かすめる二重まぶた

April 21 [Thu], 2016, 23:01
主人公が多すぎて最初はどういう話なのかわからなかったが
歴史そのものがメインだとわかってからは俄然面白くなった。
当時の文化や大衆娯楽も色濃く紹介され
街の景観も次々と移り変わっていく。
日本軍の介入により逆にのし上がる勢力もあったりと
なかなかに興味をそそられた。

こういう映画だから、当然日本バッシングも
盛りだくさんかと予想するも
意外に淡々と描かれていたのはちょっと好感が持てた。

ちなみに私の専門分野であるアクションシーン(笑)は
予想以上の殺陣で感激した。
特に雨の激しく降るなかでの闘いは
重厚感・スピード感ともに秀逸だろう。
わかりやすい大技とか無いところがまた良かった。

ところでこの作品で、二重まぶたでストーリーには関係ないエピソードで
日本兵を倒した逃亡犯を、列車の中で
主人公の一人がかくまって助けるという話がある。
この男はその後も物語の端々に登場し、メインストーリーとは
全く関係ないところで武術家として成長し
そののち八極拳という拳法を広めるようになったのである。

おお、八極拳!私の大好きな拳法だ(笑)
映画の中でも肘による攻撃の凄まじさが見事に描かれていて
そうそう!八極拳はヒジだよなー!などと喜んでしまっていた。
ぶっ倒した相手に「10年早いんだよ!」と本当に言いそうだった。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hutae92116
読者になる
2016年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる