Twitterフォロワー数1,000人突破!ありがとうございます!

July 17 [Wed], 2013, 14:38
皆様こんにちは。開発のカミヤマです。

毎日とても暑いですね。
クーラーのきいた部屋でのんびり過ごすのも、風鈴の音に癒されるのも、
海やらお祭りやらのイベントに心躍らせるのも、夏の醍醐味ですね!

暑い時は、いっそもっとアツーイことしてみませんか?
そう…
本日は『humANdroid〜マイカノセンゲン〜Vol.2 Type M』の発売日です!!
皆様の応援のお陰で、Type Mくんが無事に眞壁ラボを出発しました。(眞壁も一緒です。)
涼しい部屋でMくんとじゃれ合うもよし!暑い中毛布にくるまってMくんと眞壁の囁きに更に暑くなってもよし!
皆様のお好みの環境で、Mくんと眞壁を迎えてあげてくださいませ!

そして、本日はもうひとつ皆様にご報告とお礼がございます。
humANdroid公式Twitterのフォロワー数が、なんと1000人を超えました!(パチパチ!)
応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます!
1000人超えと聞き、制作スタッフの心は夏の気温に負けず劣らずHOTになりました!
ちょっとだけ、RFの蘇芳ラボと眞壁ラボを覗いてみたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------

humANdroidキャラI
Type S:1000人!?すっげーそんなに俺様のファンがいるのかよ!
もうこれ俺様の王国つくれんじゃねーのか?
柊夜、お前を俺の家来にしてやる!

蘇芳柊夜:
ちょっとー!何で僕が家来なのさ!
君が女の子に人気があるのは、僕のおかげなんだぞ!
君を開発したご主人様に向かって、なんてこと言うんだよー。

Type S:
あ?ごちゃごちゃうるせーな柊夜は。
俺がカッコよくてモテるからって、ひがむなよっ。

蘇芳柊夜:
別にそんなんじゃ…っ!
僕は研究で忙しいんだ。女の子にモテなくたって…別に。
…はぁ。やっぱり、Sのファンが多いのかな?
そーだよね。なんたって僕が開発した肉食系ヒューマンドロイドなんだから!当然だよね!
けど、ぼっ…僕のことを応援してくれる優しい女の子もいるのかな?
いたら嬉しいな…へへっ。

Type S:
残念だったな。この1000人の女は、俺のもんだ。
そーいや、なんか今日Type Mとかいう奴がカノジョんとこに行くらしいな。
ワンコ系だっけ?
ふんっ。俺の女どもは、俺一筋だよなあ?
浮気してっと、お仕置するからな?

蘇芳柊夜:
こら、物騒なこと言わない!
大体、僕の作ったヒューマンドロイドが眞壁に負ける訳ないでしょ!?大丈夫だよ。
だからホラ、カノジョのときめきレベル上げてきてよ。
もっともっと恋愛偏差値をあげて、社内コンペに勝つんだから!

Type S:
おう!んじゃ、目の前の愛するカノジョに俺様からのメッセージだ。
これからも、応援よろしくな!

---------------------------------------------------------------------------------------------

humANdroidキャラI

眞壁理:
なに?ファンが1000人を超えただと?
フフ…ハハハハ!
やはり俺の予想していた通りだ。
今日はType Mがお前らの元に行く記念すべき日だからな。
そうかそうか。もうそんなにMのファンがいるのか。

Type M:
眞壁さん、眞壁さん!
1000人って本当!?
わーい☆
じゃあ僕、皆とたっくさーん遊べるんだね!

眞壁理:
そうだ。しっっっっっっ…かりとカノジョをときめかせろ。


Type M:
うんっ!
あ、ねえねえ眞壁さん。さっきラボのPCに眞壁さん自身のボイスメモがあったよ?
「1000人超え…これぞまさに欣喜雀躍!!」て叫んでたねっ。
これどーゆー意味?眞壁さん、嬉しくて踊っちゃうの?
あっ、僕も一緒に踊りたーい!

眞壁理:
ぅうるさいっ!!そっそんなメモなど知らん!
まったく!勝手に俺のPCをいじるな!
おい、カノジョの所に行くのに、お土産は持ったか?
ショートストーリーは?ブロマイドは?
1000人とはいえ、既にType Sとかいう奴に毒されてるやもしれん。
M、お前がカノジョの心を奪うんだ、いいな?

Type M:
はーい。眞壁さんも一緒に来てくれるんだよね?
カノジョさん、僕のこと待っててくれてるんだ。
ふふっ、ありがとう♪
あと、1000人ってほんとに凄いね!
僕、とっても嬉しいから今日君に会ったらギュッてしてチュッてしちゃう!