歌舞伎座で過ごす休日 

April 25 [Mon], 2005, 0:56
今日は久々に東銀座にあります歌舞伎座に行って参りました。今月は勘三郎襲名公演をやっていますが私の目当ては勘三郎ではなく(もちろん勘三郎も好きだけど・・・)大好きな大好きな片岡仁左衛門がででいるのです!
 それだけでなく、これまた大好きな演目の1つである「与話情浮名横櫛」をやるのでこれはもう行くしかないと思い彼氏を引き連れていざ歌舞伎座!!
  ・・・しかし今月のチケットはもうすべて完売ということなので幕見で見ることにし並んだはいいものの立ち見という結果に・・・。でも立ち見でも見られるならまぁいいかと思い直してみたり。
 今回は見染めの場と源氏店の場と2幕ですごくよかった。歌舞伎の魅力って役者の年齢をあまり感じさせないことがあると私は思う。20歳くらいの美少年を50,60歳の大御所の役者が演じても全くといっていいほど違和感がないんだよねぇ、これが。特にそうなのが仁左衛門と尾上菊五郎さん。それはたんにおしろいでのメイクのせいなんかじゃぜんぜんない!
立ち方や声そして経験・・・それらのすべてがなせる業なんだろうなぁ。
 今日も見染めの場でのお富(玉三郎)とぶつかってお互い顔をあげた時にあまりの美男美女さにはっとする場面での仁左衛門はすごかった。「はっとする」しぐさにも色男ぶりが感じられたのだ。ややなよっとしてるのがホントにおぼっちゃん風でたおやかで何ともいえない。
 それと併せて源氏店の場でのキメ台詞「しがねぇ恋の〜・・・」も鳥肌が立つほどゾクゾクしたのはいうまでもない。

 もっと同年代の子に歌舞伎を見て欲しいなぁ。

生まれてきてくれたことに感謝 

April 21 [Thu], 2005, 17:42
今日は彼の27回目の誕生日。なのに彼はお仕事・・・
そういうことなので昨日お祝いをしました。どこで食事をするかあれこれ考えネットで探したらとってもよさそうなお店を見つけた
         「秋田料理のなまはげ」 
かまくらを思わせる個室と一日1回のなまはげショー!!!

 行ってみると想像以上に素敵なお店でした。きりたんぽ鍋って初めて食べたんだけどおいしい! きりたんぽはおもちみたいにもちもちしててでもおもちよりはおこわみたいで不思議な食べ物だ。体は温まるしお腹にたまるし幸せ〜

他にも比内地鶏のつくねはこれまた同地鶏の黄身をつけて食べるという贅沢なものも美味!
つくねがそこらで食べるものと違い身がずしっと無駄なく詰まってる感じ。
 デザートで食べた「ばばへらアイス」はなんか昔の懐かしい味がした。夏にプールで食べるアイスの味。

 で、21時を過ぎてようやくやってきたなまはげショー 初めてなまはげなるものをみたけど迫力あった〜。私たちは個室だったからいつなまはげがやってくるかどきどきしながら待っていると・・・
 「悪い子はいね〜が〜」といきなり個室に侵入してきました。覚悟してまってたもののかなりびっくり。二人して「ぎゃ〜!!!」と叫んでました。
 なまはげは各テーブルにまわるんだけどテーブル毎に言う事が違う。
 私たちには「酒ばっかり呑んで仕事しねぇカップルはいねぇがぁ〜」だけど
 隣の個室のサラリーマンには「酒呑んで家に帰らねぇサラリーマンはいねぇがぁ〜」だった。
しかもうちの彼はなまはげに呑んでた泡盛を一気させられてたし写メを一緒に撮ってもらったり・・・となまはげのサービスは抜群でした。いい誕生日イブでした。

家にケーキを買って帰り日付が21日になってからハッピーバースデーを歌ってケーキを食べました。


其の後お風呂に入る前に何故か裸でスクワットを40回もしたら今日は筋肉痛でへろへろなのでした・・・

 でもほんとにいい誕生日だったね。貴方が生まれてきてくれてあたしの目の前に現れてきてくれたことに改めて感謝をします。






おたまじゃくしへの憧れ 

April 19 [Tue], 2005, 3:10
昨日は久々に丸一日休みだったのでうちのユダヤ人(彼氏)と出かけようかということになり清澄庭園に行きました。清澄庭園はとっても広くて一周するのも一苦労。いろんな種類の石が庭園のあちこちに置かれていてとても趣深かった。池、芝生、石・・・たったそれだけで成り立つ「美」ってのは日本特有の美意識のたまもの。西洋美術が嫌いというわけではないけど日本の「美」って単調でシンプルだけど多くのものを表しているからやっぱりとても優れていると思う。
 池の側に植えられた松の木の生え方一つにしてもなんともいえないくらいいい!あの良さをうまく言葉にできない自分の表現力に腹がたつけど。ししおどしから流れる水で鳥が水浴びをしていたのを見たときには本当に疲れきった心が一気に洗われたきがしたもん。風情というものを感じられる文化に生まれてよかった。
 
 更に驚いたことに池におたまじゃくしがいたこと!!! 東京でおたまじゃくしを見られるなんて思っていなかったので喜びはひとしお。何故か私は昔からおたまじゃくしって生き物が好きだった。小さいころは素手で掴んだりしていたし・・・。大人になった今でもこの手で触れてみたくなって池の中にそっと手を入れておたまじゃくしを捕まえようとしたけどさっといともたやすく逃げられてしまった。・・・で思ったのが何で私はこんなにおたまじゃくしにこだわっているのかなって。もしかしたら私は無意識のうちに精子を求めているんじゃないのかな?精子って形も動きもおたまじゃくしにそっくりだし。私は本能的に精子を欲しているのかもしれない。すごく元気に動き回るおたまじゃくしは元気で優秀な精子にどこか似ている。そんなおたまじゃくしに不思議と魅せられる私は優秀な精子と出会って一つになりたがってる私の卵子なのかもしれない。
  

・・・そんなおたまじゃくしについてしみじみ感じた一日でした。

お花見 

April 08 [Fri], 2005, 1:02
今日は予定通りお花見へ行きました。 昨日の暖かさもあってか靖国神社の桜は満開!満開!満開! いやいやいややっぱり日本の四季っていいものだと感じました。

九段下のぴえもんというぱすた屋で私は珍しくトマトソース系は止めにして梅しそいかスパゲッティーを注文し彼は相変わらずぺペロンチーノを頼みました。とっても美味しくて彼は「今まで食べた中で1番美味しいかも」って言っておりました。かわいい。

付き合って初めて行ったお花見も靖国神社だったので今年もこうして二人で桜を眺めることができてよかった。 
 桜はすごくきれいで可憐でいいのだけど、香りがもうすこしあったらいいなと思う。姿形はさくらのままで香りだけ梅なら言うことなし。でも人間と同じで草花も完璧なものってないんですね。

今日の心残りは桜餅が食べられなかったこと・・・

憤慨の日々 

April 07 [Thu], 2005, 2:06
最近腹立たしいことが沢山ある。

1 バイト先(居酒屋)のむかつく客
2 中国
3 韓国

まず、1のむかつく客っていうのはほんとに毎日必ずいる。老若男女問わず。自分のオーダーしたものだけはさっさと来て欲しいと思ってる人。順番を待てない人。本当に自分勝手。店側には時間に正確なことを求めるくせに平気で予約時間に遅れてきたり・・・。あとは言葉使い。オーダーするときに単語で言ってきたり。呼ばれて行ったら「生!」だって。従業員とはいえ人にものを頼むときは「生1つください」もしくは「生1つお願いします。」でしょ?あんたら社会人なんだし大人でしょ? もっとしっかり常識学んでくださいよ。

次の中国に関しては中国の全てではもちろんないんだけど。教科書検定に対して常軌を逸した行動をとる人。もちろん人の信条や思想には自由があるし自分と異なる考えを持つからって自分の考えを押し付けるつもりはないけど、反日の人たちの行動って首をかしげたくなる。
他国の教科書について「右翼化している」とか「侵略戦争を合理化してる」といってちゃちゃいれるのは内政干渉ではないのかなぁ?
 さらにひどいのはそれを理由に日本の製品を買わないって・・・? 中国はメリハリがないよ。スポーツにもその問題持ち込んだりするし。罪のない日本のスーパー襲ったり。もう少し冷静に考えられないのかしら・・・

韓国も同じですね。大使館の前でデモするまでは分かるけど、切腹しようとしたり小泉さんの写真を貼った人形を燃やしてみたり・・と。それで話が解決するならいいけど切腹したところで竹島は韓国領土にはなりませんよ。

まぁ、このように遺憾に思うことはありなかなかストレスも溜まるので明日は彼とお花見に行ってきます。手作りのお弁当をもってカメラもって仲良く手をつないでお花見し〜ようっと。
明日も今日みたいに暖かいといいな。

ちなみに場所は靖国神社と北の丸公園にしようかなと

祝!フル単! 

April 05 [Tue], 2005, 14:17
今日はガイダンスであり恐怖の成績返却日。銀座でゴーヤーチャンプルー定食を食べた後ガイダンスにむかう。

・・・結果は・・・無事にフル単!本当によかった。債権と民訴はもしかしたら落としたかもって思っていたのですごく嬉しかった。でも何故か今年は10単位もとらなきゃいけなくなっていた。フル単なら今年はゼミの4単位だけでいいはずなのに・・・。どうやら去年履修届けにミスがあったらしい。 
 今年は大学生活最後だしたくさん勉強して思いっきり好きなことしたい。だから今年は中国語とフランス語会話をとって国際人として頑張ろうと思う。

まぁそんなわけでいい気分になったし彼氏のにゃんにゃんもお休みなのでフル単を祝ってもらおうとケーキを買って帰ると彼もケーキを買っといてくれていました。更に嬉しさ倍増!
ささいなことでも喜びを分かち合えるってのはいいねぇ・・・。
たとえば「ちびまるこちゃん」を二人で読んでいて一緒のところで笑えたりする瞬間って幸せだなぁと思う。

私は家では犬のように彼のあとをくっついている。お風呂に入るっていえば慌てて後を追って自分も入るしトイレに入れば覗きに行く。きっとうっとうしいんでしょうね。
ま、それも愛情あるうちにしかできないことなんだし上手くいってるしるしかな。

タイセツナヒト 

March 26 [Sat], 2005, 23:34
今日は久々に母に会う。千葉の田舎町から会いに来てくれた。家族と離れて暮らしてからもう1年経った。・・・あっという間。

いつもそうだけど別れるときって泣きそうになる。今日もすごく楽しくていい1日だっただけに御茶ノ水駅で別れるとき電車を見送ると例の如くのどが熱くなって鼻がきゅんとなってもうだめだった。

家族ってホント大事。何者にも代えがたい。特に子供にとって母親の存在ってはかり知れないくらい大きいと思う。やっぱり、その人の体の中の子宮という宇宙で10ヶ月も一緒にいて同じ口から同じ栄養を摂って過ごすんだもん。その二人の結びつきって強靭だよね。

母親って、女ってすばらしい・・・。生命の神・秘! だから私たちはもっと崇拝されるべき。
(・・・フェミニストではない)


私のユダヤ人似の彼氏はちっともわたしを崇拝していない。時間をかけて崇拝させたいものです。
明日は食事に出かける予定。先週の記念日はインフルエンザになり台無しになったんで。
其の時私はイエス様、仏様、アッラーの神様(?)、南朝小倉家・・・あらゆる神仏に祈りましたが叶いませんでした。祈りってなかなか届かないものです。わかってるけどいのってしまう。
・・・でも廃仏毀釈を起こしそうになってしまったよ、エリーゼ。

最後にお母様、けふはだふもありがたふ。面と向かってはなかなか言えませんが感謝しております。今の暮らしを許してくれてありがとう。つらいこともありますが弱音をはかずがんばります。 自分で決めたことなので決して諦めますまい。

サラダ記念日 

March 18 [Fri], 2005, 1:37
今日は二人の記念日。山あり谷ありではありましたが何とか2年経ちました。
どうもありがと。一緒にいてくれて。これからもずっと一緒にいてください。

私の人生プラン
   其の壱 試験に受かる
   其の弐 私30、貴方32で結婚(九段会館にて)
   其の参 3人の子に恵まれる
   

まあ、そんなかんじでよろしくです!

太宰は「人間は恋と革命の為に生まれてきたのだ」と言ってますが私ももちろん同じ考え。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:humanlost
読者になる
Yapme!一覧
読者になる