悪人 吉田修一  ★★★★

2008年07月09日(水) 0時03分
福岡市と佐賀市を結ぶ国道が跨ぐ三瀬峠で若い女の死体が発見された。

女はその夜、出会い系で知り合った男と会う約束していた。
女友達には最近ナンパされたお金持ちの大学生と付き合っていると嘘をついていた。
そしてその夜も会うのはその大学生だと匂わせていた。
男はその頃峠を越えていた。
先月2度会ったきりなかなか連絡がとれなかった女に会うために。
女は以前「顔は写さないから」と撮った写真に三千円を要求してきた。
終始不機嫌だった女。でもその女とヤレたらとこの夜も思っていた。

この事件。
一見すると被害者の女の悲劇であり、
悪人はこの男ただ一人という特筆するべきことのない殺人事件なのだが・・・。
悪人とはどういった人間なのか、
「この人はどうですか?ではこの人は?」と投げかけてくる物語になっていた。
出会い系で出会う男女。嘘をつく女。ナンパする大学生。裏切った風俗嬢。
老人を食い物にする健康食品販売。子を捨てる親。被害者遺族を馬鹿にする男。
容疑者と逃亡する女。加害者。被害者。

当然人を殺すことは絶対的に「悪」だ。
しかしその行為の過程において情状酌量の余地というものもある。
あまりにヒドイこの被害者女性の言動に腹が立ち、
それを馬鹿にする大学生にも反吐が出て、なぜか犯人である男に同情してしまう。
絶対的悪なのに悪人だと思えないストーリーに複雑な気持ちになった。

人を壊すのも守るのも『愛』。
『愛』が人を育て、『愛』が人を殺す。
この物語の登場人物は皆『愛』が欠乏していて、痛々しかった・・・。
  • URL:http://yaplog.jp/hurohonnya/archive/156
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
kanakanaさんへ
そうですね・・・。とくにラストの方はやっと信頼し愛せる女性と出会えたのに、事件の後だなんてね。
どこかで「ミステリーから純愛物語へ」という展開を示すキャッチコピーをみましたが、だんだん犯人を応援したくなってくる不思議な感覚もありました。
2008年07月17日(木) 0時32分
詠んでいて辛い気持ちになりました。
殺人というのは憎むべき罪なのに、この犯人に対しては「どうしてこんな犠牲的な道ばかり選ぶの?」と言いたくなってしまって。。。
被害者の女の子のお父さんの気持ちも、辛かったです。

2008年07月15日(火) 22時13分
chiiさんへ
「悪人」とはどういう人ですか?と投げかけられた気がします。
被害者だけどこの人は「悪人」ではないですか?と問われると
難しいです。殺されたのはかわいそうだけど
人間的には同情できないかなぁ・・・。
私も吉田作品初めてでした。たしかに気になる作家さんですね。
2008年07月11日(金) 1時10分
パートママさんへ
そうですね。親目線だと悲しさが強いでしょうね。
とくにこの祖母は娘も孫もこんなんで
おまけに強制販売の被害にもあって、
最後の方のスカーフを買うシーンがせつなく印象に残りました。

2008年07月11日(金) 1時07分
ほっそさんへ
あの娘の傲慢さは我慢ならなかったですね。
峠で車から降ろされたときは、「当たり前だ!」と思ってしまったくらい。
でもその大学生にも腹が立って・・・。
そんなヒドい娘でも親は親ですものねぇ。
父親の悲しさは娘がヒドいだけに痛々しかったです。
新聞で読むのとやはり印象が違うんですね。
切れ切れとまとまって読むのとじゃ感想の持続度が違いますもんね。
2008年07月11日(金) 1時03分
chii
「悪人」って・・・と考えさせられる物語でした。
誰もが悪人の要素があるのでしょうか。
吉田さんの作品は初めてでしたが、気になる作家さんになりました。
2008年07月09日(水) 22時12分
パートママ
私もほっそさん同様被害者の女の子があんまりお馬鹿なのにそれでも親として子供を思う両親に涙が出ました。容疑者の母親は同情しませんが、その親である祖父母はやはり愛情を持って娘も孫も育てただろうと思います。スッカリ親目線で読むと悲しい話です。
2008年07月09日(水) 21時26分
ほっそ
この作品は、当初新聞連載で読み、その後本でも読みました。被害者の女の子のワルぶりには、まいりました。それでも娘を信じる両親が、哀れでたまりませんでした。
また、当初容疑者とされた学生にも…嫌気がさしましたね。連載ではあまり感じませんでしたが、本でまとまったとき、「こんなにしんどい話だったかなあ〜〜」と
2008年07月09日(水) 18時55分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆきみ
読者になる
『本のプロ』所属。
本を読んだ後の熱を放射しあえる仲間を求めて・・・。
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像buudyさんへ
» 食堂かたつむり 小川糸 ★★ (2008年09月29日)
アイコン画像hitoさんへ
» 私の男 桜庭一樹 ★★ (2008年09月29日)
アイコン画像hitoさんへ
» 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 ★★★★ (2008年09月29日)
アイコン画像buudyさんへ
» 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 ★★★★ (2008年09月29日)
アイコン画像青子さんへ
» 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 ★★★★ (2008年09月29日)
アイコン画像青子さんへ
» 私の男 桜庭一樹 ★★ (2008年09月29日)
アイコン画像青子
» 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 ★★★★ (2008年09月27日)
アイコン画像青子
» 私の男 桜庭一樹 ★★ (2008年09月27日)