浦山だけどツマグロオオヨコバイ

May 11 [Thu], 2017, 12:48
先日、無事引っ越しを終えました。



引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。



マンションの高い階に住んでいたため引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。


引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、業者さんに頼まなかったものは自分で計画を立て台車を借りて運び出し、転居先に運びました。

本当に、台車にはお世話になりました。

今どきのマンションやアパートではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのが常識になっているようです。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は保っていた方が良いでしょう。
ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。

有名な引越し業者は、いっぱいあります。

中でも有名な運送会社として日本通運といったところはとくに有名だと思います。そんな日本通運は、日通とも呼ばれていますね。
日通は引越しだけではなく、古美の輸送なんかでもとっても有名で、業界シェアでダントツです。


なんとなく引越し荷物に関しても丁寧に扱ってもらえそうな気がしてきますね。
結婚のために引っ越したとき、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。自分にとって、業者に依頼した引っ越しを初めて行ったのではじめの電話だけでも緊張し通しでした。

それでも、スタッフはどの方もきちんと対応していただき、作業も丁寧で安心して全ての作業を任せられました。



次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、ヤマト運輸の利用を考えています。引っ越しなどで住所が変わった時は、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。

資格喪失は、旧住所で手続きができて、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。国民健康保険証と、印鑑とそれから本人確認書類を何か用意して届け出に行きましょう。


同じ市からの引っ越しでも、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。
今日においても、引っ越しの挨拶は必要不可欠なようです。転居元・転居先の隣近所へ挨拶した方が今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。
挨拶をサボると隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。
生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人たちには、積極的に挨拶をしておいた方が良いと言えます。

ドラム式の洗濯機を使用しています。



少し前に転勤により、引っ越しをしました。その時の事です。

新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて引っ越し業者に連絡を入れてみました。どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。
その状態のままで運んできてしまった、ということです。

箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次回からは気を付けたいです。

引越しの荷造りの時に、意外にも悩むのがグラスの包み方です。


ガラス製品を梱包するにはまず最初に足の部分から梱包材を巻くことが大切です。梱包材が指すものは絶対に専用のものである必要はありません。家の中にある新聞や雑誌、タオルなどで、なんともありません。その後、全体をぎゅっと梱包すれば、グラスが割れてしまうことなく運ぶことができます。近年においては、だいぶん廃れてしまったようですが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという面白い習慣が、かなり以前からありました。由来を見てみますと、ソバということで細く長いお付き合いをしたいと縁起をかつぐ意味合いと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いしますというダジャレもこめて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。


衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に業者からレンタルできる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によってハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。



こういうケースがないと、普通のダンボールに一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますが引っ越し用の衣装ケースを利用できるとハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。


新居で行なう荷ほどきも同様にダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。何年か前、旦那の転勤を理由に引越しすることとなりました。パパも私も実家にすんでいて、引越ししたことがありません。未経験ながら、なるべく安くすませたいと私たちで荷造りしました。

段ボールとガムテープは、業者が用意してくれたものを使ったのですが、その他に、新聞紙も必要不可欠なものでした。



割れ物を包むほか、緩衝材として便利でした。
引っ越しに入る前に相場を知る事は、とてつもなく需要です。


およそこれくらいの値段だとあらかじめ理解しておくと、吹っ掛けられる事もないでしょう。ただ、年度末のひっきりなしね時期には、値段が高騰するケースが多いですので、早めの予約が良いかと思います。引っ越しをいたすのですが、その出費がいくらくらいになるのかとても心配なのです。仲間が以前、単身での転出をした時には驚く程の費用がかかっていました。その話題を聞いていたので私は一体、いかほどかかるものなのか、心配になっています。手始めは複数の引越し業者に、見積もりを貰い受けようと思います。

引っ越しで、荷物をまとめる際、緊張するのは割れ物の対応です。新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。

ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方がぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。

愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。なので、引っ越しをするとなると必ずペット飼育可能なマンションのことをがんばって見つけるようにしています。


ところで、単にペット飼育が可能なマンションと言いますが、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなどペット用の設備が整っている物件であれば、嬉しいことです。


普通のマンションより家賃は高めでも犬との生活は譲れません。
荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水道を開通させることは何より大切だと言えます。
そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくといいかというのは人によりますが、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。
そして余裕をもって、越してくる日から逆算して、一週間くらい前に水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。
全ての人にとってダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。



そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、業務用ダンボールはほとんど無料です。ただし、サイズはばらばらです。

移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同一サイズでない場合、よく考えて崩れないよう積んでいってください。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。



転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。
その後、転入する市区町村の役所に行き、転入手続きをするという流れになります。当然ですが、転出届がないと、転入先での手続きができないことにも気をつけないといけません。

他の手続きをするためにも、転出届と転入届は欠かせないので忘れずに手続きしましょう。

よく言われることなのですが、引っ越し費用のうちで、高くなりがちなのがエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。
素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。

ですから、費用を見てみると、一台を取り付けるのに約一万円ほどかかるようです。


ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているなら安くなるはずですが、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。

どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。

ガスは事前に止めることもできますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。どうしても、引っ越しの準備をしていると身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前日には、夜遅くなっても温かいお風呂にじっくり入って翌日に備えたいためです。

また、当日寒くても温かいものが飲めると、気持ちが休まるのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Makoto
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる