サボりすぎた 

August 31 [Thu], 2006, 19:27
サボりすぎて何が書きたいのかさえわからなくなってきた。
小説アップしたいけど保存してあるソフトをどこかにやってしまった。
もしかしたら小説打ち用(に勝手にしてる)pcの中に入っているかもしれない。
昨日いじったけど見なかったな。二階(自分の部屋)にあるから探す気にならん。
だめだ、話にならない・・・(今更)


そしてでぃぐれを読んで最近かなり思うこと。
リナリーは年中無休でヒール高いブーツはいてるけど外反母趾は平気ですか?私はナリ気味です。
めちゃくちゃ痛いらしいので気をつけてね。
・・・・・リナリー、私最近あんたのこと大嫌い。
神田リナリーのこと抱っこしてたよね。神田の腕はアレンのためにあるんだよ?
ティキにやられちゃえば良かったのに・・・・(チッ)

サボリにつき反省 

August 12 [Sat], 2006, 19:41

最近るろ剣の小説にもはまり中。
こっちはノーマルカプで。なんでだろう。BLのるろ剣は・・・なんかむさい?たいして萌えない。

蒼紫×操ちゃん激萌え。書きたいんだけどまだなんかキャラがつかみきれてない気がする。。。
保留かな。

話のネタがないなぁ 

July 30 [Sun], 2006, 19:53
昨日、家族(父上抜き)で横浜中華街遊びに行ってきたんですよ〜。
本当は海行くはずだったのに、父が腰をやってしまったらしい。恨むぜ、お父さん(笑)

チャイナドレスの宝庫でした。すきから見てて楽しかったなぁ。
やっぱり、リナリーちゃんは可愛いよね。神田とアレンとラビ以外なら譲れる気がするよ。(殆ダメじゃん)うん、やっぱりリナリーちゃんは可愛い!コムイさんがシスコンになるのも分かるよ。
可愛いもんね。

今日も海に言ってるはずだったのに・・・・!(くどい)
暇だから、古本屋に同人誌あさりに行って来ましたよ!
いやー。一人で行くと笑いこらえるのがめちゃくちゃ大変。やっぱこらえらんなくて、ニヤニヤしてただろうな・・・(キモッ)監視カメラついてたから絶対写ってるよぉ・・・・。
2時間くらい読んでたから、チェック入れられちゃったかも(嫌な客だな)
そんで何も買わないで出てきた。まぁ、金がすっからかんだったからさ。
神田、可愛かったなぁ・・・v受けもいいけど、やっぱ顔つき的に攻めだよね。
ラビも攻め、アレンたんは受けだよ。クロス×アレンいいよ。はまりそう。

はぁ〜、いつか桂さんが書いた笑った神田が見てみたい。
一度は笑ってくれるかな・・・・。

あーもう 

July 26 [Wed], 2006, 21:42
明日じゃん!
アートギャラリー・・・。
今日急いで書き上げた。背景が凄いことになっている・・・
下書き2分、水彩で色塗り3分てところかな。

まぁ、どうでもいいや。誰に見られようと、関係ないし。

ていうか、そんな絵なんてどうでもいいんだよ。

小説だ、小説!!
激しく書きたいネタがある。でも、かなり迷う。

アレンとーユウさんちーラビットさんがー三人兄弟でー(もちろん義理。神田だけ日本人だし)
アレンたん末っ子にしてー、で、こっから問題。

ラビと神田、どっちを長男にするか・・・orz
あれ、ともに18だったよね。で、神田の誕生日6月6、ラビットさんの誕生日8月10・・・。
神田の方が年上だけど、でも・・・神田が上って・・・。
絶対ラビのほうが長男務まると思うんだよね。

あー・・・、でもあたしってぇ 現実主義者だしぃ?(ウザイ系)
マンガのキャラでBL書いてる所から現実主義じゃないって?
知らないね。そんなの・・・・orz

あーもう!迷いすぎて寝れないYO!

やーだー 

July 25 [Tue], 2006, 21:23
夏休みとか休日練習なさそうだなーってのを狙って美術部はいったのに!!!
5日まで ぶっ通しだよぉっっ・・・・
あー・・・やってらんねぇ・・・。
しかもなんか27日にアートギャラリーとか言うのあって、一人一作絶対・・・。
やばい!書いてないよ!?いや、書きはしてるんだけどさー・・・いい作品がなかなか・・・。
水彩 苦手。色鉛筆も鉛筆もパソコンも苦手。(何ならいいんだ?)

絵の才能ないんです。

知ってましたよ・・・。そんなの・・・っっ。
いまだにマンガのコマ割できないよぉ・・・っ。(しらねぇよ)

てゆうかぁ〜アレン君の左腕。未だに書く気がおこらない・・・書けないんですけど。(←正解)

ゴスロリメイド 

July 24 [Mon], 2006, 15:55
アレンがゴスロリメイドで神田のことご主人様ーって言ってたら可愛いだろうなぁ・・・(ゲヘ)

それよか、アレンと神田の歳の差を感じさせる小説が書きたい・・・。
いいよね!歳の差!!3つ離れてるんだよね〜。うわっ神田かなり格好いいじゃん!!!
やばっ・・・顔の筋肉が緩む・・・っ。やっぱ、酒とか??いや、でも神田も18なんだよね
六月に19になったけど、永遠の18歳だよね!!?

るろうに剣心 

July 21 [Fri], 2006, 17:19
塾の先生に借りてきました。
D・グレ貸したからお返しにって。28巻まで一気に。
前から読みたかったものだから嬉しいvv

そして、私は読んでいるうちに気づいた・・・。
剣心君は・・アレンにそっくりだ!・・・と。
左頬の傷を
に変えたら、多分剣心君は十分アレンに見えると思われる。

いつも使ってるペイントソフトが壊れてるから、剣心君を改造(ぇ)することはできないけど・・・。
直ったらやってみようと思う!!

神田!今日も可愛いよ!!!!

夜更しがしたい 

July 19 [Wed], 2006, 20:11
と、いつも思う。
いや、できるんだよ。ずっと起きてる事くらい。

書きたい小説のネタがいっぱい溜まってる。
夜更かしして書きたい・・・・orz
この世に肌荒れというものがなければ・・・・。
結構な肌荒れ体質な私。皮膚科通ったり結構最近落ち着いてきてるんだけど。
兎に角集中的に鼻の周りなんだよね〜。

なんか、マンガだから仕方ないんだけど、神田とかって、カナリ肌キレイそうじゃん?
いや、キレイじゃん。色白っぽいし。(←妄想)
肌荒れ・・・・対策法あったら教えてちょんまげ。


別に金がないとか、そういんじゃないんだけど。
美容院行くのってキライ。なんか美容師がウザイ。餓鬼だからってタメ語で話しかけて来るやつとか。
だから、結構シャギー入ってた自分の髪を鋏で切り落とした。
結構肩ちょっと下までの長さでパツーン。別に髪型とかどうでもいいし(笑)
しばっちゃえば一緒だもんねーだ。

伸ばしたいとは思うんだけどさ。
なんか邪魔になって。だからザクっとね。高校までに伸びればいいよ。
まだ中1なわけだし。
やったー明日で学校終わりだー!!
式の後は、オタク仲間で遊んできますわ。私の学年、腐女子率が高い・・・・。

でも、神田とラビどっち好き?って聞くと、皆ラビってんだよね〜。
神田派は私しかいなくて結構寂しい(笑)

海 3 

July 18 [Tue], 2006, 22:06
「見て、神田」
「?」
「貝殻・・・・。」
「あぁ・・・綺麗だな。」

アレンの手から貝を摘み上げて 顎を少し上げ気味に、貝を目線少し上に持っていく。
夕日のオレンジが ピンクの貝殻から透ける気がした。
透けているのか 只の錯覚なのかは 知ったこっちゃ無いけれども。

「ん」
貝をアレンの手に戻そうとしたとき、目が合った。
恥ずかしくて 逸らしたくなったけど 逸らせない。
五秒ほど 見つめ合ってから どちらからともなく 唇を重ねた。
触れるだけの 子供みたいなキスだけど・・・・・。それで十分だ。


「神田、トンネル掘りましょうよ」
「はぁ?やだよ 面倒くせぇ」
「・・・・そうですか・・・」
「〜!!!///分かったよっっ!!!」

つくづく 甘い!!!!

波打ち際で 黙々と砂を掘る。
アレンが何を考えるのかは いつも良く分からないけど。
だけど、 従えば何かしらある。


「ふぅ〜・・・もうちょっとで開通ですね!!!」
「わかんねぇ」
「もうすぐですよ・・・・あ!!」

手と手が 触れ合った。
互い、 同時に顔を上げて 笑い合う。

「神田 小指伸ばして」
「・・・・?」

伸ばされた神田の小指に 自分の小指を絡ませて・・・


      「運命 赤い糸   なんちゃって(笑)」


           「バーカ」

そう言って笑い 繋いだ小指と小指を もう一度強く繋ぎ直した。

二度と 離さない。 離したくない・・・・。
赤い糸 続く どこまでも。

         海の底まで。 空の果てまで・・・。
 




             永遠を 願う。

海 2 

July 18 [Tue], 2006, 22:05
電車に揺られる事約三時間強。
やっと海が見えてきた頃には 気温も昼よりは多少下がり、空が憂いオレンジを帯び始めている。
言いだしっぺが隣の席で眠って居やがる。きっと あと一駅 二駅でつくだろう。
でも、ギリギリまで寝かしてやろうと そう思ったのは こいつだから。
今日はなんだか少しおかしい。可笑しい。

         笑いが 「笑み」 に変わった気がした。


トンッ・・・・・と自分の肩にアレンの頭が乗っかった。
不快は感じない。むしろ 快く迎え入れる。
柔らかい白髪に 指を通した。

「・・・・ん・・・。神田・・・・」

ゆっくりと眼を開けると 電車に乗り込んだときとは随分変わった空の色。
「あ、悪い 起こしたな。あと一駅でつくぞ」
「・・・いえ、全然・・・。!すみません!肩!」
「構わない」
「プライベートで海来るのって・・・・、何年ぶりだろう・・・・」
「さぁ・・・・な・・・」

電車が止まった。
目的の駅だ。

「あ〜・・・でもまだ少し暑い・・・・」
「蝉もうるせぇな」

駅を出て少し歩く。
「あ、ここでいいじゃないですか。綺麗だし・・・」

夕日のオレンジ色が水面に反映して、キラキラキラキラとめまぐるしいほどにひかっている。
思わず 見入ってしまう。隣に居る神田も 見とれている。
珍しい・・・。神田ってこんな表情するんだ・・・。
日の光の関係もあろうか。その表情は 淡く 儚げで 海よりも ずっとずっと美しくて・・・。

「人の顔凝視すんなよ。気持ちわりぃ」

苦笑しながら言う神田。
知ってますよ。その暴言が 「照れ隠し」 ってこと位。

「神田はかわいいですねぇ」
「帰るぞコラ」
「さ、下降りましょうか。」


ザザ・・・・寄せて 引いて 寄せて 引いて・・・・。
リズム良く それを繰り返す波。
懐かしい・・・・・・。そう感じた。
なんとなく 足元に目が行った。ピンク色の貝殻が落ちている。
腰を屈めて、拾い上げる。小さいけど 形も綺麗に整っている。
P R
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ミホリン
» るろうに剣心 (2006年07月22日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:huzyosisatsuki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる