夜のコーヒーに体内時計乱す作用

September 18 [Fri], 2015, 10:53
寝る前にコーヒーを飲むと、予定の就寝時間に眠りにつけなくなり、
朝起きるのが辛くなってしまうのは、カフェインが体内時計を乱しているから、と
16日アメリカ研究チームが発表しました。



ということは、カフェインの入っているお茶もダメってことですよね。
というか、今更?という気もしますけど、周知の事実だと思っていましたが、
そういうわけではなかったのでしょうか。

ただ、コーヒーを飲んで眠気を覚まそう!って思うときでも、
まったく眠気がおさまらないときもよくありますし、
なんだかよくわからないですよね、実際のところは。
だから、結局寝られないなぁって思いつつも夜コーヒーもお茶も飲んじゃいますし、
それで寝付けなくなった、というのは最近ないですね。
身体がそれでも休みたいというほどお疲れなんでしょうかね。
すでに体内時計は狂いまくっているってことでしょうかね(笑)

最初からデータ復旧会社へ

September 17 [Thu], 2015, 10:39
人間ですから誰でも間違いはあるものです。
うっかり大切なデータを消してしまった・・・なんてことはビジネスの世界では、
到底許されることではありませんが、やってしまったものはどうにもしかたなく、
まずは落ち着いて中に入っているデータを取り出す方法を考えなくてはならないと思います。

誤ってデータを削除したとか、フォーマットしたなどの場合は、
ハードディスクが壊れているわけではありませんので、
データがなくなってすぐに気付けば、復旧の可能性は十分にあります。
ただ、時間がたってしまうと、接続しているだけで、
データが上書きされてしまう可能性もありますし、
むやみに操作をしたり、再起動などを繰り返せば、負荷がかかってしまって、
壊れていなかった箇所まで破損してしまう可能性が高くなってしまいます。

ですからまずは、すみやかに電源をきり、接続していない状態にすることが大切です。
できるかぎり、壊れてしまったその時の状態を保ったまま、
日本データテクノロジーのようなプロのデータ復旧会社に依頼するのが一番良い方法だと思います。

もちろん、このような誤操作によるデータ削除などの軽度の論理障害であれば、
データ復旧ソフトを使って自力でデータを取り出すことも可能です。
ただ、もし手順を間違ってしまったりすれば、データは二度と戻ってこなくなりますし、
万が一物理障害も併発していた場合には、さらに症状を悪化させてしまうことになるのです。

症状が重くなればなるほど、プロの専門業者に依頼した際、
その復旧費用は高くなってしまいますし、復旧の確率も低くなってしまいますからね。

でしたら最初から専門業者にお願いしたほうが、
データが戻ってくる確率も高いですし、リスクや手間もかからないのではないかと思います。
初期段階で、いったいどのような原因でデータが消失してしまったのか、を探るのは、
データ復旧を行うためには非常に重要なことなのですが、
それを素人が判断するのはとても危険で難しいのではないかと思うのです。

東日本豪雨、不明者14人と連絡とれる

September 16 [Wed], 2015, 10:01
東日本豪雨で水害にあった茨城県常総市。
常総市で連絡がとれず安否不明とされていた14人全員と連絡がとれたことがわかりました。



正直、すでにかなり日にちがたってしまったし、と諦めかけていたので、
今回のこのニュースは非常に嬉しい思いでいっぱいになりました。
テレビで中継をみていたかぎりでは、本当にものすごい水害でしたが、
犠牲者がこれだけの数にとどまったのは、やはり自衛隊の素晴らしい救助が大きかったと思います。
彼らに救われた命は、今回非常に多かったのではないかと思います。

とにかく無事でなによりですし、心配されていたご家族の方も
晴れて一安心という感じではないでしょうか。
まだまだ先行きのことを思うと、気持ちは晴れることはないと思いますが、
一日も早く以前のような暮らしに戻れることを願っています。

トラブル時はやはりプロへ

September 15 [Tue], 2015, 10:22
ハードディスクにトラブルが起きてしまったら、やはり人間ですから普通は焦って
冷静さを失ってしまいますよね。
中に重要なデータが入っているとしたら、まずその点が心配になりますし、
果たしてデータを取り出すことはできるのか、それだけをまず考えると思います。

そのようなトラブルの際によくやってしまいがちなことNO1が、何度も再起動を繰り返してしまうこと。
私も少しパソコンの調子が悪いと、強制終了して再起動、なんてことを、
すぐにやってしまいがちなので、その点は反省しなければなりませんね。
また、この他にデータ復旧ソフトを使うのもあまりおすすめはできません。

もちろん、データ復旧ソフトを使ってデータ復旧が成功することもあります。
ですが、症状によっては、ソフトをつかうことで、
かえってデータの書き換えをしてしまうという可能性もあるのです。

やはりデータ復旧を確実にしたいと思えば、そのようなリスクを負わず、
すみやかにデータ復旧業者にお願いしたほうが良いのでは、と思いますね。
まず、その障害がどのような状態なのか、そして原因は何なのか、
そこを理解しなければ正しい対処法もわからないと思いますし、
それを素人が勝手に判断するのは、あまりにも危険だと思うわけです。

障害も様々ありますが、もし物理的に壊れてしまっている場合には、
ハードディスクを分解し、クリーンルームで復旧作業をする必要があり、
とても素人が手を出せる範疇ではなくなってくるのです。
判断ミスで、ソフトで復旧しようとして、さらに症状を悪化させてしまったら、
もう二度とデータを取り出せなくなる事態にもなりかねません。

トラブルが起きたときこそ、まずは冷静になり、プロの業者に頼ったほうが安心だと思います。
自分でむやみやたらと動くことほど危険なことはありません。

データ復旧の費用

September 14 [Mon], 2015, 11:35
パソコントラブルは日常的にあることです。
ただ、どこが壊れているのか、その原因を知ることは、素人には難しい問題だと思います。

パソコンに詳しい人であれば、その原因についてもある程度わかるのかもしれませんが、
まったくのど素人にはその想像さえつきませんからね。

データ復旧のためには、やはり専門のデータ復旧業者にお願いするのが一番だと思うのですが、
気になるのはその費用ではないでしょうか。
事前にある程度見積を出してもらった上で、費用・サービス内容の比較検討をし、
データ復旧業者を選べれば一番いいのでしょうが、そのようなトラブル時に、
なかなかそんな悠長なこともできないのが実際のところではないでしょうか。

だいたいの相場ですが、軽度な論理障害でしたら、3万円~8万円、
重度の物理障害になると、8万円~50万円とかなり高額になり幅がでてきます。
あまりにも復旧に費用がかかってきますと、その費用を払っても、
どうしても取り戻したいデータなのかどうか、という点が一番ポイントになってきますよね。

ただ、安さだけで復旧会社を選ぶのは危険です。
なかには、データ復旧に失敗したとしても、作業料として費用を請求されることもありますので、
事前に成功報酬型の費用体系かどうかを必ずチェックしておきたいですね。

また見積時に出した金額にさらに追加料金がかかることはあるのか、という点も重要です。
実際にはいくらぐらい払う必要があるのかを、必ず理解した上でお願いしたいものです。

データ復旧は、決して安易にできる作業ではありません。
高度な技術と環境、知識、経験など様々なものが必要とされます。
実績だけで決めるのではなく、必ずその会社の評価や口コミなど、
実際に復旧を依頼した人の生の声を参考に、信頼できる会社を選びたいものですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:huhu0914
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる