洗濯機 

October 24 [Sat], 2009, 22:12
我が家で使っている洗濯機は、コタローが生まれる前に買ったドラム式洗濯乾燥機。その洗濯機がついに壊れた!洗濯機につながっている水道の蛇口を解放しているのに、給水がうまくいかない。最初だけちょろちょろ水が出て、やがて止まってしまう。何度スイッチを入れ直しても同じ症状。洗濯機の中には、洗剤にまみれて中途半端に濡れた洗濯物・・・。

か、勘弁してよ。まだ買って6年もたってないのに。買った当時で12万近くしたはず。今までも、修理の人に機械内部のファン(?)に詰まった埃を取ってもらったり、焼き切れてしまったモーターを交換してもらったり、リコールで配線交換してもらったりしたのに。それでも、乾燥後、なぜか一部分だけ水浸しになったり、ドアがうまくロックせず体重かけてぐいぐいやってロックさせて洗濯したりと細々した不都合も我慢してきたのに。

そして、洗濯機の使えないこんな時に限ってコタローが夜中鼻血を出し、枕カバーとシーツと布団カバーが汚れてしまうし、ナツはトイレマットの上に大々的にお漏らしをしでかしてくれた。洗濯できないのにどーするの!(洗濯機の中の濡れた洗濯物もどうするの!?)

あ〜、修理するなり新規購入するなり、早くしないと洗濯物がたまる。そして、こういう故障ってたいてい週末なのよね、はぁ。どうしよう。

ウイルス性のイボ 

October 22 [Thu], 2009, 11:30
2ヶ月ほど前、コタローの左足の土踏まず付近に小さくぽちんと堅いものがあるのに気がついた。本当に小さくて、本人は痛くもかゆくもないとのことなので、直に治るかと放っておいた。

1月後、気づくと若干大きくなってる?でも、やっぱり痛くもかゆくもないらしい。しかし、同じ足の親指にも、同じ物ができている。ちょっと気になる。

そして今週あたりから、親指のぽちんとしたところが当たると痛いと言い出したので、今日皮膚科へ行ってきた。

結果は「ウイルス性イボ」だそうだ。堅いので魚の目と間違えられやすいそうだが、よく見ると中心に黒くぽつぽつしている物があるのが特徴だとか。確かにその通り。飲み薬・塗り薬などの薬による治療法は今のところないそうで、液体窒素で根気強く焼いて早くて半年、長ければ一年以上かけてイボ撲滅を目指すらしい。

そしてコタローの治療。私がコタローを押さえつけて足のイボを窒素で焼くのだが、とても痛いらしい。数回ずつ繰り返し、そのたび歯を食いしばりうなり声を上げて我慢する姿をみると、こっちがつらくなる。治療後、足が痛くて靴下はけない!靴はけない!歩けない!というので、仕方なしにナツのベビーカーに乗せて帰るはめに。でも、痛くても全く泣かなかったのはえらいなぁ。

この治療があと半年以上続くかと思うと、本人もつらいだろうけど、連れて行く私も気が重い・・・。早く治れ〜!

好きこそものの上手なれ 

June 06 [Sat], 2009, 2:59
最近、トイレがお気に入りのナツ。
後追いの頃から一緒にトイレに連れて行くようにしていたら、自分もトイレに座りたがるようになってきた。
いざトイレトレーニングを始めると便座に座ることを怖がる子もいるという話なので、興味のあるうちに座らせてみようと思い、兄コタローにも使った子供用便座を引っ張り出してきたのが半月前。
気が向いたときに「といー(トイレ)」というので、その都度おむつを外して座らせてきた。
そうしたらついに、一昨日、座って上手におしっこができてしまった!
そして今日も2回、トイレでおしっこ。
ひーえー!まだ1歳9ヶ月、トイレトレーニングは2歳過ぎてからと思っていたのに・・・。
(昔は1歳でおむつを外したというが、最近は2歳〜が主流だよね?)
完全におむつが外れるまでの道のりはまだまだ長いとは重々承知だが、あっさり第一段階をクリアしてしまった。
拍子抜け。

お兄ちゃんがしていることをみているからか、歯磨きもいやがらず上手に磨かせてくれるし、歯磨き後の口ゆすぎも1歳8ヶ月でできるようになった。
鉛筆の持ち方も、教えてないのに上手だし、食事もお箸で食べたがる。
(いずれもコタローより、だいぶん早い。)
とにかくお兄ちゃんの真似がしたくて、真似が楽しくて仕方ない様子。
二人目はいろいろ早いというけれど、こういうことなんだとしみじみと実感する今日この頃。

花粉症 

March 03 [Tue], 2009, 23:05
 今年もやってきた花粉の季節。ここ数年来の私の対策、「乳製品断ち」のお陰で快調快調。乳製品さえ摂らなければ花粉症の症状が全くでないので、花粉症が治ったかと錯覚するくらい。バターを使った洋菓子などを食べると、外出時に目がちくちく痒くなってくるので、花粉症が治ったわけではなさそう。

 それにしても、乳製品を摂らなければ花粉症の症状が出ないことを気づかせてくれたのは、コタローの食物アレルギーのおかげなんだよねぇ。(きっかけは、食物アレルギーのコタローに授乳するためにアレルゲン除去食を徹底したこと。)

 子供がアレルギー持ちだと分かったとき、何で食物アレルギーになっちゃったんだろう、何が悪かったんだろう、なんで子がこんなに苦しまなくちゃいけないんだろうとマイナスなことばかり考えていたけど、食生活の見直しのきっかけにもなったし、私の花粉症の症状改善という結果もついてきた。子供に食物アレルギーがあってよかったとは思わないけど、全く悪いことばかりだったわけではないんだなぁと最近思う。除去さえうまく言っていれば、コタローの症状も落ち着いているし、私自身除去食を作ることに慣れてきたからかな。肩の力を抜いて食物アレルギーと長く付き合っていく覚悟ができてきたのかもしれないね。

あしあと 

March 01 [Sun], 2009, 23:28
 本日は家族そろってお買い物。いつもコタローの靴を購入している靴屋へ行った。ここでは、コタロー1歳半のころからお世話になっており、大体半年に一回はフットプリントをとってもらって、足に合った靴を見繕ってもらっている。


↑こうやってフットプリントをとると
↓こんな感じにできあがり。



 前回に比べ、かかと辺りが大分太くしっかりしてきたし、土踏まずも形成されつつある。また、足の指に力が入ってしっかり立てているようだ。3足の靴を試し履きし、一番足に合っているものを更に調整して購入。コタローの足は私に似てしまって、甲がとても薄い。なので、靴がより足にフィットするようにインソールを調整してくれた。

 また、今回は初めてナツもフットプリントをとってもらった。(初めての時のコタローと同じく、大泣きで嫌がっていた。)

 見てもらったところ、以前こちらで購入したコタローのお下がりの靴で間に合うとのこと。このお下がりの靴も丁寧に調整(靴底やわらかくしたり、靴の革を器具を使って伸ばしたり)してくれた。

 こちらの靴屋へ行くときには事前に連絡し、いつも同じシューフィッターさんにみてもらっているのだけれど、本当にいつもとても丁寧に見てくれている。子供にも優しく、コタローは「靴屋のお兄さん」と慕っている。こちらの靴屋は他にもいくつか支店があるようなので、他へ転勤してしまわないことを願うばかりだ。

週末の小旅行 〜鉄道公園めぐり〜 

February 16 [Mon], 2009, 18:32
今年はコタローのスキースクールデビューを予定していて、そのために2月14〜15日の週末を利用して、スキー旅行を計画。ところが、天気予報では関東全域、春うららの暖か予想。旅行前日には春一番が吹き、旅行当日は朝から既に暖かい。目的地の群馬に向けて車を走らせている途中から、気温は20度超え。急遽スキーをあきらめ、目的地を碓氷峠鉄道文化むらへ変更。電車好きのコタロー、大喜び。


↑D51とラッセル車

ここは以前にもきたことがあるが、そのときはコタローは2歳だったため、あまり覚えていない様子。あの時は11月だったけど、すごく寒かった・・・。

それにひきかえ、今回は2月といえど23度以上ある快晴。コタローは走り回って次々列車を見学。敷地を一周するディーゼル機関車のあぷとくんや、石炭で走るミニSLにも乗り、ご満悦。ちびスケのナツも、お兄ちゃんに負けないはしゃぎよう。お兄ちゃん同様、列車が大好きに育っている。

夜には、温泉宿で露天風呂を満喫。脱衣所もお風呂も申し訳程度の屋根のある、ほとんど屋外のような作りのため、今回の暖かい陽気のおかげで楽しめたようなもの。冬の寒さだったら入る気しなかったな、きっと。


翌日、予定が何も無く、かといってこのまま帰宅するのも癪なので、青梅まで足を伸ばして青梅鉄道公園へ。


今日も快晴ということもあり、駐車場は満車。何とか車を停めて、場内見学。列車大好きのコタローは、喜ぶかと思いきや、車の中での昼寝を中断されたためか、とても機嫌が悪い。念願の0系新幹線を見たり乗ったりできたのに、この機嫌の悪さは何!?0系引退のニュースを見るたびに「本物見たかった〜、乗りたかった〜!」というコタローのために、わざわざここまで運転してきた夫もがっくり。

あまりの機嫌の悪さに、他の列車や機関車の見学もそこそこ、帰宅することに。(帰宅後は「0系見られてよかったね」と喜んでいた。)



最初の目的であるスキーはかなわなかったけど、二つの鉄道公園と露天風呂を満喫できて、短いなりに充実した旅行でした。

ナツの成長(言葉編) 

February 10 [Tue], 2009, 20:59
歩き始めも1歳3ヶ月過ぎてからと、遅めの成長のナツ。今日でちょうど1歳半。

ここのところ、急に言葉を理解するようになり、また、片言ながら言葉らしきものを発するようになってきた。

「ペイペイ(おっぱい)」「ねんねー」「にゃんにゃん」「わんわん」「やったー」「でたー」「これー」などなど・・・。

そんななか、笑えるのが「いーよー」。これはオニギリのこと。兄であるコタローも、はじめのうちはオニギリのことを「いーよー」って呼んでいたのだ。そう教えたわけでもないのに、どうしてオニギリが「いーよー」になるのか。不思議。

歯の痛み 

February 05 [Thu], 2009, 23:32
今日は私の歯の定期検診に行ってきた。

ここのところ、右上奥歯と左下奥歯がしみるというか、ひびくというか、なんとも不快な症状が続いていた。ああ~、虫歯か、いやだなぁと思いながら今日の検診の日を迎えたのだが・・・。

結果、これは虫歯ではなく知覚過敏だそうだ。歯の噛みあわせが悪く、今回症状が出た2本の歯には、極端に力が掛かっていたらしい。また、普段から歯を食いしばる癖があるのでは?との指摘を受けた。

たしかに、ついつい気がつくと歯を食いしばってることが多い。歯を食いしばっていると、肩がこりやすくなると聞いてから、なるべくしないように気をつけてはいたけれど、まさか知覚過敏という症状も引き起こすなんて。
実際、鏡を見ながら説明を受けたけど、今回症状が出た歯にはエナメル層に何本か亀裂が入っている。そして、歯茎が下がって象牙質がむき出しになっているところもある。(クサビ状欠損とか言っていたかな?)

とにかく!今まで以上に歯を食いしばらないように気をつけよう。そして、そういう癖のある方、どうぞお気をつけください。

節分 

February 02 [Mon], 2009, 22:01
コタローが幼稚園に通い始めてからの感染症との闘いが激しく、すっかりご無沙汰のブログ更新。咳・鼻・熱の普通の風邪に始まり、結膜炎、中耳炎、ヘルパンギーナ、ヘルペス、トビヒ・・・。もう、感染症のオンパレード。(しかもコタローがかかると、漏れなく下のナツにもうつる。)かかりつけの小児科医には、「幼稚園は病気もらいに行くようなものだから。そうして免疫つけて、病気にならなくなった頃に小学校入学だよ。」と慰められた。「200回風邪引いたらゴール!」だそうだ、はぁ。

さて、明日は節分。コタローの通う幼稚園でも豆まきの行事を行うそうだ。子供たちが鬼の仮面をかぶって逃げるらしい。
コタローは大豆にもアレルギーがある。他のアレルギーに比べると数値は低く、現在、少しずつ大豆だけで作られた醤油や味噌を試し中。でも、試した日の夜には痒がることが多いため、解除もなかなか進まない。なので、まだまだ大豆そのものは食べたり触ったりしていない。
節分の鬼打ち豆といえば、大豆。せっかくの幼稚園の行事で、子供たちは事前に工作で鬼のお面を作ったりしているらしく、コタローも豆まきを楽しみにしているので参加できるか家で鬼打ち豆を試しで触らせてみた。しばらく触った後は、石鹸で手をあらわせたところ、すぐに痒がることはないようだ。
ということで、明日の豆まきには参加決定。
コタロー、楽しんでおいで。

メダカ鉢 

May 02 [Fri], 2008, 22:26
昨年設置したメダカ鉢。
去年の夏にベランダに蔓延した植物の病気?害虫?にメダカ鉢の水草までもがやられてしまい、ヒツジグサもヒメトクサもホテイアオイも、白いふわふわが着いたかと思ったら葉っぱがどんどん枯れてきた。もう植物全滅だと諦めていたが、春になったらヒツジグサから新芽が出てきた!嬉しい!今年こそ、ヒツジグサが花を付けてくれますように!あと、警戒心つよくて、すぐに隠れてしまうメダカが、もう少し姿を見せてくれるといいのになあ。
2009年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像けい
» 新携帯の新機能 (2008年03月19日)
アイコン画像あおば
» 秩父 (2006年03月29日)
アイコン画像ヌーピー
» 秩父 (2006年03月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hummingbird-05
読者になる
Yapme!一覧
読者になる