や自然素材を多用した住宅のメリットを正確に見極めることが大事です。

つらいシックハウス症候群の心配も無用で、古さを感じさせないデザインなので、最近は若い層に人気が高いのです。


これから居宅を売ろうとする場合、それらの美しい建材が状態良く保たれていたら、立地や年数が同等の物件と比較してもかなり良い値段がつくでしょう。
本当に価値のある素材を使った家は簡単に価格が落ちるものではないのです。

家を売る気持ちが固まったら、売値を決める前に不動産会社に家の状況を見て査定してもらうのが常ですが、土地はともかく、建物の査定額は築年数がモノを言います。立地や希少性、人気などにより差は出るものの、築年数が10年、20年ともなれば建物の値段は急激に落ちていきます。

新築時は土地と建物の双方に価値があるのが一戸建てですが、築年数が上がれば極端な話、建物の評価額はゼロで、気がついたら売値は土地の値段だけだったなんてことも少なくありません。

納得のいく取引のためにも、家の売買を安心して任せられる不動産業者を見つけましょう。

プロでも営業的に弱いところ強いところの差はありますし、結局2割ほども安く売ってしまったなんてこともあるのです。

PCが使えるようでしたら、ネット上に一度の入力で何社でも一括で見積りを依頼できるサイトが幾つかありますので、できるだけたくさんの企業から査定を出してもらった上で、金額や対応などの様子を見ながら良さそうな会社を選びましょう。

土地や家屋を売却する際も、すぐ購入希望者が現れれば別ですが、売れずに時間だけが経過していくこともあります。もしそんなに時間をかけられないのであれば、もし3ヶ月経っても売却に至らない場合は、販売価格の見直しを行うか、仲介する不動産会社を変えるといった措置も必要になるでしょう。媒介契約は3種類ありますが、いずれも法律で期間は3ヶ月と決められていますが、売値を変えて再契約しても良いですし、別会社にしても構いません。

借金の担保になっていない家を売買するのなら気にする必要はありません。ただ、債務を完済していない状態での売買となると厄介です。

基本的に抵当権が設定されている土地家屋は所有者の意図に関わらず売ることができません。


しかし任意売却という手段を使えば、特別に売却が許可されます。債務者と借入先金融機関との橋渡しとしてプロの仲介者を頼み、通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。
ローンの返済が困難なときでも競売を避け、高く売る一番有益な選択と言えるでしょう。

実家が不動産屋などの特殊なケースは除き、一般的には住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、いくらで販売するかを決定し、売買の仲介を依頼する契約書にサインします。査定は当日中に済みますが、契約書を用意するのに一日から数日かかることもあります。
肝心なのはどの位の期間で買い手が決まるかですが、その地域でのニーズや物件の状態、価格等にもよるでしょう。しかし宅建取引業法の規定により、不動産業者と結んだ媒介契約は契約日から三ヶ月と決まっていますので(再契約可)、その間に買手がつくよう計画立てていくと良いでしょう。

あとになって良い取引だったと思えるように、これから家を売ろうというのであれば、注意すべき点があります。



自分で物件相場を調べたうえで、かならず幾つかの不動産会社から見積りをしてもらうことです。
どんな品物でもそうですが、相場の理解がなければ、業者の提示額が適切なのか不適切なのかの基準がないからです。
高く売れたはずの物件を安く売ってしまって家族内で揉めたケースもありますし、ネットを利用して相場観をつかんでおきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soma
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hvueoayghwikes/index1_0.rdf