【 更新情報 】

スポンサード リンク

不妊症の検査方法

不妊症の検査を受ける時には夫婦そろって検査を受ける事が大事です。なぜならば不妊症の原因は女性側のみならず男性側が原因の場合も多々あるからです。
そして、早めの子どもを望むのならば結婚して避妊をせずに夫婦生活を営んでいるにもかかわらず、子どもが授からなかった場合には出来るだけ早めに専門の病院で不妊症の検査を受ける事をおすすめします。
人によって個人差はありますが大抵の場合、結婚してから約1年目が目安となります。
さて、不妊症の検査の場合、最初の頃は問診と基礎体温が主な検査項目となります。特に問診はこれから行われる様々な検査やデータを集める為に行われますので女性にとって答えづらい質問も多くありますが専門の医師を信頼して包み隠さず事実だけを話す事が非常に大事です。
問診の後は内診や血液検査や尿検査など簡単な検査が行われます。
そして専門的な検査として子宮筋腫がないか、卵巣の異常がないかを調べる為に超音波検査が行われます。さらに個人個人の状態に合わせて排卵障害を調べる為にホルモン検査を行う場合もあります。
いずれにせよ早めに不妊症検査を受ける事によって様々な症状がわかり、それに対する対応も行われますので怖がる気持ちも分かりますが引き伸ばしたりせずに早めに専門の医師に見てもらうことが大切です。

不妊症とは

一般的に不妊症とは健全な男女が通常の夫婦生活を営んでいて、特に避妊などをしていないのにもかかわらず女性が2年以上妊娠しない場合にいわれることが多いです。
ちなみに全国の一般的な統計を取ってみると80パーセントは1年以内に女性に妊娠が見られ2年以内には90パーセントの女性が妊娠しているという結果が出ています。
では不妊症とはどういった原因があるのでしょうか?
実は、不妊の原因とはひとつではなく様々な要素が絡み合っている場合などもあり、いちがいには言えないというところが現状なのです。まず、母体である女性のほうになにか問題があるかもしれません。よくあるケースなどでは卵管障害や子宮内障害、子宮内癒着や子宮内膜症などが有名です。
また、女性側の問題だけではなく男性側にもなにか問題がある場合も多いのです。まず、インポテンツといわれる性交そのものができない性交障害や精子の数が異常に少ない事で起こる障害、または精巣の異常。そして精管通過障害などといったことがよくあるケースとして報告されています。
P R