戸別補償 麦農家に8600万円余分に交付

October 06 [Sat], 2012, 17:39
コメや麦などの販売価格が生産費を下回っている農家を助成する戸別所得補償制度で、麦の生産面積に応じて支払われる交付金がおよそ8600万円余分に支払われている野球ユニフォームことがわかり、会計検査院は農林水産省に改善を求める方針です。

農業の戸別所得補償制度は、販売価格が生産にかかった野球ユニフォームオーダー費用を恒常的に下回っている農産物を対象に、その差額を農家などに助成することで、農家の経営の安定や食糧自給率の向上を目指すもので、民主党政権の重要政策として導入されました。
このうち、麦や大豆などの畑作物を生産・販売する農家を対象にした交付金では、昇華野球ユニフォーム収穫量に応じた支払いに加えて、前年度の生産面積などに応じても10アール当たり一律2万円が支払われます。
ところが、会計検査院が調べた麦農家の半分近くは、実際の作付け面積が前年度より小さく、およそ2300万円が余分に支払われていました。
また、水田でのコメ作りをあえて中断し、麦を生産・販売している農家激安野球ユニフォーム への交付金は、10アール当たり一律3万5000円と決められていますが、麦の作付けはするものの、栽培方法や肥料の管理が不適切な農家などにもおよそ6300万円が余分に支払われていました。
会計検査院は、実態に即した制度に改善するよう、農林水産省に求める方針です。


   
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:huayuandi
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/huayuandi/index1_0.rdf