自分は昨年、単身赴任の引っ越しをしました

August 26 [Fri], 2016, 0:05

引っ越しを左右するのは、流れを把握しているかどうかにかかっています。







流れは、段取りとも言われています。







この段取りが下手だと、大幅に時間を無駄にしてしまう場合もあります。







ただ、このような事は、理屈一辺倒で作業するよりも経験がものを言うのかもしれません。







住み替えをする際、トラックを停止したり、積荷を通路に置いたりするため、事前に隣近所の家に挨拶に行くのが世間の常識です。







車の利用や通行の支障になりますので、前もって了解を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。







引越し会社に依頼した時は、そのような事も代わりに行ってくれます。







引越しをする際、土日祝日はコストが高くなります。







仕事の休みは土日祝日という人がたくさんいるので、引越し希望者が殺到するからです。







電気料金だって、使用者の多い日中のほうが高く、使用者の少ない夜間は、安いですよね。







可能ならば平日を選べば、引越しにかかる費用を抑えられるでしょう。







私はその昔分譲マンションでダブルベッドを寝室に配置していました。







事情があって住居を売却し、スペースが限られた賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが部屋に入らないことに気づきました。







本意ではありませんが知り合いに譲り、無事に転居を終えましたが、改めて購入したベッドはもしもまた引越っこすようなことがあった時に入らないと困るので、シングルに決めました。







引越し業者はたくさんありますので迷ってしまいました。







周りの人や口コミなどを参考に見聞きしましても、その時来た、営業さんやバイト君の対応ひとつで、いい評価、悪い評価はまちまちで、最終的には、アリさん対パンダさんの勝負となりました。







団地から新築への引越しでしたが、スムーズに引越し作業をしてもらえたので、アリさんに感謝しております。







引越しを業者さんに頼む場合ハンガーに吊り下げているコートなどの衣類を事前に外して畳んだりしておくことは必須ではありません。







業者がハンガーがかけられるでかめの段ボールを持参されて、それに投入したまま、トラックで運送してくれます。







折り目もつかないので、助けになります。







引っ越しをしたなら、一番にインターネット回線を開設しないとなりません。







今まで契約していた会社を使えればいいのですが、引っ越し先いかんによっては現在使っている会社を使用不可能な場合があるので、引っ越す前に、確かめておくことが重要です。







ネット回線会社に照会してみると、教えてもらえることもあります。







私たち一家が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に加えて荷造りするか悩みました。







うちは車を所有してたので、夫が細かい荷物や貴重品と合わせてパソコンものせ新宿まで持っていきました。







パソコンは精いっぱい梱包しても、もしも、誰かが起動させたら、個人情報がすごく入っているため、とても気が気じゃなかったからです。







引越しをプロに依頼する場合、布団の場合は、どうしよ?とお思いの方も多いと思いますが、それはもっと早くに確認すると確かでしょう。







全体の8割の場合、業者は移転当日、専用の布団袋を持参してくれ、これに入れて汚れないように引越し先まで持って行ってくれます。







近いうちに引越しを行うことになりました。







住所変更の手続きに伴い、車庫証明を取り直さなければならないみたいです。







実家暮らしだったときには、こういう面倒な手続きは全て父が行っていました。







それでも、父はしんどいだとか、大変だとか一度も言ったことがないような気がします。







やはりお父さんというのは偉大なのですね。







クロネコヤマトでの引っ越しもよく見ますが、どのくらいの料金なのでしょう?昔と違って複数の引越し業者にどのくらいかかるか値段をきいて引越し業者を選ぶことが多いです。







クロネコヤマトもお値段的には大差はないかもしれません。







でも、プラスαの特典があったり、作業員がよく教育されていると評判です。







自分は昨年、単身赴任の引っ越しをしました。







会社員生活初の単身での引っ越しでした。







社則で複数社から見積書をもらい、一番安価な業者を選択するのですが、赤帽が選択されました。







はじめは不安を感じていたものの、手際よく引越し作業を進めてくださったので、次回の引越しでも赤帽に依頼したいと思いました。







いざ引越しをするとなると、大量の荷物を入れた段ボールをあちこちに運んだり、業者さんに混じり大型荷物を運んだりと大忙しです。







しばらくそうやって頑張って動いていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。







業者さんの手に目をやってみると、きちんと軍手をされています。







業者に依頼したとしても、自分専用の軍手が必要です。







引っ越しする時の諸手続きは、煩わしいことばっかりだなと感じますが、水道開栓の手続きは電話でも可能なようです。







たいそうな話ではないと思いますが、なぜだか、非常に嬉しいです。







喜びついでに、電話するタイミングも確認してみたら、3〜4日前までにと、書いてあるのを見ました。







早々に、電話してみます。







引越し業者はたくさんありますので迷ったのは事実です。







周りの人や口コミなどを参考に見聞きしましても、その時の営業さんやバイト君の対応ひとつで、評価は良かったり悪かったりして、最終的には、アリさんマークとパンダ引っ越しの対決になりました。







公団から新築に引越したのですが、割とスムーズな引越し作業で、アリさんに感謝の気持ちです。







住処を変更すると、電話番号が現状のものとは変わることが出てきます。







同一市区町村内の引越の際でも、収容局が異なるところになると、本来の電話番号が使用できなくなるでしょう。







電話番号が変わったというアナウンスを流してもらえますが、新住所に付け加えて、新しい電話番号も必要なところには連絡しておいた方がいいです。







引っ越しなさる際の住所変更は手続きがなかなかおっくうです。







転出届あるいは転入届といった役場の手続きをすれば良いとはかぎりません。







関係するいろいろなところで、住所変更を届けなければいけません。







保険会社に住所の変更手続きをしなかったことを引っ越しが終わってから、二年以上経過してから気付きました。







その間、何事もなくてよかったです。







引越しので、荷物をまとめる際に皿とかグラスなど、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服などで梱包します読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、想像以上に量が多くなり、処分することが困難です。







転居が完了すると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、さらには紙くずも出ると案外、スペースを取ってしまいます。







引越しを行う際にはいろいろと手続きが必要ですが、仕事をしている場合に特に大変なのが市役所に行ってからの手続きです。







住民票の転出転入手続きがあるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。







市役所は平日しか利用できないので、引越し当日以外にもさらに休みを取らないといけないということになります。







エアコンの取り外しが引越しの時に一向にわかりませんでした。







友人に尋ねると、自分で取り外すのなんて全体的に無理だと言われたのです。







なので、エアコン取り付け業者に申し入れし、新居へ持っていけるように、取り外しして頂いたのです。







いとも簡単にしていて、流石だと脱帽いたしました。








http://b29.chip.jp/ga6w2yn/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hum9akj
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hum9akj/index1_0.rdf