妄想族 

February 09 [Sat], 2008, 0:24
旦那さんになる人は、子どもを一番に愛せる人がいい。私より、子どもを一番に愛して欲しい。二人で、宝物の為に、命をかけて守ろうね、と誓えるような人。私は二番目の中の、一番で。笑

そして、仕事が忙しい人がいい。平日は朝早くに出て行って、夜遅くにクタクタになって帰ってきて、土、日はゆっくりできるような仕事してる人。仕事一筋!!って感じではなく、愛する家族を守る為に頑張るってスタンスで。

仕事だけでなく、土、日を使って、自分の趣味を楽しめる人。自分の世界を持ってない味気ない人はイヤ。でも、月に一、二回は家族の相手をして欲しい。自分の趣味ばかりするのはヤだ。家の父親がそうで、ちっちゃいころは物凄く寂しかったから、子どもにはそんな思いさせたくない。(おそらく私のファザコンの原点ここにあり。)月に一、二度家族でピクニックとか理想(*≧ω≦)♪


私はそんな旦那さんに尽くす奥さんになりたいな〜
毎日クタクタになって帰ってくる旦那さんを笑顔で迎えて、美味しいご飯つくって(料理嫌いだけど頑張る)、住みやすい環境整備して。子どもがまだいなくて相手が嫌がらなければ、一緒にお風呂入って体も洗ってあげたいかも。笑 普段は甘えさせてもらって、でも旦那さんが仕事で病んでたら、優しく包んであげられるような奥さんになりたいな〜。


子どもにはね、お父さんは貴方達を守る為に、頑張ってお仕事してるんだよ。感謝しなきゃね。って言って、父親の背中と、自分の感謝したり、子どもや旦那さんを慈しんだりする姿を見せて、育てたい。

感謝すること、慈愛の心。その大切さだけは、何があっても絶対に子どもに伝えたいな。

あとは、人に迷惑をかけてはいけないこと。家の親は、電車やレストランで私や妹が泣きだしたりすると、すぐに外に出てく人だった。そういう意味合いでの、人に迷惑をかけてはいけません、私達は、世界の一部なんだから、相手を気遣わなくちゃいけないのよ。自分中心になってはいけません。と伝えたい。

だけど、信頼関係を築ける人になってほしい。一人で生きてくことがいいことには思えなくて、信じた人に弱さを見せて、上手く頼ることができるようになることが、ほんとの強さなきがするから。精神面では、おおいに迷惑をかけ、迷惑をかけられなさい。一人でなんか、生きてないのよ。と伝えたい。

自分のことも大切にできる人になってほしい。自分が潰れてしまっては、人を助けることはできないの。自分がいて、始めてそとの世界と関わることができるのだから、自分のことは、大切にしなさい。と伝えたい。

勉強はねー、やっぱり進路によって、ある程度選択史が狭くなっちゃうから、ある程度はちゃんとして欲しいな。ちゃんと教養や学歴を身につけたら、あとは自分のやりたいことをやって欲しい。人に迷惑をかけないのならば、あとは、貴方の自由にやりなさい。貴方の人生なんだから。と、いえるようになりたい。



家のこととか、お茶のこととか、現実を全くの無視の理想 。

現実無視して、理想を思い描けるのが、若者の特権だと思う☆
実際家庭持ったり、一つ一つ現実になっていったら、こんなこと言ってられないだろうし。

私は、自分の為だけに生きる人生では、介護をやりたいし、家庭を持ったら家族の為に生きたい。ようは、人の為に生きることが、自分の生きがいでそれが幸せみたい。それが自分の為。そういう人間みたい。

自分だけの為に頑張るのって、なんか、寂しくない?って思う人間だしね。

タイプ 

December 04 [Tue], 2007, 23:42


人の目を気にする人がいる。良い評価を生きがいに。悪い評価は自分を磨くエネルギー。

人の目を気にしない人がいる。他人の評価に左右されることを、虚しいことと思い、自分の価値観を頼りに生きたいと思う人がいる。

人から離れたものを頼りにする人もいる。宗教とか崇拝してる人とか。封建制度の中に生きてた人とか。自分から遠く離れたところに絶対的な世界を築き(もしくは強制的に築いてあり)、現実世界にも反映させようとする(現実にも強制されていた)人がいる。


一番目の人は、人と自分との間の距離がほとんどない感じ。
二番目の人は、人と自分との距離をはっきり区別しすぎてる感じ。
三番目の人は、人と世の中との距離が全くない感じ。


どれも、自分が生きていく為に、プラスの力に変えていけるエネルギーになるならいいと思う。


ただ、一番目は、ある程度社会の常識として、同じ評価の価値がある三番目に近い世界じゃないと、難しい気がする。今みたいに、個人が尊重されて、多種多様な考えかたが認められている世の中じゃぁ、皆から認められるなんて無理だから、人の目を気にすれば気にする程、苦しくなるんじゃないかなぁ。



そして、どのタイプも否定はしないけど、自分の価値観を押し付けるのは甚だ迷惑。
自分の中の真実が相手にも真実であるわけじゃないと思う。
人の数だけ、切り口の数だけ、真実はあるんだと思う。


そんな私は、独りよがりな二番目のタイプ。

後悔 

November 30 [Fri], 2007, 0:03
ごめんごめんごめん

自分に余裕がなくて、言いたくもないこと言ってしまう・・。

ごめんごめんごめん

ちょっとしたことで物凄くイライラしてしまう。

ごめんごめんごめん

こんな私で、貴方が離れて行っちゃったら、

どうしよう。

後悔ばかりが残る。

貴方と話して癒されて。

だけど、自分に自己嫌悪。

まただ・・・ 

November 29 [Thu], 2007, 23:53
胸が痛い・・

息ができない・・

苦しい。


どうして私はこんななの。


もうヤダ・・誰か助けて。


ううん、解ってる。

誰にも助けられない。

自分以外の誰にも。

最近 

November 04 [Sun], 2007, 0:30
最近、

私のどんなとこが好き?

って聞かなくなったのは

本当に貴方を

愛し始めたからかもしれない。


最近、

あなたの携帯に興味を示さなくなったのも、

恋より愛が

強くなっているからかもしれない。


ずっとずっと

一緒にいれたらいいなー

そっと・・・ 

October 18 [Thu], 2007, 0:50
この蓋を開けたら
又傷口が開く。

だけど、
自分の中の悪魔が誘惑するの。

開けてみてご覧。
って。

いやだ。

負けたくない。

どうかそっとしておいて。

どうか、そっと・・・

 

October 10 [Wed], 2007, 14:31
世の中には、
いろんな誘惑やまやかしがあって、
ほんとに大切なものを
見失いそうになることがある。

だけど、今貴方を想う、
気持ちは本物かな。

恋じゃないの。
愛なの。

理想の誰かを好きじゃないの。
ありのままの貴方が好きなの。

ずっと今と同じ貴方でいてほしいんじゃないの。
一緒に成長していけたら、いいね。

私のものにしたいんじゃないの。
共に、歩みたいの。

縛り付けたくないの。
貴方を尊重していきたいの。

貴方の代わりは、他にいないの。
貴方は、私の一部みたい。

今の私に、貴方以上は
いないでしょう。

今の私の、一番の愛。

善悪 

September 15 [Sat], 2007, 22:28
何が善で
何が悪?

そんなの私には分からない。

規則で決められてるから
それが悪?

だけど、
道徳的に考えたら、
それが善の時だってある。

何かを全力で守りたい。
その心は善ですか?

でも、善を守る為の行為が
社会の中では悪になったりする。

私には、
何が善で
何が悪だか分からない。

大切なのは、
何が一番大切か。
何を一番守りたいのか。
その為に、何ができるのか。

だと思う。

お腹。 

September 13 [Thu], 2007, 1:12
 明鏡止水
そんな境地にあこがれたけど。
澄み渡った穏やかな境地に
いつかなれると思ってたけど。

それは無理なことだったかな。


心の中には、
いろんなものが沢山あるんだ。

邪気も無邪気も
沢山あるんだ。

そしてそれら全ての
ほんとのとこを
みることができないの。

自分のことなのに。

自分の中に、不思議な存在がいる。

それが、自分にさえ意識できない本当の自分?


自分の中を見ていくと、
澄み切ったものなんてなくて。

他人の中も
同じだった。


いろんな割り切れなさや
切ない思い出
罪の意識や
醜い感情。

人って、目に見えるもので
安心したくなるみたいで。

目に見えない、
人のお腹の中覗きたがる。

だけど、見ても何一ついいことなんて
ないんじゃないかな。


人の領域に踏み込んじゃぁ、いけないね。

人は人。
尊重しなきゃいけないその人だけの
世界がある。

届かない。 

September 13 [Thu], 2007, 1:06
ほしかったんだ。
ほしかったんだ。
だから手をのばしたんだ。

だけど、
届かなかった。
届かなかった。
延ばした手は空を切った。

あとちょっと。
あとちょっと。
あとほんの少しだったんだ。

仕方ない。
仕方ない。
思い通りにはいかないね。

あと何度、寂しい笑みを浮かべるだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mi-co
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像みく♪
» タイプ (2007年12月07日)
Yapme!一覧
読者になる