幻覚 

February 02 [Sat], 2008, 10:37


ある日、偶然出会った花火。


dialogue 

January 30 [Wed], 2008, 12:15
登場人物:真琴(M)女子高校生/ヒロイン,
        千昭(Q)男子高校生/ヒーロー,
        男子高校生/脇役浩介(K)、
        女子高校生/脇役ゆり(U)

背景:ずっと仲良く友達でいてきた三人。真琴はあっさりした性格をもってる女の子、感情に関することにちょと鈍感。千昭はやんちゃんで、二年前から転校してきた転校生。浩介はわりとまじめでしっかりしている人。三人はよく放課後キャッチボールをやっている。
ゆりは真琴の親友で、千昭に気がある。

シーン

その一 告白
(学校から帰り道、千昭は自転車で真琴を乗せながら、川原に沿って進行している。)


Q:真琴、俺...と付き合えば?

M:...止めて、ちょっと止めて。何それ?

Q:あ?

M:今の何?

Q:付き合おう。

M:どこからそういう話になるのよ!

Q:浩介に彼女ができったらっての話。
俺...そんなに顔も悪くないだろう.

M:まじ?

Q:まじ。

その二 後悔(千昭は自分の世界に戻された。)

K:どうなってるんだよ。俺はともかく、真琴にも一言無しかよ。あいつ、真琴のこと好きだったくせに。

M:千昭がそう言った?

K:見てりゃ分かるさ。気付かなかったか?
  まあ、真琴そういうのに苦手だもんな。
  だから、言い出せなかったじゃないのかなあ。

M:功介・・・

K:ん?

M:最低だ私!・・・人が大事なことを話しているのに、それを無かったことにしちゃったの・・・何でちゃんと聞いてあげなかったのかなあ・・・


その三 認識(千昭がいなくなった世界で、真琴ようやく自分の気持ちに気づいた。)

U:千昭君ってさ、休みの日とか何してるかな。まさか一日中野球やってるじゃないね。(笑い)

M:ゆり・・・

U:へ?

M:私さ、ゆりに言い無かったことがある。

U:何?

M:私、千昭のこと好きだ。ごめん。

U:・・・そうか。そうだったと思った。



ニュちゃん~~ 

January 29 [Tue], 2008, 14:18
 ニュちゃんはあたしのペットの名前ですぅ、その当て字は日本語にない文字で、中国語そのままで書いていれば、文字化けになるので、その発音で書くことにしました。(ちょと不慣れ

 ニュちゃんは亀です、性別はメス〜・・・だそうです(w (性別なんか、どうでもいいじゃないですか(笑))

 このごろ冬眠に入ってるようです、食べず動かずに、石化したようなの状態になっていて、触ってもぜんぜん反応してくれません
 冬眠はそういうものだと分かっていますが、やっぱちょと心配・・・冬眠する前にちゃんとお腹いっぱい食べたか?今室内温度はちょうどいいですか?のど渇いてません?とかいろいろ考えて悩んでいて、いかにも親ばかですね ふぅ… εー(;-ω-`A)
 
 まあ、いまの状態じゃ交流不能ですから(じつは普段も交流不能だけど)、できるのは、ニュちゃんはこの冬を無事に過ごせるよう、祈るしかないんだね〜。( ;`・ω・´)

 


 

 

大雪 

January 28 [Mon], 2008, 22:25
 大雪がもう三日間続いてる。町中は真っ白になって、雪に埋められた。

 おかげで、外出もたいへんになっちゃって、道ぬるぬるで、もう足を滑って転んだのはもう三人を見た。

 さいわい、今あたしは冬休み中で、ずっと家に閉じこもってもぜんぜんok^^

 でも、やっぱ外に出たい〜〜 

 この雪、いつになってやんでくれるだろ。


 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ri
  • アイコン画像 誕生日:2月2日
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29