不妊治療について

June 22 [Mon], 2009, 22:42
不妊治療助成金や気になる費用について紹介していきます。

妊娠したいと考えていても、なかなか子供を妊娠することができず

不妊治療を試みる方が多くいます。

ただ、始めに間違えないでもらいたいのは

不妊症は克服することができる。

という事です。


妊娠は「心」と「身体」のバランスが重要になってきます。


まずは、不妊治療の受け方や金額・助成金について

不妊治療に関する正しい知識を紹介していきます。

>>不妊症の正しい知識はコチラ



不妊症治療
自然妊娠
不妊症治療

不妊治療で気になる金額・助成金

June 22 [Mon], 2009, 22:39
不妊治療を行う時には、費用や助成金の問題が気になりますよね。


不妊治療の金額ですが、初期の一般不妊治療の場合では

保険診療の範囲内で3割負担になります。

治療費は数千円/1回ぐらいの金額が多いようです。

不妊治療でよく行われるタイミング療法・HMG-HCG(FSC-HCG)療法

なども今では保険が適用になります。


このHMG-HCG療法とはどのような不妊治療かというと

排卵前に卵胞刺激ホルモン(HMG)を注射します。

そして卵胞が大きくなってきたら、排卵刺激ホルモン(HCG)を注射し

卵を排卵させる治療法です。


そしてタイミング療法とは

基礎体温表で排卵周期を測りながら排卵の時期を予測します。

タイミングを計り、性行為を持つことにより妊娠をはかる治療法です。


高額の医療費がかかる場合には国が助成金を交付する

という不妊治療もありますので紹介していきます。


>>自然妊娠で安産することができる不妊治療


不妊 原因

不妊治療の助成金・金額

June 22 [Mon], 2009, 22:09
不妊治療のなかには、金額は高額ですし、保険適用外ですが

妊娠率の高い治療法があります。

1〜3万円ぐらいで人工授精、20万円〜60万円ぐらいで体外受精という

方法です。

保険適用外ですが、国が助成金を交付するという場合もあります。

助成金の交付には年収730万円以下という年収による制限が

ありますので、注意が必要です。

また、助成金は一回に10万円、1年に2回まで交付される

パターンが多いです。


しかしながら、この不妊治療の場合には注意が必要です。

体外受精で子供を授かる成功率は、39%とも言われています。

また、流産してしまう場合も少なくなく、

何かしらの障害を持って生まれてくる赤ちゃんも

通常よりも多い
というデータがあります。

まずは健康に妊娠する事ができる不妊治療をおすすめします。


>>母子共に健康で妊娠できる不妊治療


また、hMGなどの排卵誘発剤も多用すると

頸管粘液の減少や子宮内膜が薄くなるといった

抗エストロゲン作用の副作用も起こる可能性があります。


このような不妊治療の副作用は妊娠する確率を下げてしまいます。


あなたの妊娠したい目的は

健康で元気な赤ちゃんを出産することではないでしょうか?


体への負担をかけずに、健康で元気な赤ちゃんを安産できる方法があります。


>>健康で元気な赤ちゃんを安産する方法



不妊治療
 不妊治療 病院