ブログお引越し 

2005年11月18日(金) 20時12分
http://blogs.yahoo.co.jp/hugmejpへお引越しです。

血管性紫斑病 

2005年11月17日(木) 8時46分
昨日の夜でこの病気について調べてみた。
2~8歳の男の子がかかりやすい、紫色の斑点、腹痛、吐き気、ステロイド剤の投与、足の痛み。。。
長男と同じ症状のお子さんを持つお母さんが書いたHPがいくつかあった。腎炎になってしまった子、幸い早く良くなった子。そしてこの病気は再発しやすいらしい。パソコンでなんでも調べられて便利だけど、こういう時は色々分かってしまうのもなんだかつらい。

とにかく安静にしなければいけないらしい。退院してからもしばらくは自宅で安静。幼稚園の発表会に出るという目標も、これでなくなった。一生懸命、木琴やタンバリンを練習していたからかわいそうだな。。。発表会の衣装用に買ったラルフローレンのシャツが入院中に届いていたな。

今の長男は特に痛みもなく、元気なので動きたがっている。体調が良くなってくるとまだ5歳の子供が何もしないでベッドの上でじっとしていられる訳がない。
今日はNINTENDO DSを持っていってあげる約束をした。

お互いイライラ。今日は喧嘩をしないで過ごそう

長男の入院2 

2005年11月16日(水) 21時20分

そして、昨日、お昼寝から起きた長男が、「足が痛い」って大泣き。入院生活のわがままからかと思ったけど、トイレでも泣いて立てない。看護師さんを呼んで診てもらうと、足に赤いプツプツ。先生も診察。「血管性紫斑病かも知れません」って。なんだか訳が分からない。とりあえず、次の日に検査をすることに。検査は、尿、血液検査。
そして、大好きな幼稚園の先生がお見舞いに。すっかりご機嫌になったものの、まだ立てない。
先生が帰るとまた「痛い、痛い」って泣くので、念のため紫斑病に効果的とされるステロイドを点滴で。
夜中にお手洗いに行くと、一人で立っておしっこができた。もう、お薬が効いているって安心。
今朝はすっかり、元気になって、ご機嫌。検査の結果は、「血管性紫斑病」
おそらく、入院が2週間は必要って、、、肺炎で入院して、長くても1週間って思っていたのに、今度は聞いたこともない病気。そしてまれに「腎炎」になるって説明されても、、、涙が止まらない。

こんなに小さい腕に点滴をしている長男も心配。預けっぱなしの長女も心配。

今日は個室に移ったので、主人と夜の付き添いを交代。久しぶりにゆっくり家で寝られる。しばらく続きそうな入院生活。私が体を壊したら大変。しっかり休もう。
さっき家に戻り、で「血管性紫斑病」を調べた。思っていたより「腎炎」になる可能性が高い。
よけい悲しい気持ちになってしまった。しっかりしなくては。

家族が一緒に寝起きできることが、こんなに幸せなことだったなんて
早くもとの生活に戻りたい。

長男の入院1 

2005年11月12日(土) 22時10分
ずっと熱が下がったり、あがったりしていた長男が、日曜日に入院
1週間近く熱があったので、かかりつけの先生から「これで良くならなかったらちゃんと検査をしましょう」って土曜日に言われ、その夜中にまた高熱。ぐったりしている長男が気になり、いつもたよりにしている友人に
すぐに彼女は総合病院に連絡をしてくれて、11時に行けば診てもらえることに。
小児科の先生は、長男を見てすぐにレントゲン、血液検査をしてくれ、点滴。待つこと2時間で予想通り”肺炎で5から7日の入院” 涙が止まらなかった。「しっかりしなくては」と思えば思うほど、ポロポロ長男が生まれたばかりのときに、黄疸で入院したことを思い出した。その時と同じ。あれから強い母になたつもりが、、、

私は付き添うことになるため、直ぐに実家の両親に連絡して長女を預けることに。長女にはかわいそうだけど、実家にいたら甘えられるし、ちゃんとお食事を食べられる。その方が私も長男の看病に集中できる。

入院してすぐに熱は下がったものの、やっぱりぐったり。思い切って、来週の日曜日に予約していた七五三はキャンセル

サンタクロースへの手紙 

2005年11月10日(木) 17時31分
子供たちがサンタさんにお手紙を書いた
とりあえず、こっそり欲しいものを写し、どこに出そうか考えていました。実家、でも長男は実家だと気づいてしまうかも。アメリカの友人のところだと、英語だしサンタっぽいかも。

で調べてみたらフィンランドのサンタクロースの住所が出ていた。すごい!!300円分の切手を同封すれば返事も書いてもらえるらしい。

熱が下がったら住所を書かせて、一緒に郵便局に行こう

風邪 

2005年11月09日(水) 22時25分
長男が昨晩から熱を出した夜中に「怖い、怖い」って泣きながらベッドに来た体がすごく熱くって、熱を測ったら38度。ブルブル震えて、熱がどんどん上がっている様子が分かり、怖くてそれ以上熱を測れなかった、、、とりあえず解熱薬を飲ませて、ウトウト彼はつらくてあんまり眠れないみたいかわいそうで、夜間診療に連れて行こうかと迷いながら、朝になっていた。もう一度熱を測ったら、39度7分、、、こんな時大変なときに限って旦那さんは留守不安が増す。

かかりつけの病院が開くまでの2時間は長かった

長女も連れて病院へそういう時に、彼女もわがままになる診察中に長女が、「おしっこもれちゃう」って絶対ウソだ。

病院から帰っても、長男が気になり長女と遊んであげられない。長女はディズニーチャンネルとお菓子漬けの一日。

実家に電話をして、「大変だから来て」って言ったものの、「今晩から行こうか」って言われると、もう少し3人でがんばってみようと思う。長女がかわいそうだからって言ったものの、ただ自分がイッパイイッパイなのを母に聞いてもらいたかったのかも。もう少し近くに住んでいたら直ぐに来てもらえるんだけど。

とにかく早く元気になってね

お菓子作り 

2005年11月08日(火) 13時00分
気持ちが安定していると、お菓子を作る余裕が出る
気がついたら、ここ数日毎日子供たちとお菓子を作っている。

子供と楽しく作れるような、子供たちが好きなお菓子。
さつまいもチップ、ポテトチップ、みたらしだんご、チョコレート(冷蔵庫にたくさん残っていた板チョコを溶かして、子供たちの好きなバズやプリンセスの型に入れて固めただけ)・・・ケーキより、和菓子好きな長男。今日は白玉粉を買ってきたから、きな粉と白玉。

いつも食べているポテトチップがどうやって作られているのか、なんとなく理解してくれているのかな。

長女もだんだんお手伝いができるようになった。今日のお昼のピザも、彼女が具を並べてくれた。まだ少し不器用だけど、お手伝いをしてもらったら
失敗をしても怒らない、目の前でやり直さない
自分に言い聞かせながら、一緒にお料理

はじめてのおつかい 

2005年11月06日(日) 22時27分
今日、お昼ご飯にかにチャーハンを作ろうと思ったら、卵が、、、朝卵焼きに残りの5つを使ってしまい、どうしようかなって考えて、長男が前から家から50mくらいのところにあるコンビニにお買い物に一人で行きたいって言っていたのを思い出しました。

1000円と袋を渡して、「絶対に誰かとお話をしない、信号を守って手をあげて渡る」って言い聞かせました。「悪い人がいるからお話しないの??」って聞かれて、なんだか複雑。今の物騒な世の中、悪い人はたくさんいるけど、良い人もいるはずなのに、子供たちには悪い人の話ばかり教えなければいけません

元気に出かけたので、長男が家から出てからこっそり偵察。信号待ちをしているのを遠めに見てこっちがハラハラ渡ってすぐにコンビニがあり、少しして出てきました。信号を渡ってすごい勢いで、持たせた袋を振り回して走ってきました。卵を心配していたのですが、入っている様子はなく、聞いてみると「売り切れだって!」

目的は達成できなかったけど、聞くとちゃんと「ひとつに10個卵が入っているのありますか?」って聞いたらしい。
また今度おつかいに行ってね

私も小さいころお肉屋さん、八百屋さん、パン屋さん、酒屋さんによくおつかいに行ったな。いったい何歳のころにはじめてのおつかいをしたんだろう今度聞いてみよう。

約束 

2005年11月05日(土) 22時34分
今日、長男が通っている幼児教室でひとりひとりに先生が、「明日何をしますか」って質問をしました。長男は、「クリスマスツリーを出すの」って。ちゃんと覚えていたんだ。。。

そういえば今朝は「あさってから冬だよ」って。えっ?っと思ってカレンダーを見たら月曜日は立冬。

子供は一度聞いたら、忘れない。聞いていないと思っても突然言ったりする。危険だな。。。

幼児教室で母親のお勉強の時間に、子供のしつけについてお勉強
意地悪・うそ・わがまま・反抗
この4つをしてはいけないと教えるために、親もたっぷりの愛情をそそぎ、子供との約束を守る。簡単なようで、できていないかも。愛情をそそいでいるつもりでも、子供たちにすぐ、「ちょっと待って」って色々我慢させたり、小さな約束を守れていなかったりしているかも。
まずは、私が変わろう

明日を出そう

反抗期 

2005年10月28日(金) 21時50分
気づいたら、長女の反抗期が始まっているみたい
とにかく口が達者で、言う事を聞かない、、、長男は、サンタさん効果があるのに、気の強い長女はお構いなし食べることが大好きだった長女が、お食事中に逃げて義母のお部屋で大暴れして遊んでいたりする呼んでも、聞こえないふり。。。長男をひっかいたり、たたいたり、、、いつか女の子らしくなるのかなぁ、それともこのまま?

叱るより、褒めたほうが子供にも自分にも良いのは分かっているのに、ついついイライラ

今までは嫌なことがあると見て見ぬふりをしたりして逃げていたけど、子供からは逃げられない
子育ては本当に難しい

でも、子供の寝顔は本当に可愛いそれでいつも騙されてしまう。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hug-me
読者になる
Yapme!一覧
読者になる