古畑で西元

May 20 [Fri], 2016, 8:40
個人が借入を申し込むときは、審査を避けて通ることはできません。


しかし即日融資を謳う会社が一般的になってきて、大手金融会社のカードローンでもすごいところで30分や、長くて3時間もあれば融資金を手にできるというのが普通なんです。

時代は変わりましたね。昔のほうが時間がかかりすぎだったのでしょうか。審査項目が以前に比べて少ないとか、利用者が極端に少なくなったとか、審査がここまで早くなったのにはそれなりの業界努力もあるのでしょう。


ただ、申し込む側としては大きなメリットがあると思います。ここのところではスマホからキャッシングサービスを申し込める難しくなく借りることもできます。スマホとかパソコン、携帯電話は公共料金にあたる光熱費などと同じ分類のものとされるので、スマホ使用料金をちゃんと支払っていると信頼されるというわけです。キャッシングやカードローンを申し込みたいが在籍確認が心配という人は、少なくないようです。

一般的には在籍確認の電話は必ずあるものと考えて間違いないでしょう。カード会社の場合は個人名で、銀行の場合は銀行名でかかってくることが多いようです。



ただ、条件つきで在籍確認の電話を省いてくれるカード会社もいくつか存在します。銀行系のモビットやプロミスでは指定銀行に口座を持っていたり、社員証や給与明細など複数の書類を提示することで在籍確認に替えることができます。

ただ、その人の前歴や勤務年数などによっては在籍確認することもあるので先に確認しておいたほうが安心ですね。また、一般的には「在籍確認あり」のほうが高額融資可能なので、必要に応じて電話のかけかたを工夫してもらうのもいいでしょう。



キャッシングというのは、最近、審査基準のほうがかなり厳しくなって、定期的な収入がないと借り入れできないとのイメージがわきます。

専業主婦や無職のように働いておらず収入のない場合には借り入れができません。
ただし、大手の業者以外の中小の貸金業者であるのなら、働けない生活保護の家庭であってもキャッシングが出来るケースがあります。


主婦だってキャッシングを使えることもあり!なんです。パートをしているあなたなら、あなたに収入があるのなら、問題なく、キャッシングが利用できるんです。



一定収入のない、たとえば、専業主婦の場合でも、配偶者の収入を証明することができればそれで借りられることもあります。

ただし、注意していただきたいのは、同意書など提出が必要なことも多くの会社であります。


キャッシングとカードローンは同じようなものですが、微妙に異なります。
違うのはどこかというと違うのは返済方法です。キャッシングならカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入したのち、翌月一括返済ということになりますが、カードローンなら、分割で返済する必要がありますので、この場合は、利息がついてしまうのです。


モビットでのキャッシングはネットで24時間手続ができ、すぐに審査結果が出ます。

三井住友銀行系列なのでヤミ金融ではないかという心配もなく申し込みの理由です。提携ATMが全国多数のため、コンビニから人目を気にすることなくお金を下ろすことができます。
「WEB完結申込」を選ぶと、ネットの申し込みのみでキャッシングできます。昔はカードローンやキャッシングは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。



近年では法律も変わり、金利の上限値は以前より下がりました。といっても、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付ができるという状態でした。


「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。
でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。この18?29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。



電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。あれは、利用者が払い過ぎた金利部分を返金してもらうものです。専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結羽
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/huergcanienehm/index1_0.rdf