RICHEMONT GROUP 2010年に成長するのは期待してもいいです

December 05 [Thu], 2013, 17:24
掌握するのはほとんどすべてハイエンドのブランドの腕時計RICHEMONT GROUP暦峰グループで、9ヶ月の数字は2010年の財務報告が計算は2009年3月から2010年3月までその中がまた2009年を含んだのな中にだから全体の振る舞いは尽きなくて楽観的に自然と予想ことができますに。その他に暦ハチグループ所属は時計と真珠や宝石がまたChol6待つことようですいくつかの流行する服装のブランドの腕時計を含むを除いて、当年鑑の中で、時計の真珠や宝石に対して説明に来て、暦峰の2010年度の財務報告表示グループの全体の営業収入によって51億ユーロに達して、2009年の54億ユーロのを比べて4%退いて、数字は大きくありませんて、明らかに蘇った後に2010年の高い収益は2009年の欠けた所を補うべきでした その他に真珠や宝石の部分は依然としてグループの最大のパーセンテージを占めて52%、26億ユーロに達して、専門の時計の部分は26%の13億ユーロあって、業は描いてそれぞれ3%、6%衰退しますが しかし合わせて3/4の貢献を上回って、時計の産業の重要性はとても明るいことを言いません。http://www.youtube.com/watch?v=lFe7ZRZWBjo
  銷售地区業で描いてヨーロッパ地区依然として暦峰グループの最も主要な市場を比べて、20億ユーロに達して、しかし比べて2009年に11%下がります アジア太平洋地区となると、全体の業績はヨーロッパに及ばないが、ところがまっすぐな成長の状態が現れて2009年の14億1から挙げて17億ユーロまで達して、18%成長して、そして2009年とヨーロッパの業績のギャップから9億から3億ユーロまで近づけます。その他は例えばアメリカ、日本です、同じくそれぞれ20%、10%衰退して、遠からずうちに信じて、アジア太平洋区蓬勃の経済は成長して、最後に消費市場を動かして暦峰グループの中で最大の腕時計の市場になるhttp://www.youtube.com/watch?v=FCikTtOzKtE
  財務報告の中でアジア地区がぶらぶら歩いて最小の地区を金融危機に襲撃されるのなことを指摘して、暦峰グループが持続的に投じてもし通り道の増加は専売店はできる増加人員の教育する訓練はもなど明らかにグループもアジアがグループの本質の業績の会愈に対して向かうのが強いと予想するのだならばを含んで、大きい中華の戦略に目を向けます普通ではない。
http://yaplog.jp/mtehgauv725/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:明日香
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hukfmrgp9465/index1_0.rdf