【 更新情報 】

特選情報公開中!!


30代以上の振袖の髪型

最近は晩婚化が進んでいます。振袖は未婚女性のみが着れるものとされていますので、理屈から言うと30代でも40代でも未婚であれば振袖は着れる、という事になります。話はそれますが、逆に10代で結婚してしまった人が友人の結婚式などで「どうしても振袖が着てみたい」と言って着るのは許されると思います。さすがに親族の結婚式で既婚の女性が振袖を着ることははばかられますけどね。という訳で、30代で振袖を着る方は珍しくありません。(40代で振袖を着ていた方は個人的にはまだお見かけしたことがありません。)30代で振袖を着る場合、そもそも振袖を着ること自体に躊躇する人もいらっしゃると思いますが、堂々と着て頂きたいと思います。あえて言えば色と柄には注意しましょう。あまりにも若い人向けの色や柄だとやはり浮いてしまいます。逆に言うとシックな色や柄の振袖というのは若い人が着てもさまにならなかったりしますので、あえてそこを突いて「大人の振袖」を演出する手もありますよね。話は主題の髪型からどんどんそれてしまいましたが、30代以上の方が振袖を着る場合の髪型は、ずばり「日本髪」がベストだと思います。振袖を着ると大体アップの髪型にする訳ですが、アップの髪型には「洋風」と「和風」があります。若い人は振袖に「洋風」の髪型をしてももう違和感のない時代です。美容師もわかった上でその髪型を作ります。ですが30代を超えた方がそれをすると完全にNGです。よほどの若作りの方でない限り似合いません。大人には大人にしか出せない魅力がありますので、ここは黙って日本髪に結ってもらった方がいいです。色気のある、とっても素敵な振袖に似合う髪型になると思いますよ。

卒業式の振袖の髪型

卒業式に振袖を着る人も最近は多いですね。昔は卒業式と言えば袴が主流だったものですが・・・。社会に出る前の晴れの舞台ですので、華やかな振袖で学生生活の最後を飾るのもいいものですね。卒業式で振袖を着る場合の髪型については特に制限はないと思います。厳粛な席であるので派手な髪型はちょっと・・・という向きもあるかと思いますが、花嫁が主役になる結婚式などと違って、卒業式は自分が主役ですので、自分の好きな髪型をすればいいと思います。ロングの人は思いっきりボリュームのあるど派手な髪型にするのもいいですね。今は夜会巻きや名古屋巻き、キャバ嬢巻きと言った派手めの髪型が流行していますが、そういった髪型をアップにまとめて振袖を着るととっても可愛らしい、若々しい髪型が出来ます。振袖自体は未婚女性であれば30代辺りまでは着れるとされていますが、振袖に合わせて髪形も派手にアレンジして許されるのはやはり若者の特権です。ラメをつけたりするのもいいですね。ボブやショートボブの人は「いかにも古式ゆかしい振袖美人」という髪型に持っていってしまうのがベストだと思います。普通にアップの髪型にして、振袖の色や柄に合う上品なかんざしなどを挿すと非常に粋ですね。ショートの方は大きな髪飾りをつけたり、ワックスなどを使って毛先にニュアンスをつけたりボリュームを出したりした髪型にすれば振袖に負けない印象が出せると思いますよ。

結婚式の振袖の髪型

最近は和装ブーム、着物ブームですので、結婚式や結婚式の2次会に出席する際に振袖を着て行く、という方も少なくないと思います。以前は「持っている人が着る」というパターンが多かったですが、最近は「結婚式に振袖をレンタルして着て行く」という人も多いようです。言うまでもなく振袖は未婚女性だけに許された、最も格式の重い正装ですので、どんどん振袖を着て欲しいと思います。髪型の話しとは少しそれますが、結婚式に振袖を着ていく際の注意を少し書いておきます。まず、振袖とは基本的に袖の長さによって「大振袖」「中振袖」「小振袖」と分かれています。もしも花嫁が結婚式で振袖を着るとしたら、それは間違いなく「大振袖」です。結婚式の主役や花嫁ですので、来賓が花嫁より目立つのは基本的にNGです。自分の持っている振袖が「大振袖」の場合は避けた方が無難かもしれません。成人式で振袖を購入する場合、以前は「中振袖」が主流でしたが、今は「大振袖」を購入する人も多いようです。成人式で買った振袖をそのまま着ていく予定の人はその点ちょっと注意して下さい。髪型についても、花嫁より目立つ髪型はまずいです。当日花嫁がどんな振袖を着るのか、どんな髪型をするのかリサーチ出来ればベストですが、それが不可能な場合はなるべく控えめな髪型にして行くのが無難です。例えば最近流行しているようなボリュームのある夜会巻きのような髪型は、花嫁と被るか、花嫁より目立つ可能性があるので十分注意が必要です。

成人式の振袖の髪型

人生で初めて振袖に袖を通す機会、それはやはり成人式だと思います。成人式はもう20歳の1月、と決まってますから、どんな振袖を着るのか、どんな髪型にしたいのかは事前に十分考えることが出来ます。意外に多いのが事前になってバタバタしてどうしていいのかわからなくなり、レンタル衣装屋さんの言いなりになって自分の着たい振袖とは違うイメージのものを着てしまい後から後悔したり、髪型もどういう髪型にしていいのかわからず、古臭い日本髪にされてしまい、恥ずかしくて会場に行けない・・・なんていう事態になる、というパターンです。そういったことのないように成人式に向けて振袖と髪形はしっかり考えておきましょう。振袖と髪型はじつは無関係なようで非常に密接に関係しています。洋服にもそれぞれのテイストで似合うヘアスタイルがあるのと同じで、振袖にも色や模様、素材などによって似合う髪型や髪の長さといったものがあります。「絶対にこの組み合わせはダメ!」というものはありませんが、例えばベリーショートの髪型の場合にあまり白っぽい振袖を着ると全体的にイメージがボヤけてしまいますので、赤や黄色と言った比較的派手目な色の振袖を着て、頭に大きめの髪飾りをつける、など、全体のバランスの中で振袖と髪型を決めて行くことになります。レンタルの場合はレンタル衣装屋さんが色々アドバイスしてくれますが、買ってしまった場合はその振袖に合った髪型を意識する必要もありますので、髪の毛の長さにはぜひ気をつけておいて下さい。

振袖の髪型を決める時の注意

振袖を手に入れる時期で1番多いのはやはり20歳の成人式の時だと思います。成人式の衣装はレンタルで済ませる方も多いですが、最近は振袖の値段もどんどん安くなっていますので、先々も着ることを見越して購入してしまう方もいるようです。購入したら着ないと勿体ないですよね。お正月はもちろん、大学や短大の卒業式に着てもいいですし、謝恩会に着て行くのもいいですね。あるいは結婚式の2次会などに着て行くのもいいかと思います。振袖の女性がいるとその場も華やぎますし、何と言っても一段も二段も美人に見えますので、街中での注目度が断然違ってきます。振袖を着る時に1番悩むのは「髪型をどうしようか」ということだと思います。普通は振袖を着る前に美容院で髪型を作ってもらう方が多いと思います。その際に注意したいのは、「自分のやりたい髪型を美容師にどう伝えるか」という事です。せっかく振袖を着るわけですから、髪型もああしたい、こうしたい、という考えが色々あると思います。1番確実で1番簡単で、絶対に失敗しない方法をお教えします。それは「こういう髪型にしたい」という写真を持っていくことです。雑誌の切り抜きでもいいですし、振袖のカタログの切り抜き、インターネットで見つけた画像でもいいと思います。これが美容師との意思疎通を完璧にするには最適です。
P R