仙台が鈴木塾と密会

May 09 [Fri], 2014, 17:41
【常識】株売買を注目してみれば、個人の投資家の利用している取引形態は、証券会社の窓口担当者であったり営業マンに依頼する人間同士が顔を合わせるでの取引よりも、インターネットを利用したオンライントレードでの売買のほうが盛ん。
【常識】金融機関格付の長所を単純に整理すれば、「複数の情報の比較できない部分を減少させる」ことによって「金融市場の動きを円滑にする」という結果を生み出すと躊躇なく言うことが可能なのである。
【ポイント】株式への投資で、株式発行している企業の成長に比例するように、その効果でインカムゲイン(和製英語:株式の配当金とか利息などの収入)というもうけを手に入れられる。
まとめ。金融の世界では、実体経済(設備投資など具体的な対価がともなう経済活動)に注目して出資に立ち戻っていきますから、資産を長く保有して長期投資で経済成長を資本投入でさらに増大させていきたいものです。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、旧大蔵省よりさらに金融制度の企画立案事務を移管させてこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)として再スタートさせた。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。
【経済用語】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかで代表的な市場⇒インターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う市場。取引に参加できるのは金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)で有名な外国為替市場(がいこくかわせしじょう、外為市場とも)や銀行間取引のひとつで1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場などがあげられる。
外国で株式や不動産などに投資している者は、株式などの投資先の国や人々から「外国人投資家」と敵意を込めて呼ばれ、ひんぱんにその国の投資家よりも活動がクローズアップされる時もあるのだ。
いわゆるデリバティブについて。これまでの伝統的な金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動で生まれるリスクをかわすために完成された金融商品のことでして、とくに金融派生商品といわれることもある。
知っておいてほしい。「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」以上、重要な機能をいわゆる銀行の3大機能と言うことが多く、基本業務である「預金」「融資」「為替」あわせてその銀行の持つ信用力によってはじめて実現できていると考えられる。
この「銀行の経営なんてものは銀行自身に信用があって成功するか、融資するほどの価値があるとは言えないと審判されたことで失敗する、二つに一つだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
つまり「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、重要な機能を通常銀行の3大機能と呼ぶことが多く、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業だけでなくその銀行の信用によってはじめて実現されているといえる。
【世界共通の価値】金貨:代表的なものではカンガルー金貨(純度99.99%以上)、メイプルリーフ金貨(カナダ、表面にエリザベス2世の肖像)、イーグル金貨(もともとは10ドル金貨の名称であった)などやウィーン金貨(2004年には限定15枚の1000トロイオンスを発行)などの購入で資産を積み立てる金融商品です。
【金融用語】eワラントについて⇒売買の権利の対象になっている資産を証券化(資金化のため)した金融派生商品(例:くりっく365など)である。あのゴールドマン・サックス・インターナショナルヘッジ手段としても利用可能なカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことオプション取引の一種であるカバード・ワラント(金商法に規定)のことであります。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金⇒銀行が扱える外貨商品を指し、日本円以外で預金する商品の事。為替変動によって利益を得られる可能性があるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
【ポイント】ストップロスとは⇒出来ない投資家は、勝つことはできない。自ら損をみずから認めることができる肝っ玉を持つことが必須である。もし、ストップロスが不可能な状況ならば、投資はするな。

多くの場合、株式を公開している上場企業ならば、企業の運営の上で、資金調達が必要なので、株式以外に社債も発行することが多い。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済する義務の有無なのである。
【金融商品】カバード・ワラントの基礎。ゴールドマン・サックスのeワラントおよびポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの魅力的な商品があり、ほとんど手軽な資金で売買可能であるポイントが魅力なのです。
【金融商品】FXの取引は、注意が必要でほんの少しの資金しか準備できなくても巨大な金額の取引が可能です。しかし得られる儲けが大きくなる裏側で損失もとんでもない金額になる可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの商品である。
多くの場合、株式市場に公開している上場企業なら、企業活動を行う上で、資金調達のために、株式に加えて社債も発行するのが一般的。株式と社債の最大の違いとは、返済する義務の有無であるから注意が必要。
【金融用語】REIT:不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品である不動産投資信託と定義した日本語での表現だ。一般的に、日本の投信法に基づく日本版のREIT(J-REIT)のことを単にREITと指す場合がある。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産での運用をする投資信託というものです。注意:取得ののち30日未満に解約しちゃうと、手数料にはペナルティが課せられるというものである。
実は、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が独自のファンドを開発し、なおかつ適正に運営するためには、とてつもなく多さの、業者が「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに規定されているのだ。
よく聞くコトバ、バブル経済(economic bubble)というのは市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)の市場での取引価格が無茶な投機により実体経済の実際の成長を超過しても高騰し続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す。
よく引き合いに出される「銀行の経営、それは信用によってうまくいくか、融資するほど値打ちがない銀行であると断定されたことで繁栄できなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
平成10年6月、当時の大蔵省の金融部局であった銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもののセクションを分割して、総理府(当時)の新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)としてこれまでになかった金融監督庁を設置 することになったという流れがあるのです。
多くの株式投資関連の企業や個人などのサイト、ブログ、とか、一般的に市販されている関連情報誌などでは、テクニカル分析(過去の動向から、今後の動きについての予想を行う分析法)が欠かせないものであるとして、各種のチャートなどの使い方や分析方法などについて丁寧に案内・説明しているものが多い。
【常識】カバード・ワラントって何?ゴールドマン・サックスのeワラントであったりポケ株ワラントなどの手に入れやすい商品があり、どの商品も少ない資金から取引することができるところが魅力なのだ。
ご存じのチャート分析だけの“株式投機(投資ではない)”というものは、結局は売買の呼吸が重要なのですが、普通はこの瞬間を逃さないというのは非常に難しいことです。
【経済の基礎】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を出発点に展開された経済学)において、投資家による投資(investment)は追加投資によって考えられる利潤(利益となる)率がその際の利子率(貸借に対する金利または利息)と同率になるまでされるものとされております。
【重要】カバード・ワラントって何?ゴールドマン・サックスが取り扱っているeワラントとかポケ株ワラントなどの難しくない商品があり、どちらも基本的にほんの少しの資金から売買可能な点が魅力なのだ。
鈴木塾
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hui900
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hui900/index1_0.rdf