サラリーマン川柳 

February 18 [Fri], 2011, 19:24
今年も発表されました、第一生命のサラリーマン川柳


今年もまあまあ面白いのはありますね。
「ボーナスは メガネかけても 飛び出さず」・・・・3Dネタ
「そびえ立つ 妻は我が家の スカイツリー」・・・・スカイツリーネタ
「部下からの 遅刻のメール 渋滞なぅ」・・・・Twitterネタ
「月給日 “ゲゲゲ”と女房 肩落とす」・・・・ゲゲゲの女房ネタ
「コンビニで整いました、母の味」・・・・ネズッチネタ

と時世の流行に関連した物が毎年多いですね。そう言う意味では昨年は石川 遼君が多かったんですけどAKBネタはあまり目につかないです。僕の気に云ったのは「役員のブログで知った、社のピンチ」ソーシャルネットワークが全くソーシャル(社会的)ネタではないと言う矛盾が面白い

しかし、当社は9:30の出勤時より夜の9:30の方が人が多いんじゃないのかな?「居心地が良いのか帰る場所ないか?」

都知事 

February 16 [Wed], 2011, 18:30


社長から会長になって「みんなの党」から出馬ですか?渡邊さん

佐川急便から始まってつぼ八のFCから、ここまで凄いパワーですね。介護事業につなげる為に、テレビでの露出も増やして来ましたし、そのどこかのタイミングで都知事選にも「顔」は使えると考え始めたのでしょうね

後は、石原現都知事が表明するか?みんなの党は前回の松田さん(タリーズ、ファウンダー)の当選がありますから「実績のある結果を出せる経営者出身」専門の党と言ったイメージを構築できるかも知れません。まあ、その後の松田さんの活躍はあまり耳に入ってきませんが

明日、僕が入っているアジア経営連合会の新春Partyで渡邊さんの講演がありますから、ほぼほぼは「東京を経営しようと考えた骨子」に触れるでしょう。このアジア会は政治にも造詣が深いメンバーも多く、誰もが未来の政治家になってもおかしくない経営者ばかりの面子です。都内在住の経営者、300名を超える列席者の票がまずは取れるかどうか明日の講演にかかっているかも知れませんね

年金通知 

February 08 [Tue], 2011, 18:50
日本年金機構からねんきん定期便が届いた。皆さんにも届きました?日本年金機構は昨年の1月に社会保険庁がゴタゴタ続きで廃止され、設立されました。今まで自分がどれだけ、年金を支払ってそれがいくら支給されるのか知らなかっただけに、こういう通知が年に1回届けられるのは良いことだと思います。通常は直近一年間の加入記録だけですが、35歳、45歳、58歳になれば過去の加入記録が全て送られてきます。僕は残念ながら?48歳になるので過去の記録が全て見れました。

そこで計算してみました。自分は65歳から20年間いくらもらえるのだろうか?今までに僕は厚生年金保険を約954万円支払ってきました。今後60歳までの12年間で仮に1400万円を追加で支払ったとすると一生で支払った年金保険は2354万になる。払いすぎだ!

それではそれだけ掛けていくら帰ってくるのか?一見複雑な計算式ではじき出しました。65歳から20年間、毎年470万円受領出来ます。何と毎月39万強が働かなくても入ってくる!?20年間で9400万円になります。前述で払いすぎだ!と書きましたが、保険とは払う額が多ければリターンも大きいと言う原理は年金でも同様だと言う事です。一般の保険との違いは掛け金を上げるには給与を上げるしかないと言う点

こんな美味しい話ですが誰でも????と思いますよね。寿命が短かった昔ではなく、医療が発達して寿命がどんどん延びているのにこんな利率で返還していけるはずがない。10年位は保障されるかもしれないけど、財源がない。保険とは一見、自分が支払った額に利率が付いて自分に返還されると勘違いしますが、年金は働いて支払っている若い人達の掛け金を他人の60歳以上(昭和20年代までの方々)の人への返還金にまわしているのです。30年前では7〜8人の年金支払い者が一人の60歳以上の支払いを賄っている計算でしたが、今では3〜4人で賄っています。

と言う事はどういう傾向になるのか?皆さんの年金額がどんどん上がって行きます。年間300万円の収入の人の内、30万円が年金で徴収されるのは目前です。現在は7,8%位ですが・・・・・・・もう一つは返還率を下げる事も考えられます。私の場合は支払ってきた額の約400%も利息が付いて帰って来るわけです。あまりにも大きすぎませんか?この率を半分位にしても良いのではないかと思います。こう書くと「沢山もらえる人は半分になっても痛くはないだろうが、少ない人は困る」と反論が出るだろう。

私もそう思います。年金制度が片手落ちの制度の前に、国のシステムとしてオプション機能が果たさないと言う点が問題です。どういう事かと言うと、沢山もらえる人の利率と少ない人の利率を変えれば良いのですが、そういうオプションをシステム化するだけで膨大な費用が発生するのです。これは子供手当てや減税なども同じ事であくまでも万人に同じシステムで無いといけないのです。

まああくまでも20年生きた場合ですが、癌や事故が無い限りは近くまで受け取る事になるでしょう。格差社会とは色んな事が絡み合って形成されています。給料を沢山もらって年金保険も沢山支払った人が沢山の年金が返って来る。職の無い息子、もしくは低収入の息子が自分の給与より多い年金をもらっている父親の年金を支払っている。何て、家庭内格差が現実に起きています。父親が大企業であれば企業内年金もあるでしょうし、退職金もある・・・・・・・

日本人は高度成長を制した者だけが優遇される国であれば、若者に未来はない



MBO流行り 

February 04 [Fri], 2011, 18:52


そうですかツタヤもMBOですか。いくら終値の30%上積み買い取りの600円でも最高時は1500円ほどあったわけで、持ち堪えていた株主にとってはマイナスですね。株が動かないのに監査費用や維持管理費が高騰し、ステークホルダーがからみついて思いきった経営がスピーディに取れない・・・・と本当に上場が足かせになっている企業は多いと思います。

上場してしまえば「利益を上げて株主に還元=法人税の負担増」となりますから、社員の待遇は良くならないし(リストラと採用減で既存社員への質と量の負担は大きくなるばかり)、それでも超大手なら良いですが、少子高齢化やデジタル化の影響を受ける業種は一旦減収しだしたら止まりません。早め早めの多角化を生まないと火の手はあっと言う間に背中まで来てしまいます。ツタヤに関してはTカードが牽引しているし、収益性もお金もあるのですから、思いきって将来への投資へ向いたい時でしょう。

経営陣を軽くして、よりオーナーの思い切りで舵が切れる様にしたいのだと思います。上場するのも「そう言うタイミングだったから」そしてMBOで退場するのも「そう言うタイミングだから」と風の向くままで良いと思います。ワインのエノテカもMBOしましたね。でも株主ってそんなに声大きくはないしね。業績が良ければ何も言わないけど、少し傾斜しかけた会社にはうるさいんだろうなあ

当社は上場していないのはしても同じ様な目に合うからです。まだ3Mどれにおいても上場できる器ではありませんね。ひとたまりもありませんから・・・・ 調達額は低く、株価は低く、創業者利益もなく、維持管理費は高く、株主に気を使い・・・今は誰もIPOしませんね。逆に今だからする!と言う賢い方もいると思いますけど・・・お考えを聞いて見たいなあ

それにしても店舗売り上げは絶対に落ちていると思うんだけど、ネット配信ももう一つなのかな??

八百長 

February 03 [Thu], 2011, 18:40
八百長の語源は明治時代に八百屋の長兵衛が碁仲間の相撲の親方の伊勢海五太夫のご機嫌を取る為にわざと負けたりしていた事からついたようです。

相撲はスポーツか興行か?が議論になっていますね。興行(プロレス)なら八百長は良いのか?と言うとNGなわけです。何故かと言うと金銭の授与があるからです。プロレスも始めからどちらか勝つか負けるか、どうやって進行させるかは事前に打合せされています。しかしながら金銭の授与はないと思いますよ。

プロレスも昭和40年代位までは殆どの人は真剣勝負だと思っていました。その時代までは四大新聞のスポーツ欄に試合結果が掲載されていました。要は真剣なスポーツだから四大紙も取り上げていたのです。相撲の場合は殆どの人が真剣勝負だと思っているでしょう。白鳳や貴乃花が八百長で横綱になったとは誰もショックで聞きたくないでしょうね。

興行であれば相撲はNHK放送は無くなりますし、四大紙も扱いません。東京スポーツもあまりにも面白みのなさに扱いません。やはり、今回は八百長をしていた力士と親方を処分して生まれ変わり、真剣なスポーツとして立て直すしかないでしょう。女性を土俵に上げないわけですし、フランスなどの海外巡業も行い、神聖なサムライ像が残るちょんまげですから、観光国家を目指す日本には必要なコンテンツだとは思います。でもダメな物はダメ!強い者が強い。アメリカのUFCを僕は真剣勝負だと思って見ています。現在のプロレス界は興行で八百長ありを世に露見する事で終焉を迎えてしまいました。アメリカ人みたいにセメント(真剣勝負)ではなくて、アングル(八百長)があろうがなかろうが、キャラクターに一喜一憂すると言う柔軟な精神性を持ち合わせていないのが日本人ですから、そうなった時点で「今までだまされていた」と悪意で突き離すでしょう。

高校野球が八百長だったら????想像するだけで恐ろしい事になりますよ

ベンチャー大学 

February 02 [Wed], 2011, 19:06
昨日はザ・メディアジョンの代表の山近義之さんの講演を聞いた


えっ!中国見たいなマネマネさん?と思いきや、元々テレビジョンの製作をしていた会社なので「愛着」と「ギャグっ気」でロゴ製作しているのだと思います。

出版の仕事が将来減少するので様々な事業を立ち上げてられて、今回はベンチャー大学の話が中心となりました。

早稲田でも慶応でも新卒就職率が80%台の戦後最大の氷河期を迎えている中で、この大学を卒業した人は100%近く就職し、上場企業も中には含まれていると。入学費も学費も無料!四大か大学院の卒業生が多いそうですが、授業内容がユニークで本物のプロレスラーと練習とか知覧の富屋旅館へ行って、第二次世界大戦で飛び立っていった同世代の若者の遺書を見せたり・・・・・・

草食で異性に興味が無く、バーチャルな引きこもりの学生ばかりが多く、誰も採用したくない若者ばかり。でもそう育てたのが便利主義一本でやってきた今の団塊の世代ではないかと。よって精神、歴史、文化をもう一度教えようとしている短期間の大学です。無料なの賛同する企業から協賛金をもらい成りたてているようです(偉い!)



卒業生はどの企業でも同期のトップを走っているとか。どんなに世の中が進んでも3M(人材、素材、お金)の需要は高いので、マンパワーだけを提供するのではなく人間力が高い人間を創出しようとしているわけです。これは野菜も一緒で量販店で安い海外製の野菜もあれば、オーガニックの野菜もあるわけで、これからは小さく長くオリジナルな人材開発が必要です。ワインもカベルネ・ソービニョンやメルロー種がフランスやイタリーやナパやオーストラリアに行っても同じワインになるのはその種が持つ優位性だからだと思います。環境で人が変わる事も言えるかわかりませんが、本来、人間は優秀な種なのではないでしょうか?

そんなことを考えながら、私は鹿児島の知覧にある富屋旅館にすぐにでも行きたくなり、その前に靖国神社(実は全国にある!)にお参りに行き、時代に翻弄された、産まれた時代が悪かっただけの私の兄達(先祖)に手を合わせて来ようと思い立ちました。

日本は東南アジア諸国と違いどこかの植民地に支配された事はありません。もっともアメリカは自国が戦場となった事もありませんが。そう言う点では非常に交渉力と地の利を生かして生きて来た民族です。それは我々は誇りにしても良いでしょうね。秋田国際教養大学のバカでかい図書館が24時間運営で就職マニュアル本が一冊もないのに、このご時世で就職率100%だと・・・・他にも沢山の興味あるお話し聞かせてもらいました。

隣でいびきをかいて寝ていたおじさんが団塊の世代だった

環境に対して 

January 21 [Fri], 2011, 19:08

環境省から認証を頂いた。

電報1通配達する際に出るCo2の数値を計算して、その分をお金で計算して国に支払い国はそれをニュージーランドの緑化に使用する・・・・・とわかりやすく言えばそう言う社会貢献が認められたと言う事です。

手前みそですが、当社の様な規模では中々の排出権購入数となっています。

電報は紙で出来ているし、配達はガソリン車だからそれはそれで仕方がないけど、それでは忍びない・・・・との気持ちです。

会社はゲームなのか 

January 20 [Thu], 2011, 18:14
プロ野球選手の平均寿命が29歳らしい・・・
1チームあたりの登録者数限度が70名なので12球団で840名、一軍登録は28名なので336名がまあ陽の目を見る枠数
年間1千万円以上稼げるのがこの約300名だけであり、電通とか商社や金融などはそれ以上はゆうに一般人で社員としているでしょう

日本全国の中高、リトルを合わせた野球人口の中で「出来れば野球選手になりたい」と思っている人口数万人はいるでしょうから狭き門です。成功する確率が低くて寿命も29歳か!しかしながら「夢」の一言でがむしゃらに追いかけてしまうのも美しい話だと思う。

問題は29歳からの長いセカンドステージをどう予測しながらプロに向きあうか。でも一生懸命に野球だけ追いかけないとそんな甘い世界ではない。と言う事で、引退後は中学生レベルのおっさん状態で世間に放たれるわけです。挨拶、電話応対、数学、PCなどなど全てにおいて「浦島太郎」状態ですから、よっぽどの客寄せパンダ(有名人)以外は勤める事が出来ない。本人達がビビって一般のサラリーマンに飛び出せない

野球選手に限った事ではないが、一応プロになれた選手はエリートでアルバイトも経験が無い人間が多い。最近の大卒者が専門学校に通う姿を見て、結局は一流大学出で優れている逸材以外は学歴も(プロ野球選手歴も)これからはなく、雇いたい側が必要な項目をしっかり出来る人材であれば高卒以上であれば良いのだと言う事。前から言っていますが大企業はそう言う風に採用の考えを変えるべきです。そこがチラ見せするから、世間の親は「一流大学出て・・・・」と幻想を持って教育し、結局二流大学に入られてがっかりして、就職できずにイライラして、変な(親が思う)聞いた事のない会社に就職して怒ってしまうと言う悪い流れになってしまう

プロ選手もビジネス学校に半年くらい行った方が良いですね。なけなしの入団金を飲食業など開業してもすぐに無くなるから・・・・・

企業が倒産するのだから人間も倒産するのは当たり前。しかし更生法があるので何とかセカンドライフへ万全なスキルを身に付けて経験を生かして立ち直って欲しい。特に未だに就職が決まらない今春卒業者の皆さんは、まだ失敗していない。まずは土俵を選んだり高望見せずにベンチャーでも零細企業でも何か光るものが見いだせればそこの入るべきだろう。そして転職すれば良い。土がついた人生でないと先はない


倒産情報に「New!」は辞めてほしい

タイガーマスクか・・・ 

January 12 [Wed], 2011, 19:17
全国に拡大中のタイガーマスクですが、あえてタイガーマスクを名乗るとは本家は私と同年齢ではないかと思いますよ。私が小学校低学年時にTV放映されて爆発的な人気を博したアニメです。無論、その前からぼくらマガジンに連載はされていましたが、やはり圧倒的にTVでのファンが多いと思います。

★単純にお金持ちで昔から裕福
★実際に養護施設に入っていて、現在は裕福になりお返しのつもりで
★お子さんが小さくして亡くなり、お子さんの年齢に近い為に
★単純に世間騒がせ
★CR機を売りたいSANKYOの社長
★作者である梶原一騎の奥さん などなど
色々な本家のイメージが浮かびますが・・・・・

伊達直人はタイガーマスク本人の仮面の中の人物。小さい時に孤児院、ちびっこハウスで生活していた時に動物園で喧嘩しているところを悪役レスラー養成機関「虎の穴」に連れ去られ、タイガーマスクデビュー後は虎の穴を裏切りちびっこハウスに寄付をし続けながら、次々に送られる刺客悪役レスラーと死闘を繰り広げると言うヒーローの役。漫画では最後は車に轢かれてあっけなく死んでしまうと言うショッキングなラストシーンだった

今回はこの伊達直人名でランドセルを養護施設に寄付しているベタな奉仕を行っていますが、果たして本家に感銘を受けて続々と全国で第二の伊達直人、第三の伊達直人が出現している様ですね。昔から世直しと称して月光仮面が良く出てきましたが、あれも幼少時代に月光仮面に震えた年齢層の方だったんでしょう。そう考えれば将来はアンパンマンが現れて色んなパンを養護施設に置いてくる事も若い方はあるかも知れませんね

まあ、良い事だと思います。恥ずかしがり屋の日本人は大見栄切って寄付や慈善活動は行いにくい国民です。日本の寄付はせいぜい年間5500億円程度ですがアメリカは19兆円ほどしています。小さいイギリスでも1兆3千億円と遥かに日本を上回っています。投資も寄付も苦手な日本人は貯蓄と言うローリスクローリターンの安全性を重視して細々と死ぬまで逆算して無し崩していく方が多いけど、欧米人は金は動か(回す)さないと膨らまないと言う概念があるのでしょうね。

伊達直人さんも寄付すれば自分に又、返って来るんでしょうね。しかしここまで大きな報道になるとは当人は思っていなかったでしょうね!


面白かったのは今朝の日経新聞でこの記事の中でインタビューを受けていた赤い羽根基金の事務局長の名前が伊達さんだった事

菌が死んでん 

January 07 [Fri], 2011, 18:36
すみません・・・・ダジャレ  改めまして明けましておめでとうございます(謹賀新年)


冬は寒いけど空気が澄んで、目覚めのカーテンを空ける喜びは富士山が拝めるかどうか。写真では小さいですが、結構頂きは拝見でき、かしわ手を打ってシャワーが私の日課となっています。

6日から始まりすっかり年末モードで仕事を進めています。毎年、お正月や初出社などと風情のあるノホホンとした空気は無くなってきましたね。年末楽しみな格闘技も特番の数々もあっと言う間に録画を見て、それも毎回「思ったより面白くない」評価で見切ってしまい、おせちも手作りではなくECの物で冷凍で届いて冷蔵に変えて食べるって・・・・それだけで「美味いはずがない」と見切ってしまう。ああ風情がない

これなら日常の仕事と週末休暇の方がよっぽどメリハリあって楽しいわ!今日は有森裕子さんとお会いして、17年前の松野明美さんとの強烈なオリンピック選考ライバル話をお聞きしました。これは来週10日月曜21:00〜22:54 TBS 系列で放送する「富士通SP スポーツ人間交差点〜光と影〜」の中で17年ぶりに再会をするライバルのドラマが見れますので、ぜひ皆さん見て下さい!

と言う訳で2011年の始まりです!勤続30周年、設立10周年、兎年男のフィーバー年、最強の年にするのである