彼とにゃん姫の生活

May 17 [Sat], 2014, 17:59
施設から帰ってきて、彼とにゃん姫2人の生活がスタートしている。
彼は営業職で融通が利くとはいえサラリーマンなので、にゃん姫は保育園へ。
月曜日から土曜日は民家でやっているアットホームな雰囲気の無認可保育園。
日曜日は少し遠い街中の24時間託児所。
そして体調不良の時は彼の職場のすぐ近くにある病児保育室。
3カ所に転々と預けられるので、にゃん姫もたぶん落ち着かない。

それでも、育児経験のほとんどない彼は、彼なりに頑張ってくれているんだろうと思う。(経験がないといっても、彼はにゃん姫の他に3人の息子がいるので、全くない訳ではないハズだけど。)
前日と同じ服を着ていたり、晩ご飯がコンビニ弁当だったり…と少し気になる部分はあるけれど、何よりにゃん姫が彼と一緒にいる時のリラックスした幸せそうな顔を見ていると、大した事じゃないと思える。
今のにゃん姫にとって、信頼できる人がそばにいて毎日自宅で過ごせるという事が何より大切なのだ。

2014年5月14日水曜日の明け方、にゃん姫3度の嘔吐。
念の為小児科へ連れて行ってもらうが、「食べたものが悪かったんじゃない?」という診断。
確かに前日の晩ご飯はコンビニ弁当だったみたいなので、ストレスも重なってしまったのかもとその時は思う。
午後から病院へ面会に連れてきてくれる。
少し身体が熱い気がしたけれど、院内はとても暑いので(しかも、半袖で!と何度も伝えたのに何故か長袖のトレーナーで連れて来ていた。)、とりあえず薄着のこれまた長袖のシャツに着替えさせる。
が、やはり夕方おかしいと思って熱を計るとやはり38度超えていた。

翌日と翌々日は病児保育室へ。
MAX39.1度まで上がる。

2014年5月17日土曜日の今日は、熱も下がり元気そうだからとの事普通に保育園へ。
夕方発熱。

本音を言えば、今日も病児保育室へ連れて行ってあげて欲しかった。
コンビニ弁当や外食で済ませるなら、せめてフルーツなどでビタミン補給してあげて欲しい。
だけど、最近の彼は何かアドバイスをするたびに機嫌を悪くし、あからさまにイライラした態度をとる。
なので、もう余程の事がない限りは私からは何もアドバイスやお願いをしないでおこうと決心している。

それまでにゃん姫を可愛い可愛いと言っていた彼も、最近は言わなくなった。
毎日必死なんだろうと思う。

そして彼は何も見えなくなった。
私のことも、お腹の赤ちゃんのことも、これからの生活も。

言いたいことは沢山ある。
だけど、今にゃん姫が笑顔でいられるのは彼のお陰。
もう、それ以上を望むのを諦めた。

今回の妊娠生活で、私と彼にはすっかり信頼関係がなくなっていった。

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ペコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・子育て
    ・お勉強
    ・ごはん
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hugxchu/index1_0.rdf