まーちゃんでナキイナゴ

January 09 [Tue], 2018, 21:41
朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。
休日や時間休も取れますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。結婚、出産、そして育児がスタートしたら24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合は夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため復職を希望する人の例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。



夜勤で体調を崩してしまうならば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。忘れてはいけないのが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が減ってしまう事がほとんどです。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。



働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。
ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。近頃ではインターネット上に看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。看護師がかぶる帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。

料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。
そうはいっても、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。



ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。フルタイムで、看護師として勤務する際、楽だといわれているのは、外来勤務によるものです。
もちろん、人命を預かるということでの責任は同様ですが、夜に働く必要がない、休日がとりやすいといった理由で外来勤務を望む人も増加傾向にあります。
看護師という仕事をしているのは女性が大部分を占めているため、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、結果的に離職率が高い仕事となっています。



加えて、勤務時間がばらばらであることや、ハードな仕事内容であることが原因で最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。
平均年齢の高まりに従い、介護施設などでも看護師の需要は増加傾向にあるのです。


それに、人員が多数所属する会社になると医務室などにも看護職の方がいて、健康面における診断や相談、心の面でのケアを担当しています。
このような立ち位置の時は、その会社の社員になることもあるのではないでしょうか。看護師として働きたいと決意した志望動機は、病気、怪我、体調不良などで苦しんでいる人の助けになることに、仕事の喜びを感じたためです。


実は、私も以前、入院した際、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、これからは私が看護師として、クランケのサポートをしたいと思うのです。看護士の求人情報は何件もありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思う人が多いはずです。希望通りの病院などに転職するには、情報の収集が重要になります。介護士、看護師の仕事内容で、一番の違いは、なんといっても、看護師は医師の指示を受け、医療行為をすることができます。注射などの医療行為は、看護師だけができるのです。

疲れやすく、ストレスも感じる仕事ですが、胸を張ってこの職業しかないと思う看護師が多いのは、責任感、使命感にあふれているからとも言えるかもしれません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuna
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる