ヘルパンギーナは夏風邪の一種です

April 17 [Thu], 2014, 12:29
子供たちの間で夏の間に流行る風邪といえばヘルパンギーナが有名ですよね。
夏の暑い時期から涼しくなる秋にかけて子供といっても年齢の低い子供たちの間で流行る風邪です。
じつはこのヘルパンギーナは原因となるウィルスが何種類があるので真実の出逢いが見つかるサイトランキング【euskadi50】何度もヘルパンギーナを繰り返す、とう例もゼロではないのが辛いところです。
症状としては急に突然現れる高熱と喉のおくのほうにできる水疱が特徴的です。
さっきまで元気だったのに突然39度を越す高熱を出したと思って受診すると喉に水疱を先生に指摘されてヘルパンギーナだとわかる、というケースが多いのです。
この水疱はしばらくすると潰れて潰瘍化することもあり喉が大変しみて痛いのも特徴として挙げられています。
そのために子供達は水分を取りたがらずに気づいたら脱水症状になってしまうケースもゼロではありません。
喉の痛みがひどいときにはあまり刺激の強いジュースなどよりもなるべく喉にしみない水分を摂取するようにしましょう。
水分が含まれているものを摂取させるのも一つです。
例えばゼリーやヨーグルトなど喉越しのよいものを選んで食べさせてあげましょう。
体調不良のときにはカロリー摂取よりも水分補給が重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hugar1857a
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hugar1857a/index1_0.rdf