視覚によるもの。 

December 25 [Mon], 2006, 1:25

目から受けるインスピレーション!!
んーすごいよなーあ

や、普通かw


もっと想像力がほしーでーす...

(無題) 

December 15 [Fri], 2006, 11:18

バイト来るまでに話かけたのはいいんだけどさ。

数 字 書 い ち ゃ っ た !!






あーあw

こんな夜に限ってきみは。 

December 13 [Wed], 2006, 21:19

甘えたような口ぶりで

僕を引き寄せてみたりして


そうすれば何してくれるか、
わかってるんだもんね、
―――きたないな
(そこに惚れたんだ、なんて口が裂けても言えないが)。



ふたりなら飛べるとでも?


白い浮遊したあの楽園に


切符はいらないよ
きみの穴に僕の鍵を差し込めば
エンジンフル回転、




月より遥か絶頂へ。





アイシテル?


否、一時間弱の大恋愛ほら
カラス黒色、笑ってる。

っひゃー!! 

December 04 [Mon], 2006, 15:25


濡れ場かけねーよばーか!!
恥ずかしー!!!!!!wwww

傘はいらないらーしー♪←12聞いてる人

よーし!! 

December 04 [Mon], 2006, 14:38

まっっっったく更新してなかったwwww

あいっまあこんなとこで微人形の土人書こうと思うよwww


すんげ鬼畜なwすんげ愛のないのw

頑張っちゃうからよろすく!!

(無題) 

October 25 [Wed], 2006, 1:38
結局あたしは誰かに構ってほしいだけなのか。
淋しがりやさん?単なる甘えん坊?



確かなのはあたしが駄目な奴てこと、かな。

ワガママにも程が有るよ。
はーあ。

小説関連ブログなのに愚痴ってどーするばか。←



ねるか

と、ゆーことで 

October 22 [Sun], 2006, 21:15
小説書いてみよっかなん☆


すんぎるで!!!!!!←あっ

(無題) 

October 16 [Mon], 2006, 0:31
弱み見せんのって怖いね


あたしってやばいのにね
かっこつけてるガラクタなのにね



あはは...







なんか淋しい...
気持ち悪いよ自分...
涙でてくるー

(無題) 

August 15 [Tue], 2006, 11:16

なんか保存ボックスに入ってた。
かなり昔に書いたヤツだけど、人目に触れんの恥ずかしいしどっかでやってありそうなのだからこっそりアプ。
ほかにも沢山あるんだけどね...




ア./御題/短篇/しょぽん?







「ぅ、あ゛あっ!!あ゛ぁああ゛あぁああ‥!!」
「しょ、くんっ‥!」
「うっ、あ゛‥うるせぇ、…死ね‥!!」

「ひ、‥!!」

今日も大好きな将くんは、錯乱状態。
部屋にあるあらゆる物をめちゃくちゃに投げ付けて、好きなだけ荒らしたあとは、それを後悔して、ぽろぽろきれいな涙を、流す。

「あ、‥はあっ、…俺‥?」
「将くん‥」
「いま、…また‥?ヒロト、ごめん‥」

戻るのも唐突だけど、錯乱開始も唐突だ。不規則なリズムに俺は、ついていけない。

「いいよ、んぅ‥?」
「ちゅ、…ヒロト、したい‥」

錯乱していないときは大体、こうして体を重ねるだけ。

「ぅ、っんっ、‥ぁ、はぁっ、…」
「やっば‥ヒロト、俺っ、や、ば‥!!」

将くんの言葉に余裕がなくなって、一気に動きが早くなり、果てる。
終わったあとは、いつも通り、甘く、甘い深い、口付けを。

「ん、??…‥」

気持ちなんて、全く繋がっていない。
今日も二人を繋ぐのは、銀の糸。

ありす+=?iso-2022-jp?B?GyRCJG0bKEI =?= りーた 

July 16 [Sun], 2006, 18:14

「将?別に気にすんなよあんなやつ…」
「っ、ユ≠キさんだって、颯くんが、‥!」
「颯にだって内緒‥誰にもバレねぇから、」

後ろからそっと、ユ≠キさんに抱き締められて、耳元で囁かれる。
背筋がゾクゾクして、変な気持ちになる。

「何をそんな規制してるわけ?いいじゃん別に、‥心配なら鍵も窓もカーテンだって閉めるよ?」




アリス+ロリヰタのねた。一部。
盤越え。これはしょーぽん、ユ颯前提ユポン。

これはもしかすると書けるかもしれないぞ?笑い
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hukumaden
読者になる
Yapme!一覧
読者になる