下水道の方式

February 02 [Sat], 2013, 23:03
汚水と雨水を同じ水路で集め、
まとめて浄化処理して放流するものである。

比較的早い時期に整備を開始した大都市地域に見られ、
特に大阪市と尼崎市は布設延長の98.96%と飛び抜けて多い。
埋設する管路が合流管1本なので、分流式より施工が容易で安価。

降雨時は急増した下水を未処理または簡易処理のみで放流する。
このため、混入している汚水による水質汚濁が生じる。
このように放流される汚水は合流式下水道越流水と呼ばれる。

逆に、初期降雨に含まれるノンポイント汚染源に由来する汚濁物質を、
遮集して処理することが可能。

上記への対策として、
雨水滞留池や雨水スクリーン、スワールなどの建設が推進されている。

マンホール蓋や側溝などに雨水排除用の排水孔があり、
管路からの臭気や害虫による問題がある。
特にビルピットポンプ稼働時の悪臭に対する苦情は多い。


ウォーターサーバー

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつん
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hujdo/index1_0.rdf