雨が終わる場所 ―4― 

September 17 [Sun], 2006, 0:37
今思えばあの質問が、私が妹に答えてあげられた最後の質問だった...。

妹は、私の居るダイニングから走って出て行った後すぐに倒れた。
ガタンッという大きな音に驚き、私は読んでいた本から目を離し
急いで音のした方へと駆け出した。
そして二階へと続く階段の下まで行き、私はそこで信じがたいものを目にした。

初め私は、自分の目を疑った。
しかしすぐさま意識が現実に引き戻され、自分の体から
血の気が引いていくのを感じた...

私の目の前に映し出された光景は、眉間に皺を寄せ、苦しそうにうずくまる
妹の姿だった...。

雨の終わる場所 ―3― 

September 17 [Sun], 2006, 0:15
『恋...??トマトでも恋をするの??』
妹はキョトンとした表情で私を見た。
『勿論。トマトだって恋はするんだよ??』
『へぇ―…じゃぁ…トマトはどんな人に恋をするんだろう...??』
“うーん”と悩む妹に私は...
『ん―…やっぱりトマトは、太陽に恋をするんじゃないかなぁ―…??
いつも自分のことを見つめてくれる太陽に...』
私がこう言うと妹は、“なるほどぉ”と頷き、笑顔で私にお礼を言った。
『お姉ちゃん、ありがとう!! 明日、先生と皆に教えてあげよ―っとv』
そして妹は、パタパタと急いでダイニングを後にした。

…私は妹の笑顔が大好きだった…

雨の終わる場所 ―2― 

May 05 [Fri], 2006, 18:20
妹は“じゃぁ、なぁ―に??”と私に訊いた。
『ン―…もぅひとつ、他にドキドキするコトってナィ??』
『ぇ―…??』
私の言葉に、妹は真剣に考えながらも“他になんて、思い浮かばなぃ。”
と少し、拗ねながら考えていた。
それを見た私は微笑み、
“ごめん、ごめん。”と言いながら、妹の髪を優しく撫でた。

雨の終わる場所 

March 10 [Fri], 2006, 17:56
『ねぇ...雨はどうして空から降るの...??』

それは、病弱な妹(亜稀―アキ―)が私(闍葵―トキ―)に尋ねた最後の質問だった...。

私の妹は好奇心旺盛で、何でも知りたがる子だった。
妹は何時も小学校から帰ってくると、すぐにランドセルを自分の部屋に放り投げ
『お姉ちゃん、お姉ちゃん。』
と言いながら、私のいるダィニングに急ぎ足でやって来る。
そして、私の元に着く頃には決まって、妹の息は切れていた...。

2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像皐月
» 雨の終わる場所 (2006年07月23日)
アイコン画像皐月
» 雨の終わる場所 (2006年07月23日)
アイコン画像kazuyosi
» 雨の終わる場所 (2006年07月15日)
アイコン画像皐月
» 雨の終わる場所 (2006年05月28日)
アイコン画像
» 雨の終わる場所 (2006年05月12日)
アイコン画像皐月
» 雨の終わる場所 (2006年05月05日)
アイコン画像
» 雨の終わる場所 (2006年04月19日)
アイコン画像皐月
» 雨の終わる場所 (2006年04月18日)
アイコン画像皐月
» 雨の終わる場所 (2006年04月18日)
アイコン画像
» 雨の終わる場所 (2006年04月15日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/huunana/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:huunana
読者になる
Yapme!一覧
読者になる