ブログ卒業のお知らせ。 

June 30 [Mon], 2008, 19:04
不妊クリニック卒業で、一つの区切りにしたいと思ってました。
このまま続けていこうかとも思ったんですが、、、、

今後どうしても話題がマタニティ中心になってしまうと思うので、このブログは
卒業し、新ブログを立ち上げることにしました。

新ブログは
「にんぷな日々。」

思い起こせば、子供が欲しいを思って基礎体温を測り始めたのが2年半前。
治療始めて1年8ヶ月。
何度もくじけそうになり、夫婦でぶつかったこと数え切れず。

「なんで子供が欲しいんやろう。」
「なんでこの人と結婚したんやろう。」
「夫婦二人の生活ではあかんのか。」

そんな自問自答をずっとずっと繰り返してた気がします。

妊婦サンを見るだけで涙が出たり、友達の妊娠出産報告を喜べなかったり、
そしてそんな自分が嫌になったり。

子供を欲しいとさえ思わなければ、こんな辛い経験はしなくて済んだこと
なのに、って。

でもやっぱり、この人と私の子供が欲しい、と思う気持ちがあったからこそ
頑張れたんだと思います。
ベビ待ち期間は辛いことの方が多かったけど、その分大切なことに気づけた
時間でした。

自分が今ここに生きていることが奇跡なんだと初めて気づいたし、両親にも
感謝の気持ちでいっぱいです。
命の尊さを子供が生まれる前に気づけたことも。
当たり前に子供を授かって、当たり前に出産していればわからなかったことも
きっとたくさんあったんだと思います。


そして、このブログで沢山愚痴を聞いてくれて、沢山励ましていただいた
皆さんに本当に感謝しています。
ありがとうございました。

一日も早く皆さんのもとにベビが来るよう心から祈っています。

ありがとうございました。           nao

7w6d  卒業。 

June 28 [Sat], 2008, 12:35
昨日は仕事帰りにクリニックへ

無事,成長していれば卒業。不安な気持ち,期待する気持ち。
いろいろ抱えて診察台へ。

モニターには大きくなったたまちゃんの姿がありました。
「後ほどご説明します。」

ちなみに。
私の通うクリニックでは,診察の内容が待ってる人に聞こえるため,
不快な想いをさせないように,との配慮から,妊娠された方の診察時
には,モニターを見ながらの詳しい説明は一切ないんです。

S先生との面談。
「今日でご卒業です。おめでとうございます。いろいろありましたねー。
 大変なのはこれからですよ。無事生まれたら連絡してくださいね。」


がっちり握手していただきました。

看護師さんにも
「ご卒業おめでとうございます。」

今まで学校を卒業する時の心境よりも,一番感慨深かったような。

クリニックからのお手紙とアンケート用紙,そして次の病院に渡す紹介状をもらい
クリニックを後にしました。

何年も何回も頑張って治療を続けている方がたくさんいること。
いろんな理由で諦めざるを得ない方も少なくないこと。
そんな中で,2回目のBTで小さな命を授かることができた私は本当に
幸運なんだと思う。
2度転院して,今のクリニックに来た。S先生に出会えて,本当に良かったと
思う。

卒業できることが夢のようです。

昨日いただいたエコー写真には13ミリのたまちゃんの姿が。
小さな頭と小さな手足も見えた。

前回陰性という結果に終わり,2ヶ月凍結していた胚をお迎えに行った日,
「暗くて寒いとこにずっといさせてごめんねー。これからはずっと一緒ね。」
そう話しかけてた私。
いまだにお腹の中に命があるというのが不思議な感じがしていて,実感とか
湧かないけど,やっぱり嬉しい。

この先も自分のペースで頑張りたいと思います。

仕事はいつまで?? 

June 25 [Wed], 2008, 23:32
妊娠してるのも忘れて走ってしまうくらい身体が軽い日もあれば,
しんどくてしんどくて横になりたいと思う日もある。
肩凝りも酷いししんどさは,慢性疲労って感じかな。

とりあえず今のところ,当分仕事は続けられそうな感じ。

職場にはまだ一切話してない。
今週末,無事クリニックを卒業できれば,上司に話すつもりなんだけど。

5人しかいない弱小企業。
一応資格が必要な仕事をしてるので,辞めるとなるとやっぱり後の
ことも気になるし。
「立つ鳥あとを濁さず」ってことで。

経済的なことを考えると,
そして,家事よりはお外で働いていた方がマシ,と思う私なので,
体調さえよければギリギリまで働くのもアリかなと思う反面,,,

最初で最後かもしれないマタニティ生活。
無事に出産が終わってからは休みたくても休めない育児生活。

だったら,数ヶ月のんびーりしてみるのもいいんじゃないか,って。

マタニティヨガはやりたい。
マタニティスイムもやりたい。
冬生まれのベビのために手編みでもしてみようじゃないか。

色々悩む今日この頃。それが楽しい。


追伸
無事クリニックを卒業できたら,ブログもお引っ越ししようと思っています。
またお知らせしますね。

6w6d 診察日。 

June 20 [Fri], 2008, 19:03
会社帰りにクリニックへ。今日もS先生。

先週5w6dでは胎芽も何も確認できないし,胎嚢すら8.5ミリって状態で,
正直もうあかんのじゃないか,,,,,,って思ってた私。

「信じてたらきっと大丈夫!」なんて言ってたくせに,もうあかんかった時の
ことばっか考えてて。
手術とかなったらしばらく会社休まななあ,とか。

そんなこんなの1週間。しっかり腹くくって,今日の診察となりました。

変に緊張することもなく,内診台に座って。
超音波で確認,,,,,,胎嚢発見。
そして,拡大して大きく写してくれました。

「ここ,わかりますか?」

「・・・・・・・・・・・。」

胎嚢の中にどうも胎芽っぽいものを確認はしたけど,S先生は何を言いたいのか,,
と思ってる時に何となく動いてるように見えて!!!
ピコピコ全身で動くのがようやくわかりました。
胎芽はまだまだ小さく4.8ミリ。
ようやくたまちゃんに会えた,とただただ嬉しかったです。

面談で今後のこととかお話ししてきました。
来週問題なく大きくなっていれば卒業とのこと。

「つわりが全然ないんですけど,大丈夫ですか?」

「全然問題ないです。たぶんそのうち出てくると思いますよ。
 naoさんは,,,つわりないかもしれないですね。」


へ???

先生の考えでは,妊娠してHCGがどんどん増え続けるけど,それに身体が
慣れていけばつわりはひどくならない。
あと,性格にもよる,らしい。
不安でいっぱいだとつわりも酷くなる。逆に性格が穏やかであまり不安を
感じていなければつわりは軽い,と。

「性格穏やかでしょ。」
なんて,先生が言うので
「神経質ですよ,かなり。」

としっかり否定しときました

あと,産婦人科の選び方について,総合病院が個人の産婦人科のどちらが
いいのかな,と思ってたので,それについても質問。
先生の考えは,,,

総合病院は産科以外の科があることだけがメリット。
別に優秀な先生が揃ってるとは限らない。むしろ,個人の産婦人科は
総合病院で経験を積んだ優秀な医師が開業してる訳だから,優秀な医師が
多いと思う。万が一何か問題があった時に,対応できる大きな病院に
搬送できるルートさえあれば,個人病院で大丈夫。


とのご意見でした。
参考にさせてもらおう。


色々不安もつきないけど,あとはたまちゃんの生命力を信じて過ごすだけ。
どうか1週間後に大きく成長してますように。

蛍デート。 

June 18 [Wed], 2008, 18:59
こないだ買ったソファーが昨日届きました

部屋が狭いから、ちょっと大きい気もしたけど、すごく座り心地が
よくて嬉しい。自宅を居心地の良い空間にしたいなあ、って常々思うのに、
どうしてもバタバタ忙しくしてたりしてインテリアどころか掃除すら手抜きだし
なかなかなあ。
時間が欲しい。てか、時間は作るもんなんだっけ。

                                
        
昨夜は旦那クンが夕食後に蛍を見に連れて行ってくれました。
大阪と京都のちょうど間くらいの山道?なんだけど、全然人はいないし、
車もあんまり通らないし。
どーせいても数匹だろなと正直ゆうと思ってる私。

「ほんまにいてるん?!」
「もうすぐもうすぐ。」

「着いた。」

車を停めて外を見たら、いーーーーーーっぱいの蛍
ゆらゆらゆらゆらほのかな光があちこち飛び交う。
数え切れないくらいいっぱいいて、なんか、、、、、感動しました。

生まれて初めてこんなにいっぱいの蛍を見たと思う。
素敵なデートに連れて行ってくれてありがとう。

寝苦しい。 

June 17 [Tue], 2008, 13:29
昨夜は暑くて夜中何度も目覚めてしまった
布団から出ても、暑い。冷たいところを求めてコロコロと転げまわってた。
旦那クンがクーラーを入れてくれたけど、今度は今度で寒いし。
体温調節がうまくいかないなあ。

先生の指示でまだ体温測り続けてるけど、意味があるんかな、とか思ったりする。
一ヶ月以上黄体ホルモンの薬を飲み続けてるからお腹の状態と関係なく高温なんだと思うけど。
お薬は止めないようにと看護師さんにも毎回言われる。
自力でホルモンが出ない状態なので、止めると妊娠を継続できないらしい

この先どうなるかわからないけど、義父母にあった時にちらっと妊娠してるっぽい、
と伝えてみたら、お義母さんは

「2ヶ月でしょ。そんなん全然期待したらあかんで。」

むむむ。現実的なお返事でした。
お義父さんは喜んでくれて、「ちゃんと妊娠してたらいいなあ。」って。

私より旦那クンより一番現実的なのはお義母さんでした。
「これからは責任重大やで。」
とか、そんな言葉をわんさか頂きました。

厳しい人です、ほんと。

本当はもっとちゃんと確定してから言った方がいいんだろうけどね。


最近は自覚症状がほとんどないです。
眠さと胸の張りと腰痛くらい。
不安になる、ってよりも、ここまできたらなるようにしかならない、って変に
どっしり構えてる感じかな。

1週間ぶりの診察。 

June 13 [Fri], 2008, 18:29
今日は久々のS先生の診察でした

採血もなく,すぐに内診に呼ばれ,,,,

モニターに映った成長した胎嚢。
大きくなっててくれて嬉しかった。

でも,5w6dにして胎嚢が8.5ミリ。胎芽も確認できず。
早い人なら心拍も確認出来はじめる頃。

面談では特にいろんな質問をしませんでした。
S先生のお話では,

 大きくなってきてる,とゆうことが大事。
 この時期にまだ胎芽が見えない場合もあるから,大丈夫。
 基礎体温は心拍を確認できるまで続けてください。


そんな感じでした。
先週のHCGの結果(4w6dで952?)について,聞いてみたら,
 たしかに心配な数値ではある。
って。
そして,今日はHCGを測るための採血もなし。
 おそらく伸びてるでしょう。
と。
しなくてよかったのかもしれないな,と思う。低かったらショックだから。


成長が遅いんか,,,成長続けてくれるのか,,,,,

不安な日々はまだまだ続きそうです。
ガンバレ,たまちゃん。

どうなってるんかなあ。 

June 11 [Wed], 2008, 19:19
お腹の中,どうなってるんだろう,,,,,
金曜に診察&採血です

つわりのようなものは全然ないし,腹痛も生理2日目か?!って感じに痛い時も
あれば,全くない時もあるし。

胸が張って痛いのと,腰痛だけはずーーっと続いてます。

まだ,職場や友達,両親とかにも一切言ってないので,心配なことがあっても
経験者に聞けないし。

ああ,成長してくれてるんかなあ。不安です。

5w1d おでかけ。 

June 08 [Sun], 2008, 21:57
旦那クンとは和解しました

今朝は二人で京都の鈴虫寺へ行ってきました
私は何かにつけて,鈴虫寺にお願いをしに行きます。

最後に行ったのが,去年の秋だったかな。
「赤ちゃんを授かりますように。」
とお願いしに行って。

今回は
「お腹の赤チャンが順調に成長して,来年2月に元気に産んであげれますように。」
とお願いをしてきました。

お寺の方がお話しをしてくださるんですが,(毎回同じ話)今日はなんと,
一番お話しのうまい方に当たりました(何度も通ってるとわかるんです)
それだけでかなり得した気分

お地蔵サマにしっかりお願いしたので,もう大丈夫。



京都から帰ってきて,私は友達に会いにおでかけしました。
生まれて1歳になる子供を連れてきてくれた友達。
1年って早いなー,とつくづく思ってしまって。

その子は一度流産して,その後妊娠。
つわりが酷くて入院したり,お腹の中での成長が遅くて,結局早産。
1900グラムくらいで出産してました。

きっと妊娠中も出産後も不安は尽きなかったと思う。
それでも頑張って子育てして大きく成長した赤チャン。赤チャンの生命力もすごいと
思ったけど,何より母は強いな,ってね。

親になることって,子供を通して自分が成長することなんだろうな。

4w6d 診察。 

June 07 [Sat], 2008, 9:06
判定日から6日間,本当に長かったです。
いろんな不安を抱えて,夕方クリニックへ


着いて受付の方に
「担当医のSですが,家庭の事情で本日帰りましたので,
 診察は院長になります。」

と。
あとで掲示板を見たら,奥様のC先生が急病とのことで,
しばらく診察はC先生→S先生となるそうです。
C先生,大丈夫でしょうか,,,,


院長の内診では,,,,

小さな小さな胎嚢が子宮内に見えました。
2.7ミリ。
本当に見過ごしてしまいそうな位小さな点。

その後,HCG測るために採血して,結果を待って面談。

  HCG 952

院長から言われたことは,正直厳しいものでした。

 見えてる胎嚢も小さいからこのまま育っていくかどうかは様子を見ないと
 わからない。
 HCGの数値もそれほど高くないので,このまま流産してしまう可能性も
 頭に入れておいた方がよい。
 そんな状態なので,ホルモンのお薬は続けてください。 


そんな話でした
院長,,,,,厳しいですなあ。
長年の経験上,数値から適切な判断でしょうが,こうもはっきり言われるとねえ。

まあ,最初のHCGが60スタートだったから,流産の可能性とかは実際頭の片隅
にいつもいてます。
でも。
しっかり子宮の中に着床してくれて,6日間で60から952まで増えてくれたHCG。
今は不安になっても仕方ない。
たまちゃんの生命力を信じるしかないもんね。


帰宅してから,旦那クンの些細な心ない言葉にキレてしまって。
前向きに頑張ろうとしてたけど,やっぱり抱えてる不安も大きかったのか,
その言葉を決して冗談と受け取れなくて,怒るわ泣くわ。

不安になったり,怒ったり。
マイナスの感情はきっとたまちゃんに伝わる。
笑顔で過ごせたらいいなあと心から思いました。

1週間後診察です。
スローペースでもいいから,大きくなってて欲しい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1977年
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-3歳から始めた水泳。今はジムでたまに泳ぐ程度。最近はホットヨガにはまってる。
    ・旅行-国内外問わず旅行好き。今まで行った国は…イタリア、タイ、マレーシア、オーストラリア、韓国、スペイン。結婚後はもっぱら国内。
読者になる
2005年10月結婚。 2006年1月よりベビチャンを意識し、基礎体温をつけ始める。 2006年9月病院デビュー。 高プロラクチン血症、黄体機能不全と診断される。 2007年1月転院。 クロミッドでタイミング指導(三回)。 2007年4月某有名クリニックへ転院。 多嚢胞性卵巣,高プロラクチン血症と診断。 男性不妊(乏精子症、精子無力症)も発覚。 2007年5月初AIH→× 2007年10月治療再開。 2007年11月2回目AIH→× 2007年12月3回目AIH→× 2008年1月4回目AIH→× 2008年3月初ICSI-BT→× 2008年5月HART→陽性反応!