不倫相手に慰謝料を払わせたいのか

April 27 [Wed], 2016, 16:25
不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談しましょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。不貞の証明を掴みたい場合には、興信所や興信所に相談するようにして頂戴。相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、絶対にやってはいけません。
調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが、ただ、奪略愛がまだ推測の段階であるケースでは、奪略愛が確実かどうか、調査員が1人でする事が多くなります。


奪略愛が確実なものとなったなら、もう一度話し合いをしてリサーチ員の数や方法など進むべき方向を決めます。
浮気のリサーチを頼んだとして、リサーチの期間はどれぐらいかというと、普通は3〜4日が目安です。確認しておきますが、これはあくまでも平均の期間です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーのリサーチだと、1週間から1カ月くらいリサーチ期間が必要になることがあります。一方で、浮気するだろうという日がもう分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。結婚相手の奪略愛の調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、高料金に設定されている事務所ではなく、細やかな料金設定がされており、追加のリサーチ料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。まず探偵に関して言うと、怪しむ人のないように充分に用心しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話してオープンなやり方で情報を集めるようです。



興信所が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと、おおまかには考えられます。
探偵に依頼した仕事が奪略愛のリサーチだった場合、疑いようもない明瞭な証明が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることも出来るでしょう。パートナーが信用できなくなってしまうと人生を供に歩むのは相当な心の重荷になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。



さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。


結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーでありつづけたいのなら密会の場面に行こうとするのは辞めるべきです。



奪略愛が発覚したことで妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。


また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。私立探偵が何もミスをしなくても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、リサーチ対象が警戒を強めてしまって浮気のリサーチが困難になり、裏付けが揃わないこともあります。興信所が浮気の調査をする場合、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。
成功報酬にするのかどうかについても、契約書を作る際に契約書に盛り込むことが必要なのです。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。
双方とも、奪略愛の調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな同じような仕事内容です。
ただし、違いをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人むけのようです。



配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求出来るでしょう。
ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があっ立と認められる場合、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど各種の事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shuri
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/huugo8fstimma6/index1_0.rdf